2018年2月18日に放送されていた最新ドラマ『わろてんか』第116話のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『わろてんか』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

※なお、本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『わろてんか』 第116話の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間ものお試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『わろてんか』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『わろてんか』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間のお試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが読み放題になりますね。

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』第20週のあらすじ~復習もかねて予告動画も!

てん(葵わかな)がプロデュースしたリリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)の“しゃべらん漫才”が受け、二人は売れっ子漫才師になった。風太(濱田岳)の下で雑用ばかりさせられている隼也(成田凌)は、アメリカのショーを日本に輸入したいと考え風太に進言するが、まったく相手にしてもらえない。そこで先進的な仕事を手がける伊能(高橋一生)の会社で働きたいと、隼也はてんに訴えた。ある日、「マーチン・ショウ」というアメリカの有名なミュージカルの代理人を名乗る男から電話を受けた隼也は、そのショーの興行権を獲得しようと大胆な行動に出る。風太は漫才人気を確実なものにしようと、大人気のキース(大野拓朗)とアサリ(前野朋哉)をコンビ別れさせる奇策を思いつく。

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『わろてんか』を実際に見た視聴者からの声

 

『わろてんか』の視聴者がTwitter上に書き込んだツイートを一部紹介しておきました・・・成田凌さんがやはり人気で大絶賛されているようですね!

 

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『わろてんか』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『わろてんか』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

 

 

 

 

コラム1

新たに藍沢耕作が救命センターに加わりました。彼は仕事に対してシビアで性格はクールなところがあります。新人研修医の指導方針をめぐって白石が藍沢と衝突する場面がありました。理由は藍沢の指導方法です。人体模型で胸腔ドレーンの練習をしている横峯あかりをICUに連れていき意識のない患者で練習をするように促すなど実践を重んじた指導を行います。このことは新人研修医にとって酷であり、白石らの反感を買うことにもなっていました。しかし私は藍沢の指導方法は間違っていないと思います。人体模型はしょせん人体模型です。人間相手に医療処置をすることは経験になり自信になります。ドラマの中盤では藍沢、横峯はドクターヘリ要請で現場に向かいます。藍沢は負傷者への対応、処置を横峯の判断に任せることにしました。ここから横峯は孤軍奮闘します。ヘリから地上と連絡を取りながら負傷者への適切な処置を行い無事救命センターにまで搬送し負傷者を救うことができました。その後、横峯は今回の件を藍沢に褒められ自信になったようです。人は一度突き放されることで成長していきます。藍沢はそれが分かっているので、あえて酷な指導をしたのだと思います。
第2話は新人研修医の指導方法で物語が展開していきました。ドラマの終盤で横峯あかりが自信と成長していくキッカケを掴みました。他に新人研修医は灰谷俊平、名取颯馬がいます。彼らもそれぞれ問題のある新人のようです。このことも今後のドラマの展開に加わり、彼らが挫折と困難を乗り越えてドクターとしての自覚と自信を持つことになる展開が描かれるのではないかと思います。新人だけでなく、このドラマの主要人物たちは、それぞれに抱えた物があるようです。それが少しずつ物語に顔を出し始め、ドラマを面白く加速させていくのではないかと思います。そして私が気になるのは天野奏でという少女です。彼女は今後藍沢の動向に大きな影響を与えると思います。

 

 

コラム2

山Pが戻って来た事により少し余裕が見えるかと思いきや次に問題になってくるのが研修医たちの教育です。彼らは実戦慣れしておらず常にあたふたしており安心出来ないのでそれぞれが担当を持ち育てる事になりました。その中でも山Pは非常に冷酷で冷たく対応していきます。確かに現場ではその時その時の玉現状況で判断を下さなければならないので、頼りきりではなく、自身で判断できるようにすることが第一かと私も感じましたので、山Pのやり方は正しいと思います。途中研修医が状況を伝えた際に山Pがだから?と言った場面は本当にそう思いました。その状況を踏まえて何をどうするかは自分で決めなければなりませんのでいい教育だと思いました。
今後も沢山の患者を見ていかなければならないので研修医それぞれがどの様にして実力をつけていくのかを着目してストーリーが進んでいく事を期待します。また、同期同士で付き合って子供ができたしまったカップルが子供をきっかけに結婚をするのかどうかも今後の見どころかと感じます。また、同期が全員揃った事によりチームワークを発揮してそれぞれが存在感のある医者になっていくのかと思いますが、それだけではつまらないので、チームワークを持ってしても対応が難しい患者が運ばれできて、困っている状況で力をつけた研修医が助けに入り事無きを得ると言ったストーリーがあると報われる気もするので期待してしまいます。とにもかくにも今後も楽しみに見ていきます。

 

 

コラム3