2018年2月25日に放送されたテレビ朝日系列『仮面ライダービルド』第24話のあらすじや視聴者からの感想・評価などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信・再放送の動画を視聴する方法も紹介しますので、『仮面ライダービルド』の動画視聴に役立てて貰えればと思います!

ドラマ『仮面ライダービルド』第24話の動画を無料視聴する方法

auビデオパスという動画配信サービスがあり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、特にテレ朝系のドラマの最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスになります!

また、auビデオパスは、現在31日間無料のお試しキャンペーンを実施中ですし、特にテレビ朝日系列の番組に強く、安心・安全に『仮面ライダービルド』の動画視聴をしたいという方には、オススメのサービスなんですね。

ちなみに、無料お試しキャンペーン期間中に解約をすればお金はかかりませんので、参考までに。

また、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題作品として登録されているドラマや映画などが無料で視聴し放題になるので、これを機会に思う存分auビデオパスのサービスを楽しんでみてくださいね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば料金は一切かかりません

これを機にauビデオパスを是非試してみてください⇒au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

『仮面ライダービルド』 第24話のあらすじ【2018年2月25日】

仮面ライダーローグの正体は、東都から追放された幻徳(水上剣星)だった。衝撃の事実に声を失う戦兎(犬飼貴丈)らに、幻徳はいかにしてローグに変身する力を身に着けたのか、その苦難の日々を語り始める。幻徳の恐ろしいまでの東都への復讐心が明らかになっていく…。

ブラッドスタークが力づくで戦兎からボトルを取り返しにやってきた。戦兎はビルド海賊レッシャーハザードに変身、ハザードレベルを上げろとあおるスタークへ激しい攻撃を仕掛けるが次第に意識がもうろうとなり…。

一海(武田航平)が「俺たちと手を組まないか」と戦兎に共闘を提案する。一海の思いをくんだ戦兎はともに戦うことを決意。東都へと侵攻してきた幻徳、風(足立理)、雷(奈須田雄大)ら西都軍との戦いに挑む!

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

『仮面ライダービルド』の視聴者からの評価

 

Twitter上に寄せられたコメントの一部を紹介しておきました・・・かなり辛辣な意見もあるようですが、全体的な評判は上々のようですね!

 

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

『仮面ライダービルド』の動画を安全に視聴する方法

普段生活をしている中で、録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい最新ドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

そして、インターネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画が見つかりますが、それらの動画は、再生ボタンをクリックした途端に変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、『仮面ライダービルド』の動画を視聴したい場合は、auビデオパスの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかより、安心して視聴することができますよ。

また、auビデオパスによる公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるのでDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

まとめ

今回は、『仮面ライダービルド』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

第1話~最終回までの見逃し配信はビデオパスがオススメですよ!

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

 

 

 

コラム1

カホコが告白したときのことを忘れてほしいって言ったときの初くんのセリフがすごくかっこいいなあと思ったし、ただ断るだけじゃなくてその理由もはっきりと言ってくれる人なんてなかなかいないと思います。
また、フラれたあとのお父さんサポートも素敵でした!泣いて部屋から出てこない娘を心配して話を聞いてあげたり、最終的にはバレてしまうのですが、奥さんに内緒で食べ物を買ってきてくれていて優しいなと感じました。
奥さんと娘が仲直りできるようにそれぞれにうまく仲直りできるように話していたり、なかなかできることじゃないなと思います。
特にかっこいいなと思ったのが、わざわざ娘のために初くんのところに行って頭を下げてお願いしていたところです。カホコを甘やかしてしまう自分たちではなく、はっきりとものを言ってくる初くんに友達としてでいいから会ってほしいと、自分より何10歳も年下相手にできることではありません。
だからこそ、最後の娘と奥さんがいつの間にか仲直りしていたのはなんのために頑張ったのか、分からなくなってしまいますよね。それも、初くんに言われたから謝ったとなれば尚更です。怒りたくもなってしまいますよね。いままでずっと奥さんの小言を我慢していただけにここで肝心袋の尾が切れてしまったのですよね。
最後に出て行ったお父さんですが、行き先はあるのでしょうか?ビジネスホテルに泊まるにしてもそれが毎日続けば出費はかさみますし、やはり実家に帰るのが妥当なのでしょうが、実家も実家でいま色々あるだけに、どちらにしても気が休まらないのではないでしょうか。
それと、カホコと奥さんもあのお父さんを見てなにを思ったのでしょうか。いままでずっと怒らないでいただけに、次回の2人がどうするのか注目していきたいところですね。
それと、いまは正直に絵の感想を言ってもらえるカホコに絵を見せているだけで、いまはやっと友達になった状態かもしれませんが、初くんとカホコの関係が次回どう進展するのか、お母さんが子離れできる日がくるのかなど、他にも気になることはたくさんあります。

 

 

コラム2

3話でカホコは自分の気持ちに気付いて、人生初めての告白をするという良いシーンで終わりました。予告を見る限り、カホコはあっさり振られていとちゃんと良い感じになるのかな、なんて予想していました。話を重なる毎に麦野君がイケメンの良い人に見えて来るし、カホコも少しずつ大人になってるのが見えて、4話も楽しかったです。まず、麦野君はいとちゃんに向かって、「今のお前は描きたくない」ときっぱり言えたところが凄かったです。知り合いに、しかも少し弱っている人にそんな一言を言えるのは、ある意味本当に相手のことを考えているからかなと思いました。けどいとちゃん、益々危ない道に進みそうな気がして少し怖いです。そして、カホコは思い切り振られましたけど、最終的には希望が見えて良かったです。見ている方まで温かくなりました。
パパにはとりあえず帰ってきてもらって、ママに子育てについて考え直してほしいです。カホコはやっとこさママ離れしようとしている最中なので、ママもそろそろカホコのことは見守る、ぐらいにしてほしいと思います。ママの育て方が間違っているわけではないし、ちょっと距離を置く程度で良いので。最終的には、カホコが「今までパパママありがとう」とか言って本当に自立するぐらいになってほしいです。麦野君とカホコには、やっぱりくっついてほしいです。4話で、お互いがお互いを必要としていることが明らかになったので、離れることなくずっと一緒にいられる関係で終わってほしいです。カホコをここまで変えたのは麦野君だし、麦野君がいざと言う時はカホコが必要だろうし、2人でいて幸せになれると思います。

 

 

 

コラム3

最後