2018年2月11日に放送された日テレ系列のドラマ『トドメの接吻』第6話のあらすじや視聴者からの感想・評価などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信・再放送の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『トドメのキス』の動画視聴に役立てて貰えればと思います!

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『トドメのキス』第6話の動画を無料視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間もの無料お試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『トドメのキス』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『トドメのキス』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが無料で読み放題になりますね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば、お金は一切かかりません

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『トドメのキス』第6話のあらすじ

母親の命を救うためにタイムリープしたことで、12年前の沈没事故の証拠のビデオテープを真犯人の尊氏たかうじ(新田真剣佑)に燃やされてしまった旺太郎おうたろう(山﨑賢人)。しかし、逆に美尊みこと(新木優子)の気持ちを手に入れ、尊氏と美尊の婚約披露パーティーの壇上で派手にキスを交わし現場を騒然とさせる。
さらに旺太郎は興信所の根津ねづ(岡田義徳)を使い、並樹グループの前社長・たかし(山田明郷)が息子の尊氏の罪を揉み消すために関係者に手を回していたことを突き止める。そして、冤罪の罪を背負って服役後行方不明になっていた父・あきら(光石研)の居場所も明らかに。
一方、美尊は尊氏への不信感と旺太郎への思いが募り、変えることのできない自分の運命を悲観していた。そんな美尊を長谷部はせべ(佐野勇斗)は複雑な思いで見つめていて…。

その頃、旺太郎は旺の消息を追ってなんと香港へ。旺は見つからないものの、父が自分の冤罪を証明するビデオテープのコピーを探していたこと、そしてクルーズ船の運営会社を営む長谷部の父が尊氏の罪のもみ消しに協力していたという情報を掴む。旺太郎は早速長谷部を脅迫し、ビデオテープのコピーを探させる…。
しかし、1週間後帰国した旺太郎を待っていたのは長谷部が海で亡くなったというニュースで…!自分の脅迫のせいで気の弱い長谷部が自殺してしまったと責任を感じる旺太郎は、美尊から長谷部が亡くなる前にビデオテープを持っていたと聞き、宰子さいこ(門脇麦)のキスでタイムリープをする。しかし、何度時間を遡ってもなぜか長谷部の自殺を食い止めることはできず…。旺太郎は長谷部の死にある疑惑を抱く。

一方、過去と縁を切りたいと言いながら母を助け、父の罪を晴らそうとする旺太郎を見て、宰子の旺太郎に対する感情は少しずつ変化していて…。道で春海はるみ(菅田将暉)に遭遇した宰子は、「同じ時間を繰り返すと元の出来事が抵抗して自分に降りかかってくる」と不気味なことを言われ、その言葉に嫌な予感がした宰子は、旺太郎のキスを拒み、タイムリープを止めようとするが…。

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『トドメのキス』の視聴者からの評価

https://twitter.com/k_n_t_nonoka_97/status/962698314884902914

https://twitter.com/k_n_t_nonoka_97/status/962698314884902914

 

ドラマ『トドメのキス』に関してTwitter上のつぶやきを紹介しておきました・・・視聴者評価はかなり高く、壁ドンシーンに胸キュンした人が多かったようですね!

 

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『トドメのキス』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『トドメのキス』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『トドメのキス』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

第1話~最終回までの見逃し配信はU-NEXTがオススメですよ!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

コラム1

私は前作というか20年前のテレビシリーズを観ていなかったのですが、それでも今回の2017の中で大まかなストーリーは説明されていたので問題なく楽しめました。ずいぶん面白そうな世界設定と豪華キャストだったんですね。断片的に語られたストーリーだけでも面白さが伝わってきて、当時テレビを見ていなかったのが悔やまれます。
2017本編の方はかつての仲間、かつての未満都市に触れていく事で各人が少年時代に持っていた心の強さを取り戻していくような展開になっていましたが、最後の最後でテレビの前にいる私も大昔の気持ちに引き戻されました。「謎は…全て解けた」「じっちゃんの名にかけて」「俺に不可能はない!」という怒涛の名台詞ラッシュ! これらは未満都市ではなくて別ドラマの名台詞ですが、キンキキッズのお二人が懐かしの台詞を堂々と言い放ってくれましたね。カメラワークも当時を再現していたような気がします。こういう視聴者に嬉しい遊びを入れてくれた日本テレビに感謝です。

 

 

コラム2

単純に面白かったです。何よりKinkiのお二人が共演しているというレア感がたまらないといった感じでした。
キャストも豪華でしたし、過去作を全く知らない私でも楽しめました。
冒頭に過去作のおさらいがあっただけではなく、本編中にも過去作の映像やセリフを混ぜながらの進行だったので、全然過去作を知りませんでしたが、何となくどういった大筋であったのかは理解出来ました。
脚本としては精巧な作りとはいいがたく、企画ものといった感じは満載でしたが、それをカバーできるだけのものがあったと感じます。
宝生舞が引退してしまっていたのは残念ですが、矢田亜希子があんな昔から活躍していたことも知らなかったので、いずれ過去作も見てみたいなと思わせる作品でした。
また、最終的にうまくまとまり、エンディングで、Kinkiそれぞれの代表作のキャラクターのセリフを使ったシーンがあり、パロディ的な部分もあり、くすっと笑わせてくれました。
剛くんの弁護士としてのシーンは常にギャグで面白かったのが、この作品が重くなり過ぎなくいいアクセントでした。

 

コラム3

7月