2018年2月27日に放送されていた最新ドラマ『わろてんか』第123話のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『わろてんか』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

※なお、本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『わろてんか』 第123話の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間ものお試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『わろてんか』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『わろてんか』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間のお試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが読み放題になりますね。

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』第22週のあらすじ~復習もかねて予告動画も!

てん(葵わかな)は創立25周年を迎えた北村笑店の祝賀パーティー責任者に隼也(成田凌)を指名して、後継ぎとしての自覚を持たせようと考えた。北村笑店が「マーチン・ショウ」で成功したことを妬んだ東京のライバル会社が、北村の芸人たちを引き抜く動きを見せる始めるが、その手は看板コンビのリリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)にも及んでくる。隼也との恋をあきらめ親の意に従って結婚するつもりのつばき(水上京香)は、隼也のことが忘れられないまま悶々とした日々を過ごしていた。風太(濱田岳)はコソコソと怪しい動きをする四郎を見て、引き抜きを疑い問い詰める。だが四郎は突然、リリコと別れて上海に行くと言い出す。

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『わろてんか』を実際に見た視聴者からの声

 

『わろてんか』の視聴者がTwitter上に書き込んだツイートを一部紹介しておきました・・・濱田岳くんをはじめとした、キャスト陣の名演技に対して賞賛の声が寄せられていますね!

 

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『わろてんか』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『わろてんか』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

 

 

 

 

コラム1

ストーリーは、韓国で大人気になったドラマが原作ということもあり、きっとしっかりした構成なのだと思いますので、これからが楽しみです。
ただ、見ていて気になったのが、この物語の中心ともいえるピアノについてです。坂口健太郎さん演じる日向サトルは将来を期待される天才ピアニスト役ですが、その演奏シーンは、迫力に欠ける気がします。もしかすると坂口健太郎さんが未経験ということなのかもしれませんが、過去にも音楽の才能がある役柄を 経験のないたくさんの俳優さんが演じて来られたとおもいます。演出の工夫次第では、もっと迫力ある演技に見せられると思いますので、そこは少し残念です。
宇多田ヒカルさんの主題歌は、歌声がストーリーの切なさとすごく合っていて良いと思います。
最終回の予想は、長瀬智也さん演じる岡崎律が 亡くなってしまうのかな、と予想します。
これからの展開としては、吉岡里帆さん演じる凛華はどんどん律に惹かれていき、それにより 今まで凛華を恋愛対象とみていなかったサトルが嫉妬する、という展開を予想します。
大竹しのぶさん演じる律の実親の麗子は、最終回前に 自分の息子だと分かり、また、その息子の死期が近いことを知り、傲慢な性格を一変させ謝罪するのかな、と予想します。
律は凛華のことが好きになると思うのですが、自分の命が残り少ないため、凛華のためを想って正直な気持ちを伝えようとはしないと予想するのですが、わたしの希望としては、ふたりには結ばれて欲しいです。そして最期のときに、凛華に見守られて、愛に包まれる幸せを律には知って欲しいです。

 

 

コラム2

カンナさんが仕事に対してどうするか悩んでいたけど俊子さんがいてくれたおかげで頑張ってこれたし、服を試行錯誤してアイデアを出して売る姿にはデザイナーだからこそできるのかなと思いました。その姿に惹かれた俊子さんも服を売るのに自信につながって良かったです。自分がデザインした服を大事に使ってくれているお客さんが来た時のカンナさんはすごいと思ったし、大切に使うお客さんもすごくいい方で良かったです。れおんくんのためにも会社を退職することを決めたカンナさんはかなりの決断をしたと思うけど、周りの仲間にも救われたので今後きっと自分に合うデザインの仕事が見つかってまた服に携わった仕事ができると思いました。カンナさんのカッコいい姿が見れて良かったです。
カンナさんが無職になってしまったので、また新たに職探しから始まり、また頑張る前向きなカンナさんが見れると思います。礼の会社も借金を背負ってしまったりややこしいことになりそうだし、マンションのローンも払っていかないといけないし、新たに問題がでてきそうな気がします。礼もカンナさんに中々その問題を言えず、カンナさんに心配をかけたくないと頑張りますが、バレてしまいカンナさんと礼で話し合ったりしてまた問題を解決するのかなと思います。2人で話し合うことでまた仲が深まり、元の夫婦に戻ったりすることもあるのかなとも思います。最後に色々な問題が起き、乗り越えながら解決することでみんなの仲がより深いものになり家族愛が見れそうです。

 

 

コラム3