2018年2月18日に放送されたテレビ朝日系列『快盗戦隊ルパンレンジャー』第2話のあらすじや視聴者からの感想・評価などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信・再放送の動画を視聴する方法も紹介しますので、『宇宙戦隊キュウレンジャー』の動画視聴に役立てて貰えればと思います!

ドラマ『快盗戦隊ルパンレンジャー』第2話の動画を無料視聴する方法

auビデオパスという動画配信サービスがあり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、特にテレ朝系のドラマの最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスになります!

また、auビデオパスは、現在31日間無料のお試しキャンペーンを実施中ですし、特にテレビ朝日系列の番組に強く、安心・安全に『快盗戦隊ルパンレンジャー』の動画視聴をしたいという方には、オススメのサービスなんですね。

ちなみに、無料お試しキャンペーン期間中に解約をすればお金はかかりませんので、参考までに。

また、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題作品として登録されているドラマや映画などが無料で視聴し放題になるので、これを機会に思う存分auビデオパスのサービスを楽しんでみてくださいね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば料金は一切かかりません

これを機にauビデオパスを是非試してみてください⇒au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

『快盗戦隊ルパンレンジャー』 第2話のあらすじ

連続宝石強盗犯ガラット・ナーゴを追いつめた快盗戦隊ルパンレンジャーの前に、国際特別警察の圭一郎(結木滉星)らが現れ警察戦隊パトレンジャーに変身。圭一郎がガラットを追いつめるが、コレクション回収前に倒されては困る魁利(伊藤あさひ)はガラットを逃してしまう。怒った圭一郎は魁利を猛追跡するが…。その後、手掛かりを捜すためガラットの潜伏場所を訪れた魁利は、捜査員の中に圭一郎を見つける。警察として任務を全うしようとする圭一郎の姿に、魁利はルパンレンジャーになると決めたある出来事を思い出す。

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

『快盗戦隊ルパンレンジャー』の視聴者からの評価

 

『快盗戦隊ルパンレンジャー』に対するTwitter上の意見を一部紹介しました・・・視聴者評価は序盤から上々のようですね!

 

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

『快盗戦隊ルパンレンジャー』の動画を安全に視聴する方法

普段生活をしている中で、録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい最新ドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

そして、インターネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画が見つかりますが、それらの動画は、再生ボタンをクリックした途端に変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、『快盗戦隊ルパンレンジャー』の動画を視聴したい場合は、auビデオパスの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかより、安心して視聴することができますよ。

また、auビデオパスによる公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるのでDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

まとめ

今回は、『快盗戦隊ルパンレンジャー』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

第1話~最終回までの見逃し配信はビデオパスがオススメですよ!

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

 

 

 

コラム1

毎回のテーマがあって、今回は「話をすることの大切さ」がキーワードだったように感じました。主人公の夫が上司から「すき間責任者」としてイベントのコーナー運営を任せられ、「すき間は空間になる」の言葉をもらったシーンでは、これまで部署内で邪魔者扱いされていた主人公に初めて期待感のある「話」をされたのでは?という印象が強く残りました。また、イベントの募集要項に「テレビ放映は無し」と書いてあるから応募者側は分かっているだろう、メールでイベントの出演希望者に確認をしたから出演確定だろうという思い込みが覆され、直接会いに行って対面で出演をお願いしたところ人が集まった展開で、言ったつもり・理解してもらったつもりではダメで、Face to Faceで話をすることの重要性を特に感じました。
主人公の夫が会社のメンバーから受る評価や取引先やクライアントからいただく評判が「仕事ができない」から「ビジネスの視点で忘れられがちな誠実さを持った仕事をしている」に変化してきているように感じます。今後、これまでで最大のピンチが訪れて、積み重ねてきた評判や信頼を基に会社の仲間や取引先の方が助けてくれるなどのエピソードが起きて、「仕事ができるとは何か?」を視聴者に考えさせるようなストーリー展開があると思います。また、クライアントからご指名をいただいて大きなイベントを手掛けるような、主人公の夫の成長や会社での地位アップに繋がるエピソードも期待できます。別の支店では、主人公が出産し、親となってからの「ワーキングファザー」として仕事と家庭との両立を考えさせるようなエピソードもあるのではないかと思います。

 

 

コラム2

小林司(錦戸亮)は世の中の妻たちが仕事のできない夫に想像以上に厳しいことを知り、沙也加(松岡茉優)にもそう見られているのではないかと心配になります。

会社ではテレビ局の夏のイベントの企画を進めることになり、司はメインステージの合間の小さな企画であるラップバトルを任されます。

沙也加は、あかり(イモトアヤコ)の夫彦丸が若い女と歩いているところを見てしまいます。
あかりは、夫が浮気するはずがないと思いながらも、50万円を引き出されていたことに動揺します。

みどり(江口のりこ)が、彦丸を調べると、税理士になりたいようで、一緒に歩いていた女性は家庭教師であった。
あかりは、安心はしたが自分にだまっていることに納得いかない。
彦丸は、あかりに感謝しており、子供も生まれることから、計算が得意なので税理士になろうとしたのだ。

司は彦丸がラップバトルへ応募をすすめます。
司は、ラップバトルの参加者を順調に絞っていましたが、相次ぐ参加キャンセルで隙間企画中止の危機に追い込まれてしまいます。
キャンセルした応募者に再度お願いして出ることになります。

ラップバトルが始まりますが、彦丸はうまくラップができません。
するとあかりが代わって出てラップをすると、会場が盛り上がります。
ラップバトルは成功し、土方にも感謝されます。

司は、脇役でしたがラップバトルを成功させて、また一つ実績をつくりました。
これからの成長が楽しみです。
失恋を理由に小林家への居候を始めたみどり(江口のりこ)の図々しい態度に、司(錦戸亮)と沙也加(松岡茉優)はこのまま姉が居座るのではないかと嫌な予感がします。
一方、会社では、老舗文房具メーカーの万年筆を高齢者向けに展開するプロモーションが進みます。
成功すれば今後の大きなビジネスに結びつくと張り切る土方(佐藤隆太)は、持ち前の決断力と行動力で大物演歌歌手のブッキングに奔走します。

そんな中、司は新人の頃から世話になっている庶務課の恩田(羽田美智子)が土方の別居中の妻だったと知ります。
小林家では勝手にスペアキーを私物化して、傍若無人なみどりの行動に振り回されて、司と沙也加は、夫婦水入らずの時間を守ろうと必死になりますが、みどりのペースに飲ま込まれてしまいます。

プレゼン資料用に万年筆を支持する生の声を集める司は、メールやPCの方が便利なので万年筆は使わないという今時のお年寄りのリアルを知り呆然とします。

土方に伝えようとするが自信に溢れた大きな声に負けて意見出来ない。
司は恩田から仕事人間の土方と別居するに至った意外な理由と、人前では強気なリーダー気質の土方の繊細な一面について聞きます。

司は、老舗文房具メーカーに自分の考えを提案して採用されることになります。
司は、また一つ実績を上げます。
次はどんな壁を突破するか楽しみです。

 

 

 

コラム3