2018年2月13日に放送されていた最新ドラマ『わろてんか』第111話のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『わろてんか』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

※なお、本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『わろてんか』 第111話の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間ものお試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『わろてんか』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『わろてんか』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間のお試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが読み放題になりますね。

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』第20週のあらすじ~復習もかねて予告動画も!

てん(葵わかな)がプロデュースしたリリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)の“しゃべらん漫才”が受け、二人は売れっ子漫才師になった。風太(濱田岳)の下で雑用ばかりさせられている隼也(成田凌)は、アメリカのショーを日本に輸入したいと考え風太に進言するが、まったく相手にしてもらえない。そこで先進的な仕事を手がける伊能(高橋一生)の会社で働きたいと、隼也はてんに訴えた。ある日、「マーチン・ショウ」というアメリカの有名なミュージカルの代理人を名乗る男から電話を受けた隼也は、そのショーの興行権を獲得しようと大胆な行動に出る。風太は漫才人気を確実なものにしようと、大人気のキース(大野拓朗)とアサリ(前野朋哉)をコンビ別れさせる奇策を思いつく。

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『わろてんか』を実際に見た視聴者からの声

 

『わろてんか』の視聴者がTwitter上に書き込んだツイートを一部紹介しておきました・・・ひよっことわろてんかのコラボに反響が大きかったですね!

 

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『わろてんか』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『わろてんか』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

 

 

 

 

コラム1

前回を観ていて、前回がとても面白くよかったので、今回は、少し質が落ちたように感じました。まあ、一般人になっていた小原君目当てで観ようと思ったので、そこのところはよかったです。ペットボトルを蹴飛ばすところは、今の時代的にどうかと思います。バスの中で、水を入れ替えるシーンは、ちょっと安易な感じですね。5人の大人が、すぐ近くにいるんだけど、大丈夫ですか?と思いました。あんなにバスを走らせてもとの場所に戻ったように見えたのですが、最初からそういう設定なんでしょうか?最初に、爆発で死亡したかたに2億ずつ補償金を支払いした件は、本当は、1億ずつで、帳簿上が2億なのかななんて思いました。誰かが横領したとかに話しがいくのかな?なんて勝手に考えました。向井さんが、最後にうまくまとめてくれた感じですね。前回の映像が、ところどころに入っていて懐かしく感じまた、それぞれの成長もみれて、そこはとてもよかったです。小原君また出て欲しいです。

 

 

コラム2

1997年に放送された連続ドラマは観たことがありません。なので、ストーリーがわからず楽しめないのではないかと思いましたが、簡単に説明してくれたので楽しめてよかったです。20年前こんな少年だったのに20年経ったらこんな大人に成長していたというのが新たにしれて、初めて見ても楽しめました。
ただ、ヤマト、タケル、モリ、アキラ、キイチ達の20年後の姿ばかりが描かれていて、肝心の幕原のウイルスが復元したという部分にあまり触れておらず、政府が隠していたという事実と図書館建設中止するために幕原に乗り込むシーンが30分ほどしかなかったので、2週に渡ってもいいので、もっと丁寧に長くえがいてほしかったなと感じました。あまりにも短くて一瞬で終わってしまったような気がしたので、一番のメインと思われる部分を小原くんやKinKi Kidsの二人と嵐の相葉さん、松本さんのその後を削ってもよかったので、ウイルスの話を長く描いてくれたらいいのにと感じました。

 

 

コラム3