2018年2月9日に放送されていた最新ドラマ『わろてんか』第108話のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『わろてんか』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

※なお、本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『わろてんか』 第108話の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間ものお試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『わろてんか』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『わろてんか』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間のお試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが読み放題になりますね。

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』第19週のあらすじ~復習もかねて予告動画も!

漫才大会で入賞さえできず、ほろ苦いデビューとなったリリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)だが、てん(葵わかな)はあきらめずに2人の漫才を売り出そうと奮闘する。四郎は徐々に上達するが客には受けず、てんたちはなぜ笑ってもらえないのか分からない。帰国したてんの息子・隼也(成田凌)は風鳥亭で働くことになるが、下働きばかりでアメリカで勉強してきたショウビジネスの知識を生かせずイライラを募らせていく。ある日、てんは万丈目(藤井隆)と歌子(枝元萌)の夫婦げんかを見て、リリコと四郎にぴったりの新しい漫才をひらめく。

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『わろてんか』を実際に見た視聴者からの声

https://twitter.com/windicalclub/status/961589479042502656

 

『わろてんか』の視聴者がTwitter上に書き込んだツイートを一部紹介しておきました・・・改めて、広瀬アリスさんの評価の高さがわかりますね!

 

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『わろてんか』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『わろてんか』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

 

 

 

 

コラム1

若菜が日向家でお手伝いさんとして働くことになった矢先、サトルの婚約パーティに向けて麗子がドレスと宝石を広げていたところ、指輪がないことが発覚し、すぐさま若菜が犯人だと疑った。すぐに裸になりなさいと暴言をはたいたところが麗子の人間性を疑った。まもなく律がやってきて若菜をかばい、もうこんなところで働くのはやめようと日向家を去ることになる。律は麗子が両親もいない境遇で育った人を罵る醜さにショックを受けているところに共感した。でもサトルは律が大切な存在だから運転手をやめないでくれと母に代わって謝罪し、麗子がサトルの婚約パーティで引く曲がうまく弾けないことに悩んでいた場面に律が遭遇し、子守歌を弾くことを提案し、無事に拍手喝采の演奏をすることができたが、それを遠くから聞いていた律の切ない気持ちに心が痛みました。徐々に徐々に麗子は律に心を開いていくと思う。塔子はサトルとの結婚を承諾したが、心の底では結婚することに納得してないので結局は婚約破棄することになると思われる。凛華は最初は律のことをただのおじさんとしか思っていなかったが、律の優しさや心の温かさを知っていくごとに次第に惹かれていき、サトルへの想いを吹っ切り、律とずっと一緒にいたいと思うようになると思う。律と凛華の恋が温まってきた時に、律の病気の症状が次第に悪化し、もう余命少ないことを生みの親である麗子やサトルも知ることになる。律は愛する凛華にすべてを打ち明ける。最後は凛華の腕の中で律は亡くなる。麗子が自分が産み、捨てた子だったとわかるのは律の死んだ後。何で、律を生んだ後捨ててしまったのか、再会しても冷たく当たってしまったのかと強く後悔する。

 

 

コラム2

若菜(池脇千鶴)が、屋台を壊されて、仕事ができなくなります。

サトル(坂口健太郎)は、塔子(大西礼芳)と婚約をします。
そして、その婚約パーティーで母の麗子(大竹しのぶ)がピアノを弾くことになります。

凛華(吉岡里帆)がサトルを通じて、若菜は日向家で働けるようになります。

恒夫(中村梅雀)は、律たちがいた施設を訪れ、園長から、律がこの施設にいて、岡崎律であることを知ります。
母親を探すために、韓国から帰ってきたのを知り、恒夫は、施設の外に出て激しく動揺して泣き崩れます。

麗子が、サトルから贈られたルビーの指輪がなくなっており、若菜を疑います。
律が入ってきて麗子に、人を見た目で決めつけるな、少し頭使ってもの考えろと反発します。
サトルが、ルビーの指輪が部屋に落ちているのを見つけ、アパートに来て、律と若菜に謝ります。

麗子がピアノを練習しているのを、律が聞いています。
律は、麗子のピアノを聞いていると、子守唄に気分になるのです。
婚約披露パーティーでは、麗子がピアノを無事に弾き終わり、サトルと塔子は、車で旅行に出かけますが、サトルが薬を忘れたことに気づきます。

律が凛華に、元気をくれ、抱きしめてくれといい、凛華はわかったといって、抱き合しめます。
遠くから薬を取りに帰ってきたサトルが見ています。

恒夫は律が、かって自分が捨てた赤ん坊であることを知りました。
今後に展開がたのしみです。
麗子(大竹しのぶ)の隠し子疑惑が報道され、日向家にマスコミが殺到します。
困惑して困っている麗子を守るため律(長瀬智也)は報道陣を相手に立ち向かい暴れます。
律の存在が世間に明るみになると麗子が危うくなることを恐れるマネージャーの恒夫(中村梅雀)は、律を納戸の中に閉じ込めてしまいます。

麗子は自分のスキャンダルがサトル(坂口健太郎)の将来に悪い影響を与えてはならないと思い、記者会見ですべてを語ることにします。
麗子の記者会見では、自分の過去の過ちについて話、捨てた赤ん坊がどこにいるのかも知らないと話します。
凜華(吉岡里帆)は律とともに会見の模様を見ていましたが、その赤ん坊を律と名付けていると聞き、初めて律と麗子の関係を知ります。

一方、婚約したサトルと塔子(大西礼芳)は旅行へいきます。
そこで、塔子は今まで明かさなかった父親の存在をサトルに教えます。闘病中で危篤になっていた父親はまもなく亡くなり、塔子はサトルの前から姿を消します。
塔子は、いたたまれなくなって、サトルの前から消えたのです。

律の存在がだんだん明らかになってきましたが、麗子はいつ律がそばにいることに気がつくのでしょうか。
サトルと塔子の関係も含めて、展開が楽しみです。

 

 

コラム3