2018年2月12日に放送されていた最新ドラマ『わろてんか』第109話のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『わろてんか』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

※なお、本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『わろてんか』 第110話の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間ものお試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『わろてんか』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『わろてんか』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間のお試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが読み放題になりますね。

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』第20週のあらすじ~復習もかねて予告動画も!

てん(葵わかな)がプロデュースしたリリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)の“しゃべらん漫才”が受け、二人は売れっ子漫才師になった。風太(濱田岳)の下で雑用ばかりさせられている隼也(成田凌)は、アメリカのショーを日本に輸入したいと考え風太に進言するが、まったく相手にしてもらえない。そこで先進的な仕事を手がける伊能(高橋一生)の会社で働きたいと、隼也はてんに訴えた。ある日、「マーチン・ショウ」というアメリカの有名なミュージカルの代理人を名乗る男から電話を受けた隼也は、そのショーの興行権を獲得しようと大胆な行動に出る。風太は漫才人気を確実なものにしようと、大人気のキース(大野拓朗)とアサリ(前野朋哉)をコンビ別れさせる奇策を思いつく。

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『わろてんか』を実際に見た視聴者からの声

 

『わろてんか』の視聴者がTwitter上に書き込んだツイートを一部紹介しておきました・・・視聴者評価は相当高い印象が有りますね!

 

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『わろてんか』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『わろてんか』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

 

 

 

 

コラム1

懐かしいドラマの続編ですごく嬉しかったです。10年後とかはありがちですがまさか20年後を放送されるとは思っていなかったのでびっくりしました。堂本剛さんがだいぶ印象が変わっていて驚きましたが、弁護士のキャラクターがおもしろかったので気にならなくなってよかったです。嵐の松本潤さんや相葉雅紀さんも出演されていて観ていて楽しめました。子供の頃のドラマも楽しめましたがこうやって20年の時を経た作品もとても良いものですね。なかなか難しいと思いますが、こんなドラマがまたあったらいいなと思いました。堂本光一さんが受け持っている生徒たちも今の時代を反映している子供たちで興味深かったです。お話の最初の方は今の世の中、こんな風になってしまってどうするんだろうと思いましたがラストの方では少し希望がもてました。堂本光一さんはネットでゲームをしているシーンがおもしろかったです。連ドラではなくてこういう形での放送もよかったとおもいます。

 

 

コラム2

「ぼくらの勇気 未満都市」が20年ぶりに復活するということで、20年前の作品を見ていた自分はそんな懐かしいドラマが新作を放送するんだと驚いたのと、宝生舞や小原裕貴といった芸能界を引退したメインキャストや、不祥事でジャニーズを退所した人とかが出演していたりとか意外と新作に関してハードルが高いんではないかと思いました。そのうちネット上でもこのスペシャルドラマのことが話題に上がるように連れて、その概要がちらほら分かってきてからはなんか期待が持てそうなドラマだなあと感じ始めました。まず一番驚いたのが芸能界を引退した小原裕貴さんがまさかのこのドラマ限りの出演ということで、ジャニーズ的にもいろいろ無茶するなあとも思いましたがこれは素直にドラマの力だなと思いました。宝生舞さんは死んだ設定なのでスペシャルには出ませんでしたが撮影現場に来られたというのも感慨深いものでした。あとは個人的な心残りが20年前のドラマで悪役を演じた白竜さんが今回は出演されていなかったのが残念で、連続ドラマで無くなったのでしょうがないですが実は生きていて裏で操っている黒幕みたいな役どころで出てほしかったです。それくらい連続ドラマではインパクトのある役でした。最後に今回のスペシャルドラマでも堤幸彦さんのらしい演出がたくさん盛り込まれていました。これは遊び心もあるとともに懐かしく、狙った感じの演出もわかっていながらウザく面白かったです。Kinkiの両人もドラマを楽しむように演じておられ視聴者として楽しむことができました。

 

 

コラム3