2018年2月26日に放送されていた最新ドラマ『わろてんか』第122話のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『わろてんか』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

※なお、本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『わろてんか』 第122話の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間ものお試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『わろてんか』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『わろてんか』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間のお試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが読み放題になりますね。

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』第22週のあらすじ~復習もかねて予告動画も!

てん(葵わかな)は創立25周年を迎えた北村笑店の祝賀パーティー責任者に隼也(成田凌)を指名して、後継ぎとしての自覚を持たせようと考えた。北村笑店が「マーチン・ショウ」で成功したことを妬んだ東京のライバル会社が、北村の芸人たちを引き抜く動きを見せる始めるが、その手は看板コンビのリリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)にも及んでくる。隼也との恋をあきらめ親の意に従って結婚するつもりのつばき(水上京香)は、隼也のことが忘れられないまま悶々とした日々を過ごしていた。風太(濱田岳)はコソコソと怪しい動きをする四郎を見て、引き抜きを疑い問い詰める。だが四郎は突然、リリコと別れて上海に行くと言い出す。

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『わろてんか』を実際に見た視聴者からの声

 

『わろてんか』の視聴者がTwitter上に書き込んだツイートを一部紹介しておきました・・・途中から見始めても面白いと好評になっているようですね!

 

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『わろてんか』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『わろてんか』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

 

 

 

 

コラム1

主人公の岡崎律を演じる長瀬智也や大竹しのぶ、坂口健太郎、吉岡里穂、池脇千鶴などいま話題の俳優や女優であり、演技派のキャストが多いのでドラマに見入ってしまうのが魅力だ。脚本も元々韓国で流行ったドラマのリメイクということもあり、話題性も高くストーリーも期待できる。韓国版と日本版でどこが違うのか見比べてみたくなる。今後、展開で気になるのは律がなぜ母親に捨てられたのか、相手役の吉岡里穂の片思いがどうなるのか、また長瀬智也とどのようにして接近するか、親子の三角関係、男女の三角関係どちらも展開されていくのが気になる。また、律の余命が残りわずかというところもドラマの展開に関わってくるのでそちらも気になるところだ。
坂口健太郎演じる日向サトルに片思いする吉岡里穂演じる三田凛華が失恋する。凛華はやがて主人公の長瀬智也が演じる岡崎律に荒っぽい性格ながらも励ましてくれる彼に心を惹かれ始めるが、彼の出自をしる父親は彼を凛華や日向家から離そうとする。だが、日向サトルは岡崎律を気に入っており手放さず苦い思いをする。律は母親である大竹しのぶ演じる日向麗子に近づくが気づいてもらえず悲しい思いとまたサトルに対して懐いてくれて可愛いという思いと母親に可愛がられていることから嫉妬心を抱くようになり葛藤する。やがて、出自が明らかになり、その頃にはヒロインである凛華と律は恋仲になっているものの、引き離されることになるが余命が短く離れられないという展開ではないだろうか。

 

 

コラム2

韓国のドラマが元なのでありがちな内容を日本のドラマの長さで描き切れるのかと心配していましたが、見始めると一気にハマってしまいました。主役の長瀬さんのワイルドさや雰囲気が悲しい過去を持つ主人公役にピッタリで、演技もうまく素直に感情移入できます。他のキャストも実力派揃いで、坂口健太郎くんのピュアな雰囲気も役の感じにピッタリだと思います。ヒロインの吉岡さんは今注目の女優さんで透明感もありますし、見ていて本当に癒されます。彼女は小悪魔な役が多い印象だったのでこの作品でどんな一面を見せてくれるのか楽しみです。一話一話の展開が速いので重いテーマの話でも中だるみせずに見ることが出来て1時間があっという間で続きが気になってしまいます。
最終的にリュウは自分が捨てられた理由を知り、母親も彼が自分の子供だったということを何らかの形で知ることになると思います。捨てられた理由に関してはやむを得ない事情があって二人は和解すると思いますが、そのころにはリュウの余命も迫りお互い満足に話をすることはできず、最終的にリュウは死んでしまい、彼の母親への思いは彼が残した動画のメッセージで知ることになると思います。恋模様はさとるが凛華の存在の大きさに気付きさとるもリュウも凛華を好きになりそうですが、凛華はリュウを選び彼の死に向き合っていくことになると思います。個人的にはリュウが死んでしまっても凛華はさとるとくっつかずリュウの事だけを思っていてほしいなと思います。

 

 

コラム3