『平昌オリンピック』について、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、『平昌オリンピック』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

※なお、本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『平昌オリンピック』の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間ものお試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『平昌オリンピック』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『平昌オリンピック』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間のお試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが読み放題になりますね。

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

『平昌オリンピック 男子フィギュア』を実際に見た視聴者からの声

 

『男子フィギュア』の視聴者がTwitter上に書き込んだツイートを一部紹介しておきました・・・やはり、羽生選手の二連覇について賞賛するコメントが溢れていましたね!

 

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『わろてんか』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『わろてんか』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

 

 

 

 

コラム1

「患者さまは実験台じゃありません!」
確かにその通りなんだけどね、新人フェローに医師としての在り方、責任の重さを厳しく伝える藍沢先生。
そして、その新人フェローが医師としての責務を全うできた時の声掛けには思わず涙してしまいました。
時には冷酷さを感じさせるような厳しさを持ちながらも、本当は誰よりも優しく患者想いな藍沢先生。
新人フェローにも伝わったかな?
また、この回では「妊娠」というテーマも。仕事か出産か思い悩む看護師と、若くして妊娠してしまった女の子の父とのやり取りと決断。命とは何か、生きること、産み育てるということ、を色々考えさせられた回でした。
次回は脳に腫瘍をもつピアニストの少女が主役みたいです。脳外から救命に異動してきた藍沢先生の担当患者でもあったらしく、手術は藍沢先生しか出来ないような難易度の高いもの。担当から降りた藍沢先生はこの少女を救うことが出来るのか、注目です。
冷酷で人と人との場の空気を悪くする嫌なやつと思われがちな藍沢先生だけど、きっと皆少しずつその裏側にある彼なりのやさしさや責任感の強さに惹かれていくんだろうな。そして、藍沢先生はきっと救命での居心地が良くなってここに残りたいと後ろ髪引かれながらふたたび脳外専門へ。
2話で妊娠の継続か出産かで迷っていた冴島看護師は出産して藤川先生と幸せな家庭を築いていく。赤ちゃんが産まれて少し大きくなったらまた現場に戻ってくるかな。
藍沢先生と白石先生は完全に恋愛関係にはならないだろうけど、それとなくお互い気になる人、両思いな関係で。
白石先生は救命の頂点に立つものとして奮闘し、
緋山先生は相変わらずだけど産科医として有名になってくれているといいな。
新人フェロー達も新人とは言えなくなる程皆成長して、新たな救命チームとしてそれぞれ活躍。
皆それぞれ別の道を歩みつつも同じ命を繋いでいくものとしての使命を果たしていく。そんな終わり方だと予想します。

 

 

コラム2

部下の教育のやり方に関し、藍沢医師と白石医師の意見の違いが有りますが、私は、藍沢医師のやり方を支持します。
医療現場では、知識も必要だが技術の方がより重要になり、その技術は現場でしか育たない事を藍沢医師は理解して
いたので、フェローの横峯に対し追い込む形では有ったが、現場医療を経験させたのだと思います。
このことで、横峰は当然自信が付きますし、今後積極的に治療に関わって行くと思います。意見が対立していた白石医師も
後輩を育てたい気持ちは同じで、さらに自分達がフェロー時代の師である黒田先生から同様の指導を受けた事を思い出したと
思います。ただ、残り2人のフェローも横峰と同じ様に、順調に育って行くかは心配になります。
3人のフェローの内、1人は挫折か事故などにより、救急救命を離れて行く事になると思います。これは、先輩医師である4人
(藍沢、白石、緋山、藤川)にも起こり、2人(白石と藤川)は去って行くと予想します。藤川医師の場合は、医療トラブルで
救命救急に居られなり、更に付属病院からも去らなければならない状態になり、冴島と一緒に去って行くと思います。
白石の場合、父の勤務していた病院に戻ることになるが、ドクターヘリは導入されておらず、導入そのものが難しい場所へ
行くのに戸惑ったが、最後は自分がその地域のドクターヘリの先駆者になろうと決意し、付属病院を去って行くのではないか
と思います。最終的に藍沢医師が救命救急を支え名医へなる道を歩む事になると思います。

 

 

コラム3