2017年12月10日に放送されていた最新ドラマ『陸王』第8話のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『陸王』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

ドラマ『陸王』第8話の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間もの無料お試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『陸王』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『陸王』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが無料で読み放題になりますね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば、お金は一切かかりません

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『陸王』第8話のあらすじ

ランニングシューズ「陸王」製造の心臓部であったシルクレイ製造機が故障してしまい、最大のピンチに追い込まれた「こはぜ屋」。窮地に立たされた上に、銀行員の坂本(風間俊介)からは「会社を売らないか」と提案され、宮沢(役所広司)は「100年続いたこはぜ屋の暖簾を手放せというのか!」と怒りを露にする。

陸王の生産を再開するには、シルクレイ製造機の造り直しは必要不可欠だ。そのためには高額の資金が欠かせないが、現状はどうすることも出来ないでいた。そんなとき、こはぜ屋に出入りするドライバーの江幡(天野義久)が、近々開催される市民駅伝に参加しないかと話を持ちかけた。陸王を履いて参加することで、宣伝にもなるというのだ。その提案を聞き「そんな場合ではない」と言い放った宮沢だが、わずかでも「陸王」が人の目に触れることで、興味を持ってくれる人が居るかもしれないと思い直し、自分と江幡、そして大地(山﨑賢人)、安田(内村遥)、そしてあけみ(阿川佐和子)とチームを組み出場を決意する。果たして、大会の結果は?

一方、こはぜ屋の買収を画策する「フェリックス」の御園社長(松岡修造)はどう動くのか? その真意は!?

ドラマ『陸王』を実際に見た視聴者からの声

https://twitter.com/ym_zk_/status/939817676641144832

https://twitter.com/kazumaro1207/status/939817580272877569

https://twitter.com/ruthmaruhuku/status/939816641805803520

 

ドラマ『陸王』の視聴者がTwitter上に書き込んだつぶやきをまとめて紹介しておきました・・・今期のドラマの中でも、ドクターXに次ぐ高視聴率ドラマですから、やはり視聴者評価もかなり高いですね!

 

あとすこしで最終回ですから、それを惜しんでいる人もかなり多いですね・・・どんな結末を迎えるのか注目です!

ドラマ『陸王』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『陸王』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『陸王』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

コラム1

可も無く不可もなくという感じ。2話も見ようかなと思えるくらいの面白さはあったと思います。ただ余り現実味がない感じがしました。錦戸亮さん扮する旦那の容量が悪すぎてイライラ…仕事を頑張りたいと言ってる割に、自分で状況を悪化させているような。会社の人達が「勝手だな」と会議で言ったのも、理不尽すぎて納得いかないし。実際にあんな感じの会社はあるのでしょうか?馴染みがなく、あくまでドラマの世界という気がしてしまいます。大人のくせに、みなさん言葉遣いも酷いですし。初対面に近い人に、社会人であんなマナーのない口の聞き方をする人がいるのかも疑問です。(特に壇蜜)
旦那を溺愛のうえ「さん」付け、夢見る夢子過ぎる妻も、自分の周りには一人もいないので共感はできない。

意外にも1話で奥さんに仕事が出来ないとバレてしまったので、これからはどれだけ旦那が仕事が出来ないかが露呈され、それでも妻と子供のために諦める事なく粘り続け、最後には周りに認められるというパターンでしょうか?
ただ、予告を見た限りでは、奥さんがウンザリする程旦那がへまをするという感じだったので、旦那さんが好き->でも頼りないしイライラ->でも自分と生まれて来る子供の為に頑張っている->それでもあまり進歩のない旦那へ将来の不安が募る->ガッカリして夢が壊れたショックで離婚も考えだす->でも旦那は優しいし子供のためにも…という葛藤の繰り返しではないでしょうか。
オドオドなよなよした旦那が少しずつ
男らしく成長していき、それをいつまでも今時あまりいなさそうな「大人しい良き妻」がやさしーく支えていくのでしょうか。見ているこっちにストレスが溜まりそうですね。

 

 

コラム2

今回のドラマは錦戸亮くんと松岡茉優さんが夫婦役ということで、放送前から楽しみにしていました。
と言っても松岡茉優さんの事はこれまで知らなかったのですが、ドラマCMで二人の姿を見て「お、お似合いのカップルだ!」と一目惚れしてしまったわけです。

待望の第一話。ストーリーは、錦戸亮くん演じる司(つかさ)と、松岡茉優さん演じる沙也加(さやか)の新婚生活から始まります。
見るからに優しさ溢れる二人の姿は、お互いに好き合っているんだなーと視聴者目線でも感じました。
もしかして本当の夫婦になれるのかも・・・??

第一話の終盤で、初めて沙也加に「僕は仕事が出来ない」と打ち明けた司。
そんな司に沙也加が言った言葉が・・・
「お金なんていらない。いつまでも私の大好きな司さんでいてください」
もともと司の人間的な部分が好きで結婚を決めた沙也加らしい、愛情あふれるメッセージでした。

仕事の出来ない夫と、そんな夫を尊重してサポートする妻。
理想の夫婦のあり方が一つ見えた、そんなドラマだと思います。

 

司は仕事が出来ないまま進むと思います。(と言っても根の優しさが仇となっているだけなのですが)
毎話何らかのトラブルが起きるのでしょうが・・・それを沙也加がポジティブに支える事でしょう。
もしかすると、沙也加の妊娠中のトラブルと仕事のトラブルが重なり、天秤にかけるシーンが出てくるかもしれません。
司の性格から絶対に沙也加を選ぶと思いますが、沙也加は「私は大丈夫だから、仕事に戻って!」と言うのではないでしょうか。

今はただの仲良し夫婦な二人かもしれませんが、毎回のトラブルを越える事により夫婦として本当の絆を深めて行くんだと思います。
優しい司と夫大好きな沙也加、二人を支える周りのキャラ含めてみんな、今後の展開を楽しみにしています。

 

 

コラム3

理想の夫だと思っていた司(つかさ)は、実は仕事ができない夫でした。理想を抱き、頼り甲斐があって尊敬できる夫が大好きな妻・さやかでしたが、ひょんなことから夫に対する不信感が募っていきます。司は素直で正直者なので、隠さず自分を曝け出しました。男の人は仕事においてプライドが高いので、そういうところがすごく魅力的だと思いました。さやかも、理想をいつの間にか押し付けてしまっていたことに気付き夫を支える決心をします。等身大でお互いに正直であろうとする2人の夫婦が、とても愛おしく感じました。何よりさやかの笑顔が眩しくて、明るくて可愛いなと思いました。あの笑顔を守るためなら頑張ろうと思う司の気持ちがよく分かります。家庭円満の秘訣をドラマから学んだような気がします。

自分は仕事ができません、と目に涙を浮かべながら伝える司にとても好感が持てました。男の人で、仕事ができないことを正直に認めることができる人はそうそういないでしょう。「業務」としての仕事は、努力次第で何とかなると思います。こなすだけなら誰にでもできます。しかし精神面でのサポートは、できる人とできない人がいると思います。司には仕事ができる夫になって行ってほしいですが、業務をこなすだけではなく、他の人はできない自分だけの「何か」を見つけて自信をつけていってほしいです。それが今のあの会社にあるのかどうかは別の話ですが。司はまだ会社を辞めずに頑張ることを決めました。今後、あの会社で司にしかできない仕事を見つけられることを期待しています。