今回の記事では、ドラマ『明日の君がもっと好き』 第4話のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『明日の君がもっと好き』シリーズの動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

ドラマ『明日の君がもっと好き』 第4話の動画を視聴する方法

auビデオパスという動画配信サービスがあり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、特にテレ朝系のドラマの最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスになります!

また、auビデオパスは、現在31日間無料のお試しキャンペーンを実施中ですし、特にテレビ朝日系列の番組に強く、安心・安全にドラマ『明日の君がもっと好き』の動画視聴をしたいという方には、オススメのサービスなんですね。

ちなみに、無料お試しキャンペーン期間中に解約をすればお金はかかりませんので、参考までに。

また、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題作品として登録されているドラマや映画などが無料で視聴し放題になるので、これを機会に思う存分auビデオパスのサービスを楽しんでみてくださいね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば料金は一切かかりません

これを機にauビデオパスを是非試してみてください⇒au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

ドラマ『明日の君がもっと好き』 第4話のあらすじ

突然、里川茜(伊藤歩)の家に姿を現したタクシー運転手の聖誠実(小松和重)は、茜に結婚前提の付き合いを申し込む。誠実は、断れば警察に行ってタクシー代を払わせると脅し、嫌がる茜を表に引きずり出す。そこに松尾亮(市原隼人)が到着。茜を助けようとするが…

 茜の会社では、城崎遥飛(白洲迅)が熟女達をいたぶっている写真が社内の一斉メールで流出。遥飛は一気に出世コースから転落し、会社に姿を見せなくなってしまう。

 一方、亮と丹野香(森川葵)の関係が停滞していると見て取った文彦(柳葉敏郎)は、香のマンションへと出かけていく。その時、香の部屋には梓(志田未来)が訪ねて来ており…

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ドラマ『明日の君がもっと好き』を実際に見た視聴者からの声

 

ドラマ『明日の君がもっと好き』の視聴者がTwitter上に書き込んだツイートを一部紹介しておきました・・・視聴者評価はかなり高い印象ですね。

 

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ドラマ『明日の君がもっと好き』の動画を安全に視聴する方法

普段生活をしている中で、録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい最新ドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

そして、インターネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画が見つかりますが、それらの動画は、再生ボタンをクリックした途端に変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、『明日の君がもっと好き』の動画を視聴したい場合は、auビデオパスの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかより、安心して視聴することができますよ。

また、auビデオパスによる公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるのでDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

まとめ

今回は、ドラマ『明日の君がもっと好き』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

 

 

 

 

 

 

 

コラム1

今回は、今まであまり見えていなかった主人公以外のキャラクターそれぞれが抱える葛藤や孤独が浮き彫りになった印象でした。
そして今まで以上にストーリーが急展開を迎え、ますます目が離せなくなってきました。
塔子がサトルとの旅行中に、父親の死に立ち合った後に他の男と会っていたことや、サトルを突き放したあの言葉はどこまで本音なのか。
この人も過去に傷ついて、人を信じるのも愛すことも怖いんだろうなと共感してしまった。
そこにサトルのようなまっすぐさは、多少なりとも刺さるものや、逆に嫌気がさす気持ちも生まれたのでしょう。人間らしさがあって少し塔子が好きになりました。
そして凛華の律に対する想いがはっきりと強まっていく中で、律の体が確実に悪化していくスピードが早まっているのが本当に心配。死なずに助かるシナリオにならないかな。
凛華とのことだけじゃなく、いちばんはやはり母親。記者会見を開いたのは潔いと思うが、もしかしてこの母親も律が生きていることを本気で知らないのでは?と思ってしまった。
あの記者はなぜあそこまで知っているのか、凛華の父親は過去にどんな関わり方をしているのか。いっそ凛華とも母親とも早く話せるといいのにともどかしくなりました。
サトルが手術が必要になり、そこに律からの輸血や最悪の場合臓器提供などで兄弟であることが判明し、そこで母親も知っていく流れではないかと予想。
律は体調がどんどん悪くなる一方で、凛華とはますます関係が強くなる。弱っているサトルは、凛華が大事な存在だと気づき、凛華ももともと好きな人だったので揺れてしまう。
病気を知らない凛華を思って距離をとっていき、その間にあの記者や凛華の父親、サトルの治療方法を巡って、
少しずついままで知らなかった人たちも律の生い立ちを知っていくのではないかと予想。
もしかすると、すでに母親も第六感的なもので律には何か特別な感情を抱いているように見えるので、先に気づくきっかけが出てくるかもしれませんね。

 

コラム2

今回でやっとサトルが自分自身の気持ちに気づくのかなと思いました。
前回周りからあれだけ、リンカの気持ちを伝えられて困惑していたのに、自分の気持ちは塔子にあると自分に言い聞かせているかのように婚約してしまいます。
この時までは塔子はとても自由な人だと思っていただけですが、自分の父親へのあてつけかのように婚約を進める様子を見て
すこし悲しくなりました。この人もいろいろ自分の気持ちと戦って今のようになっているのだと。
人には様々な事情がありますが、やはりリンカちゃんの気持ちはまだサトルに残っているのを観ると切ないなと思います。
サイン会の会場に様子を見に行き、そこを後にした所で息を切らせてサトルが駆け寄ってきたところもぐっと来ました。
嬉しいけれど、素直には喜べない、喜んでも報われないといった気持ちが伝わってきてちょっとなけそうになってしまいました。

6話の最後のシーンでサトルは自分が一番大切に思っているのは誰かということに気づくと思います。
しかし、婚約発表までしてしまった手前、塔子にどのように気持ちを伝えるのかが気になります。
塔子も自分の想いがあって婚約をしたと思うので、一筋縄では解消できないと思います。もし解消できたとしても、道のりは長いと思うので、それぞれがどのような選択をしてそこまでたどり着くのか楽しみです。
麗子は記者会見をすると言って、すべてを話すと言っていました。
その時は律を生んだことを肯定していましたが、すべてをなかったことにしたいと言っていたので、会見内容をどの様にするのでしょうか。
そんな事実はなかったと言ってしまうのか、隠し通すのか。
常日頃私の子どもはサトルだけと言っているので隠し通しそうな気もしますが、近くでその様子を見ている律をみて切なくなります。

 

 

コラム3