2017年12月9日に放送されたテレビ朝日系列のドラマ『オトナ高校』第8話のあらすじや視聴者からの感想・評価などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信・再放送の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『オトナ高校』の動画視聴に役立てて貰えればと思います!

ドラマ『オトナ高校』第8話の動画を無料視聴する方法

auビデオパスという動画配信サービスがあり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、特にテレ朝系のドラマの最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスになります!

また、auビデオパスは、現在31日間無料のお試しキャンペーンを実施中ですし、特にテレビ朝日系列の番組に強く、安心・安全にドラマ『オトナ高校』の動画視聴をしたいという方には、オススメのサービスなんですね。

ちなみに、無料お試しキャンペーン期間中に解約をすればお金はかかりませんので、参考までに。

また、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題作品として登録されているドラマや映画などが無料で視聴し放題になるので、これを機会に思う存分auビデオパスのサービスを楽しんでみてくださいね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば料金は一切かかりません

これを機にauビデオパスを是非試してみてください⇒au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

ドラマ『オトナ高校』第8話のあらすじ

オトナ高校でともに学ぶ永遠のスペア処女・園部真希(黒木メイサ)と人生初の同棲生活を始めたエリート童貞・荒川英人(三浦春馬)。しかし、肝心な一線を越える気配は依然として皆無…。そんな中、オトナ高校のエロ小悪魔教師・姫谷さくら(松井愛莉)が英人を押し倒し、彼のファーストキスを奪うという暴挙に出た! キス現場を目撃した真希は当然のごとく激怒。だが、さくらはしれっと「なんかムシャクシャしてたから」と言い放ったかと思うと、英人の成長のなさを指摘。自分では成長していたつもりの英人は悔しさから、「もっと変わらなきゃいけない!」と奮起する。

その矢先、オトナ高校が来年度から正式開校することが決まり、今いる生徒の教育は急遽今週いっぱいで終了することに。もちろん卒業できなかった生徒は優先的に第二期に入学できるというが、実績不足を理由に国家からクビを言い渡された熱血教師・山田翔馬(竜星涼)もいないオトナ高校に、居残るなんて…と絶望に暮れる処女・斑益美(山田真歩)。そんな中、勘違い街道まっしぐらの英人は「この状況からみんなを救う英雄になれるのは僕しかいない!」と使命感をたぎらせ、藪から棒にリーダーに立候補! 「翔馬先生の退任取りやめのために、全員で卒業しよう」と熱弁する。すると驚くべきことに、全生徒が賛同するという“奇跡”が巻き起こり…!

ドラマ『オトナ高校』の視聴者からの評価

https://twitter.com/matumura_misaki/status/938034619022053378

https://twitter.com/harunico45/status/939464515434962950

 

ドラマ『オトナ高校』は視聴率的に不振が続いたドラマでは有りますが、視聴者から最終回を悲しむ声が多く寄せられておりますね。

 

どんな結末を迎えるのか、注目が集まります!

 

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

ドラマ『オトナ高校』の動画を安全に視聴する方法

普段生活をしている中で、録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい最新ドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

そして、インターネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画が見つかりますが、それらの動画は、再生ボタンをクリックした途端に変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『オトナ高校』の動画を視聴したい場合は、auビデオパスの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかより、安心して視聴することができますよ。

また、auビデオパスによる公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるのでDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

まとめ

今回は、ドラマ『オトナ高校』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

第1話~最終回までの見逃し配信はビデオパスがオススメですよ!

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

 

 

 

コラム1

錦戸君の仕事のやり方を「仕事ができない」と感じられていることに疑問を感じました。彼はしっかりリサーチしているし、取引相手のことをしっかり考えて最終的に信頼を得ているのに。確かに数字には結び付いていないかもしれないけど、それは上司のフォローとか育て方の問題だと思いました。薮君は結果を出してるかもしれないけど、取引先は次の仕事は一緒にしたくないと感じるタイプだし、佐藤隆太自体も勢いと声の大きさだけで、上司の器ではないなと思いました。壇蜜がこのドラマでは色気を封印して、男っぽい話し方をしているのにも少し違和感です。そういう役ならもっとほかに適任がいたかなと。壇蜜を出すなら彼女の持ち味をもっと生かしたほうがいいのではと思いました。

きっとこの先、錦戸君は少しずつ成功体験を積み重ねていって、企業人として成長していくのかなと思います。ただ、足を引っ張られたり、大きなミスをすると思います。その時に佐藤隆太は上司としてかばいきれない気がするので、そこは壇蜜がカバーするのかと思います。この先松岡茉優のおなかもどんどん大きくなって、父としての自覚と責任感で大きな仕事をしたいという野望も少しずつ芽生えてきて、夫婦で協力してどんどん成長していってくれると思います。
薮君が横槍を入れると思うけど、彼はきっとすごく大きな仕事の落とし穴にはまって困るところを錦戸君が手を差し伸べて救ってあげて、その恩で薮君が改心して錦戸君を認めてくれるんじゃないかと思います。

 

 

コラム2

酔いつぶれた司(錦戸亮)を家まで司を送ってきた黒川(壇蜜)が美人女性上司だったことに唖然となり、心配になります。

土方(佐藤隆太)から、ショッピングモールの企画書を出すよう言われた司は、沙也加とみどり(江口のりこ)の力を借り、企画書を提出します。

土方は、田所の企画のTシャツと、司の企画の世界的デザイナーのレイジカキタニ(岸谷五朗)のデザインを使う企画をコラボさせるという決定をします。

レイジカキタニは、デザインに2ヶ月の時間が欲しいといいますが、田所は2週間後に迫った締め切りを隠して、とりあえず仕事の確約をとろうとします。
嘘がつけない司は、ここは確認した方がよいといいます。

司と田所は、再びレイジカキタニに会いに行き、田所は、2ヶ月待つと、カキタニに伝えます。
しかし、司は、工場と交渉した結果、納期は3週間後だといいます。
レイジカキタニからは、今回は、ご遠慮するといわれます。

事務所で他の案を検討していると、レイジカキタニからデザインがFAXで送られてきました。
カバが2匹の絵が描かれていました。

司は、ショッピングモールの企画で一つ実績がつくりました。
これからさらに一つ一つ乗り越えて成長していく姿を期待します。

 

小林司(錦戸亮)は世の中の妻たちが仕事のできない夫に対し想像以上に厳しい意見を持っていることを知り、自分も沙也加(松岡茉優)にそう見られているのではないかと思います。

会社ではテレビ局の夏のイベントの準備が進んでいます。
司はメインステージの合間の小さな企画であるラップバトルを任され、土方(佐藤隆太)からは「隙間責任者」とからかわれています。
その頃、沙也加から彦丸のことを聞いたあかりは、夫が浮気できるはずないと思いながらも、隠れて50万円を引き出していたことに気づき動揺します。

司は沙也加には、「隙間」企画であることを隠して、自分が責任者になったと見栄を張ります。

さらに、ラップバトルの参加者を順調に絞っていた司は、自分のミスがきっかけでイベント直前に相次ぐ参加キャンセルを受け隙間企画中止の危機に追い込まれてしまいます。

司は、ミスを挽回して、ラップバトルを無事に終えることができ、テレビ局にも感謝されます。
ピンチになりながらも、何とか切り抜けて実績をつんでいる司が、どんな成長をしていくか楽しみです。

 

コラム3

自分の夫がこうだったらどうだろうと、いつも見て思います。
家庭ではすごく理想的な夫だと思うんです。妻を愛していて、優しくて、家族(姉)との関係性も悪く無く、見ていてほっこりする可愛い夫婦。
ですが、職場の様子を見るとやっぱり落胆。この二人が職場が一緒だった場合、果たして付き合っただろうか、私だったらこの職場の同僚に好意は抱かないと思う、といつも思ってしまいます。
理想の結婚相手に「優しい」を挙げる人は多いと思いますが、果たして本当に優しければそれで良いのか、と言うことを考えさせられます。
私は、やっぱり仕事が出来て、職場の人にも頼られる人がいいなと思いました。夫が仕事が出来ないなんて事実知らぬが仏だなぁと思います。
ですが、その誠実さが結果に結びつきつつあるし、妻も啓発本を読んでよきアドバイスをしているので、良い夫婦だなと思います。

妻のサポートもあり、元の人柄の良さが仕事につながりつつあるので、最終的には大きな仕事をしっかり成功させてほしいなと思います。
見下されていた同僚と名(迷)コンビが生まれるのではないかと期待しています。合理主義の同僚と、仕事相手の都合を思いやれる司のコンビはハマればうまく行くと思います。
また、壇蜜演じる、主人公の先輩が、早くも主人公の魅力・持ち味には気づいているようなので、彼女の仕事の方腕を担うことになるのではないかと思います。
それでも最終的には忖度度外視の人柄の良さで、「やっぱりうちの夫は仕事ができない。でも、理想の旦那さん」というようなハッピーエンドになるんじゃないかと期待しています。最後の最後に二人の赤ちゃんが見れたら良いなと思います。