2018年2月11日に放送された日テレ系列のドラマ『トドメの接吻』第6話のあらすじや視聴者からの感想・評価などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信・再放送の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『トドメの接吻』の動画視聴に役立てて貰えればと思います!

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『トドメの接吻』第6話の動画を無料視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間もの無料お試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『トドメの接吻』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『トドメの接吻』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが無料で読み放題になりますね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば、お金は一切かかりません

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『トドメの接吻』第6話のあらすじ

母親の命を救うためにタイムリープしたことで、12年前の沈没事故の証拠のビデオテープを真犯人の尊氏たかうじ(新田真剣佑)に燃やされてしまった旺太郎おうたろう(山﨑賢人)。しかし、逆に美尊みこと(新木優子)の気持ちを手に入れ、尊氏と美尊の婚約披露パーティーの壇上で派手にキスを交わし現場を騒然とさせる。
さらに旺太郎は興信所の根津ねづ(岡田義徳)を使い、並樹グループの前社長・たかし(山田明郷)が息子の尊氏の罪を揉み消すために関係者に手を回していたことを突き止める。そして、冤罪の罪を背負って服役後行方不明になっていた父・あきら(光石研)の居場所も明らかに。
一方、美尊は尊氏への不信感と旺太郎への思いが募り、変えることのできない自分の運命を悲観していた。そんな美尊を長谷部はせべ(佐野勇斗)は複雑な思いで見つめていて…。

その頃、旺太郎は旺の消息を追ってなんと香港へ。旺は見つからないものの、父が自分の冤罪を証明するビデオテープのコピーを探していたこと、そしてクルーズ船の運営会社を営む長谷部の父が尊氏の罪のもみ消しに協力していたという情報を掴む。旺太郎は早速長谷部を脅迫し、ビデオテープのコピーを探させる…。
しかし、1週間後帰国した旺太郎を待っていたのは長谷部が海で亡くなったというニュースで…!自分の脅迫のせいで気の弱い長谷部が自殺してしまったと責任を感じる旺太郎は、美尊から長谷部が亡くなる前にビデオテープを持っていたと聞き、宰子さいこ(門脇麦)のキスでタイムリープをする。しかし、何度時間を遡ってもなぜか長谷部の自殺を食い止めることはできず…。旺太郎は長谷部の死にある疑惑を抱く。

一方、過去と縁を切りたいと言いながら母を助け、父の罪を晴らそうとする旺太郎を見て、宰子の旺太郎に対する感情は少しずつ変化していて…。道で春海はるみ(菅田将暉)に遭遇した宰子は、「同じ時間を繰り返すと元の出来事が抵抗して自分に降りかかってくる」と不気味なことを言われ、その言葉に嫌な予感がした宰子は、旺太郎のキスを拒み、タイムリープを止めようとするが…。

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『トドメの接吻』の視聴者からの評価

 

ドラマ『トドメの接吻』に関してTwitter上のつぶやきを紹介しておきました・・・視聴者評価は相当高い印象がありますね!

 

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『トドメの接吻』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『トドメの接吻』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『トドメの接吻』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

第1話~最終回までの見逃し配信はU-NEXTがオススメですよ!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

コラム1

長瀬智也さんが「自分の心臓を坂口健太郎さんに提供する」と吉岡里帆さんに話しているところを聞いた大竹しのぶさんは、すぐにその意思は本当なのか?どうやって提供するつもりかを尋ねにくるのは、長瀬智也さんにとっては残酷な感じがしましたが、もう余命わずかな長瀬智也さんにとっては、ようやく大竹しのぶさんが自分に心を開いてくれただけでも、嬉しいのかもしれないと思いました。その流れで、坂口健太郎さんにも、自分は兄だと伝えることもできたので、それは良かったのですが、そうすることで、吉岡里帆さんの気持ちは受け入れるべきではないと心を閉ざしてしまうので、とても切なくなりました。もう少し、自分の思うまま生きて良いのではないかと思います。
長瀬智也さんは死産だったと言われて信じてきた大竹しのぶさんに、中村梅雀さんが真実を告白し、大きく動揺すると思います。長瀬智也さんは、ますます症状が進行し、発作も頻繁になっていく中、大竹しのぶさんに息子として接してもらえることで、少しでも心の平穏が得られると良いなと思います。夢にまで見た母親から作ってもらうおかゆは忘れられない味になると思います。ですが、吉岡里帆さんは長瀬智也さんへの気持ちが断ち切れず、坂口健太郎さんのことを受け入れることができずに苦しむだろうと思います。長瀬智也さんの頭の中にある銃弾を除去することができて、坂口健太郎さんの症状が軽くなり、そのまま抑えられるようになり、長瀬智也さんと吉岡里帆さんが結ばれるストーリーの可能性にかけたいなと思います。

 

 

コラム2

律が死ぬのであろうというのは想像できていた、最終回だから。

最後になって、律が生まれてすぐ捨てられた事実を三田が告白した内容が希薄だった。
そして凛華の行動が切迫感がなくて残念!
これは役者の力量の問題だと思うけど、本当に愛している人が
死にそうになっているのを死に物狂いで追いかける女性には見えなかった。

母親の麗子に、律が「飯を作ってくれ」と頼み、
不可解に感じながらも麗子が作ったのが簡素なたまご粥だったのはいいチョイスだった。
何もないけど、冷蔵庫にあるものだけで作ったおふくろの味。
深夜に母親があり合わせで作る粥。
麗子の表情と涙に共感できた。

麗子は自分が生んだ子供がまさか生きているとは知らない、
と三田は言ったけれど、律を見ているとどこかに
見知らぬ息子を彷彿とさせる何かがあったのではないかな、と思う。
直感、というやつ。

エンディングの、凛華が韓国に行き律の生きた証を探す旅は
ストーリーとしていいけど、作り方が陳腐だった。
やはり役者の演技力だろうか。

律が最後の最後にタイトルの言葉「ごめん、愛してる」
と告げたのは、凛華を通して母親の麗子にも言いたかったのではなかろうか。
ストリーは予想していた通りだった。
やっぱり最終回に律が死ぬのは免れない。
しかし予想外だったのは、自分のことを麗子に告白しなかったこと。
あれは苦しかったのではなかろうか?
言いたくても言わないことが相手のためで、それが愛情かもしれないけど
律はすごいな、と思った。

サトルが本当の息子ではない、という告白は意外だったけど面白かった。

三田(父親)と凛華(娘)の関わりが親子っぽくなくてセリフが浮いていた。
全体を通して凛華の演技力の稚拙さが目立った。
律を演じた長瀬智也さんは、回を重ねるごとに律という人物になりきっていったようだ。

麗子役の大竹しのぶさんは大ベテランなので期待を裏切らなかったが、
若菜役の池脇千鶴さんも難しい役柄を上手にこなしていたと思う。
だいぶ研究したのではないかと思った。

音楽がドラマによく合っていてとても良かった。

 

コラム3

7月