2017年12月10日に放送されたテレビ朝日系列『宇宙戦隊キュウレンジャー』第41話のあらすじや視聴者からの感想・評価などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信・再放送の動画を視聴する方法も紹介しますので、『宇宙戦隊キュウレンジャー』の動画視聴に役立てて貰えればと思います!

ドラマ『宇宙戦隊キュウレンジャー』第41話の動画を無料視聴する方法

auビデオパスという動画配信サービスがあり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、特にテレ朝系のドラマの最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスになります!

また、auビデオパスは、現在31日間無料のお試しキャンペーンを実施中ですし、特にテレビ朝日系列の番組に強く、安心・安全に『宇宙戦隊キュウレンジャー』の動画視聴をしたいという方には、オススメのサービスなんですね。

ちなみに、無料お試しキャンペーン期間中に解約をすればお金はかかりませんので、参考までに。

また、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題作品として登録されているドラマや映画などが無料で視聴し放題になるので、これを機会に思う存分auビデオパスのサービスを楽しんでみてくださいね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば料金は一切かかりません

これを機にauビデオパスを是非試してみてください⇒au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

『宇宙戦隊キュウレンジャー』 第41話のあらすじ

4つのキュータマにより、ジャークマターの本拠地・惑星サザンクロスのバリアを突破。次のミッションは、惑星サザンクロスのヘルズゲートを開け、30分以内にバトルオリオンシップに戻らなければならない。ガルたちが入口での戦いを引き受け、ラッキーたちは先に進むことに。門を開ける制御室には、門番のカロー・サザンキングが待ち構えていた。サザンキングの精神世界に引き込まれたツルギの前にはクエルボが、ラッキーの前には父アスランが現れ…

『宇宙戦隊キュウレンジャー』の視聴者からの評価

https://twitter.com/mitsu_xpx/status/937122699062657024

 

子供が見ているから一緒に見ているという親御さんも多いようですし、大人の方でも楽しみに視聴しているファンが多いですね!

 

もうすぐ最終回を迎えるわけですから、結末がどのような終わり方をするのか期待が集まります。

 

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

『宇宙戦隊キュウレンジャー』の動画を安全に視聴する方法

普段生活をしている中で、録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい最新ドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

そして、インターネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画が見つかりますが、それらの動画は、再生ボタンをクリックした途端に変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、『宇宙戦隊キュウレンジャー』の動画を視聴したい場合は、auビデオパスの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかより、安心して視聴することができますよ。

また、auビデオパスによる公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるのでDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

まとめ

今回は、『宇宙戦隊キュウレンジャー』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

第1話~最終回までの見逃し配信はビデオパスがオススメですよ!

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

 

 

 

コラム1

第4話も、内容が盛りだくさんで見ごたえのある1時間でした。医者という仕事は、本当に判断、決断の連続で、人命をあずかるというのは、改めて大変な仕事だなと感じました。フェローの3人の成長には目を見張りましたが、印象に残ったのは、比嘉愛未さんの言葉でした。「患者さんが、あなたの顔を見ると、安心できるような人になりなさい」と言うのは、まさにその通りだと思います。おそらく、比嘉愛未さんは周囲の医師には「あぁ、ヘリに乗ってくれるのが、この人で良かった」と思われ、患者からは「この看護師さんが担当で良かった」と思われるような仕事をしてきたという自負があるのだろうと思いました。コードブルーのドクター達は、自信と迷いの両方を持ち合わせたメンバーで素晴らしいと思います。

戸田恵梨香さんが、少し元にいた職場への未練を感じていたようですが、気になる患者さんもいるし、投げ出せない性格から、また頑張っていけると思いますが、山下智久さんは、緊急手術になってしまい、手術が成功したとしても、後遺症が残る可能性があるので、彼女のメンタル面も支えていくのは、かなり大変だろうと思います。メンタル面と言えば、椎名桔平さんと、りょうさんも、親として、医師として、厳しい病状の息子をどうサポートしていくのだろうかと気になります。そして、治療中に倒れたスタッフは比嘉愛未さんなのではないかと心配です。新垣結衣さんが、謝っていたのは、比嘉愛未さんの体調に何かあったからではないかと、とても心配です。

 

 

コラム2

先生達それぞれが、個々に問題を抱えていて、並行して物語が進行していて、少々目まぐるしさを感じましたが、あっと言う間の一時間でした。橘先生と三井先生、そしてユウスケ君、家族の優しさ、切なさや悲しみ色々な思いを抱えながらのビル越しに僅かに見える花火、三人の会話シーンは何とも言い様がありません。同じ様な病気を抱えていたアキト君が亡くなってしまったのは、普通のドラマと違いリアルで残酷で、現実味をヒシヒシと感じました。一見強くて、心が折れる事など無い様なイメージの檜山先生が患者さんに、励まされているシーン、「真っ暗闇に居る時こそ、笑ってないと、暗くなってら自分が何処に居るのか判らなくなる」う~んそうか~そうだよね、言い言葉だなと思いながら聞いていました。次週に向けての前編の様な終わり方だと思いました。

やっぱり、あのピアノの上手な女の子もユウスケ君も手術が上手くいって助かってほしいと思いますが、普通のドラマと違いリアルな感じがするので、どうなってしまうのか本当に想像がつきません。藍沢先生は、最後はアメリカへ研修に行ってしまう様な気がします。檜山先生は、あの患者さんに自分でも気付かない内に惹かれて、何も始まらない内にふられたと言う事なのでしょうか。戸田さん、可愛いんだからそれはないでしょうと言う感じなんですけど、二重に心が折れてしまいますよ。藤川先生と冴島さんは一件落着なんでしょうか。今のところ、白石先生には、重大な問題は起きていない様に思われますが、これから何か事件が起きるのでしょうか。ちょっと期待してしまいます。

 

 

 

コラム3

4話も面白かったー。感動した。感心しました!!
4話のキーワードは「負けず嫌い」と「笑顔」です。
橘先生と三井先生が息子の前で笑顔で居ようと葛藤します。息子の優輔は友達を亡くして辛かったでしょう。花火を友達と一緒に見たかったと言ったのは心に刺さりました。
又、藍沢はピアニストの少女に「大丈夫だ」と声をかけてあげます。信頼する主治医の言葉に救われる少女。医者は大丈夫と言ってはいけないとういことにも考えさせられるし、それでも少女を救うために言った藍沢には本当に感動します。
新人フライトナースの雪村は冴島から助言を受けますが、冴島をライバル視し、自分にプレッシャーをかけている雪村の微妙な表情。
辛いテーマの中で登場人物の物語を細かく描く演出に感心します。
今回は藍沢のアナウンスから樋山のアナウンスに変わります。「医者は負けず嫌いだ。負けない。」と気持ちのこもった台詞に本当に感動しました。

今回は樋山と、その患者の間に恋心のような親しみが生まれていて驚きました。患者には奥さんがいて、その事を知った樋山の表情。この二人の関係はこのあとも何かしらの展開がありそうです。
フェローの名取は1話から不穏な空気を醸し出していました。彼に関しても何か大きな展開がありそうだし、名取は白石との衝突がありそうです。それを乗り越えてフライトドクターとして立派に成長する。というようなトントン拍子の展開にはそう簡単にはならないのがコードブルーなんじゃないかと思います。なのでフェローが一人現場かは離脱という展開もあり得ると思います。
ピアニストの少女は手術を乗り越えて辛いリハビリの上、元の様にピアノが弾けなくなったとしても前向きで、明るい展開が待っているのではないでしょうか。これはそうなって欲しいと希望を込めた予想です。
冴島とお腹の子も無事に生まれて、冴島は仕事にも戻れてハッピーな展開になって欲しいとも思います。