2018年2月24日に放送されていた最新ドラマ『わろてんか』第121話のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『わろてんか』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

※なお、本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『わろてんか』 第121話の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間ものお試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『わろてんか』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『わろてんか』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間のお試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが読み放題になりますね。

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』第21週のあらすじ~復習もかねて予告動画も!

「マーチン・ショウ」を興行しようとして詐欺の被害にあった隼也(成田凌)は、てん(葵わかな)の監督下で一から修業をやり直すことになった。伊能(高橋一生)は隼也の先見の明を証明してやろうと、本物の「マーチン・ショウ」をアメリカから呼ぶことにするが、てんはそのプロジェクトから隼也を外す決断を下す。隼也はそんな母の仕打ちにショックを受けるが、英語教師の加納つばき(水上京香)と一緒になって新しいショーの企画を次々と考え出す。四郎(松尾諭)はリリコ(広瀬アリス)に対して、漫才の相方以上の好意を持ち始めてドギマギしてしまう。隼也も次第につばきにひかれるようになり、つばきと会って話す時間が待ち遠しくなるが、ある日突然もう会えないと告げられてしまう。

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『わろてんか』を実際に見た視聴者からの声

 

『わろてんか』の視聴者がTwitter上に書き込んだツイートを一部紹介しておきました・・・イケメン俳優さんに対する賞賛の声が止まりませんね!

 

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『わろてんか』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『わろてんか』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

 

 

 

 

コラム1

かほこが、えのぐを探すシーンが うとましく 必死でかわいくて はじめ君が だっこしたあとの 二人のやりとり、ほんと 今どきにない やさしい
かほこが とてもかわいい。お父さんの家族がなぜか 貧乏そうな雰囲気がおをもしろいのと リビングしか出てこないなんか ビルの中が 暗い 
はじめ君の身の上話が ややおそまつ、でも はじめ君のしゃべりのテンポがいい、大学のアトリエと かほこのマンションの距離が よくわかない、走って行ける
距離なのに 車で通学するのが ちょっとやはりあまりにも過保護 かほこに 女友達が出てこないのが不思議、あとなぜあんなにビデオばかり見るのかが不思議
お父さんが想像してるシーンがおもしろいが、ふと 実際にそうなってると思ってみてしまうのが 毎回不思議 あれくらい さっさと言えると思うのですが、
ちょっとイライラするかな。かほこのしゃべり方と声がほんとにかわいすぎる。私の息子の嫁にしたいくらいです。あれくらい純粋さのある女子はいないのではと思うと
逆に過保護に育ててもいいかなと思う。
お母さん役が 今後 どのようにかほこかが 子離れしていくのかを ばしっとやってほしい、また はじめ君の 母親が 現れて
かほこの母との対決 はじめ君の母が お金もちのマダムになっている。いとちゃんが はじめ君のことを好きになり かほこと 取り合いになる かほこが
諦めて、わざと はじめ君に嫌われるように 性格をかえる、いとこが 気にして 家出をする、かほこのお父さんが リストラになる。かほこの母が、年下の男性に
街で声をかけられ、そのままちょっと浮気をしてしまう。そのあと父もなぜか 浮気をしてしまい、かほこが 一人暮らしになり 改めて大人になっていく はじめ君は
捨てられた母の旦那さんの会社に就職して 次期社長になることで かほこを また過保護の妻として 仲よく暮らしていく 子供も やはり 過保護になり
お金もちで許される家族として 三人が ほのぼのと生活していく。

 

 

コラム2

加穂子が、意外と落ち着いた考えができてて、大人だな、と思いびっくりしました。自分以外の人の状況がきちんと把握できていて。それを考えると、母親は、それができていないし、それを自覚していないのが、歯がゆかったです。母親も、一生懸命にやっているのは分かるけど、その一生懸命さが、いつだって絶対的に正しいという思い込みが透けて見えてくるんですよ。あと、母親が、加穂子の面接についてきて、扇でひそひそ話しかしない所が感じ悪かったですね。もちろん、それが演技なのは分かるんです。だから、黒木さんの演技が上手いわけなんですが。どれだけ内弁慶なんだろうと…。麦野君も、ラストシーンではとても男らしくて感動しました。子供世代の方が、今のところは1歩リードな気がしています。父親も、頑張って自己主張してほしいです。常識面でバランスの取れた大人の1人だけに惜しいです。母親が夜に家を出て行った意味が気になります。
母親は、実家かホテルで1人で泊まっているかのどちらかだと思いますが、どちらにしろ祖母にしっかりお説教されちゃうのではないでしょうか。子離れすることを願っていた人なので…。父親は、そろそろ自分の思いを家族(実家含め)の前で、少しずつ言葉にするかもしれません。加穂子は、自立宣言して、それを実行はするけど、自分のことを全て自分でやるのが初めてになると思うので、丸1日苦戦すると思います。でも、麦野君がサポートしてくれそうですね。でも、加穂子が自立に向かえば向かうほど、母親の風当たりが強くなるという、へんてこりんな展開になるかもしれない…。それでも、麦野君と加穂子の絆は深まっていきそうです。ちょっとずつラブラブに近づいていきそうです。

 

 

コラム3