2018年2月16日に放送されていた最新ドラマ『わろてんか』第114話のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『わろてんか』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

※なお、本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『わろてんか』 第114話の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間ものお試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『わろてんか』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『わろてんか』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間のお試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが読み放題になりますね。

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』第20週のあらすじ~復習もかねて予告動画も!

てん(葵わかな)がプロデュースしたリリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)の“しゃべらん漫才”が受け、二人は売れっ子漫才師になった。風太(濱田岳)の下で雑用ばかりさせられている隼也(成田凌)は、アメリカのショーを日本に輸入したいと考え風太に進言するが、まったく相手にしてもらえない。そこで先進的な仕事を手がける伊能(高橋一生)の会社で働きたいと、隼也はてんに訴えた。ある日、「マーチン・ショウ」というアメリカの有名なミュージカルの代理人を名乗る男から電話を受けた隼也は、そのショーの興行権を獲得しようと大胆な行動に出る。風太は漫才人気を確実なものにしようと、大人気のキース(大野拓朗)とアサリ(前野朋哉)をコンビ別れさせる奇策を思いつく。

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『わろてんか』を実際に見た視聴者からの声

 

『わろてんか』の視聴者がTwitter上に書き込んだツイートを一部紹介しておきました・・・人気のキャラクターに対するコメントも相変わらず多いですね!

 

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『わろてんか』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『わろてんか』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

 

 

 

 

コラム1

今回の「コードブルー」3話では、命と命よりも大切なものを要求された時医者は命を優先する。なぜならこれから先生きていく上できっと、それを超える幸せが待っていると医者は信じているから!という言葉がすごく心に響きました。私の親は医者の仕事をしており、毎日こういった患者と接していると思うと大変だなと感じます。3話では、脳の手術をしてしまうと、ピアノが弾けなくなってしまう女子高校生の葛藤や手が動かなくなり包丁がもてなくなり料理が作れなくなってしまうかもしてない料理人やいままで頑張ってきた研究を他の人に先を越されてしまうなど、自分の人生で最も大切なものを失った時、人はどう生きて何を感じるのかを丁寧に描かれており感動しました。
「コードブルー」では第1期、第2期を見てきましたが、医療機関でいろいろなことを学び成長していく彼らがこれからどんな成長をしていくのかが、楽しみです。今の時点では恋愛面やなぜドクターヘリや医療機関で働くのかなど、その理由が少しずつドラマの中で描かれています。今回からドクターヘリに新しく出てきた新人など、彼らがなぜ、医療機関で働こうと思ったのかなどが描かれていくのではないかと思います。また、名取と灰谷の恋愛面での気持ちや、それぞれが抱く気持ちがこれからどんどん描かれていくのではないでしょうか。また比嘉愛未さん・浅利陽介さんの仕事をしていくのかそれとも、結婚を意識して仕事を辞めるのか、このやりとりも目が離せません。

 

 

コラム2

ドクターヘリという特殊な主題の中で登場人物一人一人の物語が同時に動いているのがコードブルーの面白いところ。サードシーズンに入って3話ではその特徴を思い出させてくれた。
妊娠、結婚について悩む冴縞と藤川。藍沢の患者天才ピアニスト少女は命とピアノ人生を天秤にかけている。病気の子供をもつ橘先生と三井先生。フェローの教育について悩む白井と、毎日新しい壁にぶち当たるフェロー達。それぞれが悩み、その中で微かでも希望を見つけた人も、見つけられない人もいる。題3話はそんな複雑な人生模様が描かれていた。
特に印象的だったのは、医者はどんなときも命を優先するもの。でもその為に命より大切なものを手放さなければいけないとしたら、その患者の命の源はどうなるのか。という問題だ。
人によって導き出される答えは違うだろう。正しい答えなんて無いのかもしれない。医者として悩む藍沢の語りは考えさせられた。一方で樋山の患者の料理人は「生きてさえいれば、また包丁を握る様になれる。」と希望の言葉には感動した。
患者とともに悩み、振り回されたり勇気付けられる藍沢達の物語に今後も期待だ。
やはり人物ごとに良い方向に向う人とそうでない人がいると思う。
フェローの横嶺はこれからどんどん育っていくが、名取はこのあと上司と揉めそうだ。
冴島は悩んでいても子供を下ろす選択はしないだろう。
サードシーズンメインの題材でいうと脳外科医としての藍沢の患者、ピアニスト少女は今のところ命よりもピアノを選んでいるが、回りからの説得で手術を受ける様になる気がする。難しい手術も藍沢が成功させて命もピアニストとしての人生も救ってくれるんじゃないだろうか。というより藍沢先生にはそうして欲しいという希望もある。
橘先生、三井先生の子供は、ドナーが見つからなければ手術も出来ない状態。この問題についてはサードシーズン最後の方まで引っ張られそうだが、ドナーがみつからない。又は見つかっても手遅れ。という悲しい結末になりそうな予感もある。

 

 

コラム3