今回の記事では、ドラマ『明日の君がもっと好き』 第6話のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『明日の君がもっと好き』シリーズの動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

ドラマ『明日の君がもっと好き』 第6話の動画を視聴する方法

auビデオパスという動画配信サービスがあり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、特にテレ朝系のドラマの最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスになります!

また、auビデオパスは、現在31日間無料のお試しキャンペーンを実施中ですし、特にテレビ朝日系列の番組に強く、安心・安全にドラマ『明日の君がもっと好き』の動画視聴をしたいという方には、オススメのサービスなんですね。

ちなみに、無料お試しキャンペーン期間中に解約をすればお金はかかりませんので、参考までに。

また、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題作品として登録されているドラマや映画などが無料で視聴し放題になるので、これを機会に思う存分auビデオパスのサービスを楽しんでみてくださいね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば料金は一切かかりません

これを機にauビデオパスを是非試してみてください⇒au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

ドラマ『明日の君がもっと好き』 第6話のあらすじ

茜(伊藤歩)と遥飛(白洲迅)が抱き合う姿を目撃した亮(市原隼人)は、嫉妬と恋慕がないまぜになった人生で初めて味わう情念に苦しむ。しかし、亮と茜の間に交わされた”約束”は何もない。その思いは茜も同じで、心に痛みを感じつつも互いに一歩を踏み出すことが出来ず、気持ちは次第にすれ違っていく。そんなある日、亮の実家の大衆演劇団が東京公演のため上京。亮は家を飛び出して以来、一度も会っていなかった父(ベンガル)と16年ぶりの再会を果たす。同じころ、茜と遥飛はそれぞれの人生に新たな決断を下していた。また、静子(三田佳子)は学生時代の恋人(村井國夫)と半世紀ぶりのデートへ。そして、香(森川葵)は思いを断ち切れず梓(志田未来)に会いに行くのだが…。

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ドラマ『明日の君がもっと好き』を実際に見た視聴者からの声

 

ドラマ『明日の君がもっと好き』の視聴者がTwitter上に書き込んだツイートを一部紹介しておきました・・・志田未来さんに対する絶賛コメントが多かったような印象がありましたね!

 

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ドラマ『明日の君がもっと好き』の動画を安全に視聴する方法

普段生活をしている中で、録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい最新ドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

そして、インターネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画が見つかりますが、それらの動画は、再生ボタンをクリックした途端に変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、『明日の君がもっと好き』の動画を視聴したい場合は、auビデオパスの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかより、安心して視聴することができますよ。

また、auビデオパスによる公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるのでDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

まとめ

今回は、ドラマ『明日の君がもっと好き』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

 

 

 

 

 

 

 

コラム1

いよいよ何を描きたいのかさっぱりわからなくなってきました。
旦那とヨリを戻すのがメインなのか新しい恋をするのか、それとは関係なくシングルマザーの奮闘記なのか。
新しい恋をするにしても突然出てきたよく立ち位置のわからないデザイナーで、しかも加藤雅也さんとか違和感満載で。
カンナさんという人は仕事の話は前回のよくわからない後輩をかばって空回りするインスタで仕事中に仕事現場映す危機管理ない人としか知らないのですが
主人公あげをしたいだけで周りを愚かに描くのも芸がないですし、何で元旦那の実家に行かなくてはならないのかさっぱりです。
悪意がないらしいですが元姑も頭がおかしいくらい嫌な女ですし、そもそも礼自体が何をしたいのか。このドラマは何を見せたいのか。
加藤雅也さん演じられてるデザイナーさんがちょっとした前フリもありましたが割と唐突にカンナさんを好きになりそうだと言って、
次回恋バナが始まってしまうようですが、少しぐらいカンナさんが仕事が出来る人というイメージのシーンがあったんでしょうか…。
見てる感じでは仕事のシーンはそこまで出てこないですし、今回デザイン画を家族ときゃっきゃしながら仕上げるという流れで一応仕事していましたが
デザインの業界舐めてるのかな?という感じの仕事のこなしぶりしか見てないですし、言うほどシングルマザーで奮闘してる?という状態で
恋バナにいかれてもあんまりピンときません。1話目以降保育園だか幼稚園も空気ですし。工藤阿須賀さんとどうかなるのかと思いきや違うみたいなので増々の謎です。

 

コラム2

いつもいい意味で気軽に楽しく見ていますが、今回は気軽に楽しく見ながらも、楽だけど、楽しくないというカンナの礼の実家での同居生活における状況から、楽しいと楽は違うというメッセージ性にはっとさせられました。これは、特に社会人になると楽しいと楽の違いが曖昧になってしまうのではないかと思います。ですので、楽より楽しさを選ぶために同居生活を断念したカンナの選択はカンナらしいと感じたと同時にとても勇気付けられました。また、柳子が少しずつカンナを認めている感じが微笑ましい回でもありました。そして、徹三のカンナに対する理解や想いを口にしたシーンは、カンナだけでなく麗音の救いにもなった気がして非常に印象に残りました。
今後のキーパーソンは、やはりニック難波ではないでしょうか。カンナのデザインを気に入ったとのことですから、カンナがニック難波から海外進出の話や海外移住の話を持ち掛けられるという展開もあると思います。単に海外での活動に誘われるというだけでなく、海外で一緒に暮らさないかなどといったプロポーズもあり得るでしょう。そこで、カンナがどんな選択をするかといった展開になる気がします。ただ、そこで麗音にとって何が一番幸せかを考えた結果、やはり日本に残るという選択をして結局ニック難波とは再婚に至らずといった展開になりそうな気もしますが。礼とは麗音のためにも会って食事をしたりすることはしそうですが、やはり礼との復縁もなく、カンナは最終回までシングルマザーを貫く気がしてます。

 

 

コラム3