2018年2月8日に放送されていた最新ドラマ『BG~身辺警護人~』第2話のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『BG~身辺警護人~』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

※なお、本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『BG~身辺警護人~』第4話の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間もの無料お試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『BG~身辺警護人~』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『BG~身辺警護人~』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが無料で読み放題になりますね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば、お金は一切かかりません

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『BG~身辺警護人~』第4話のあらすじ

日ノ出警備保障の社長・今関(永島敏行)から「非常に重要かつ極秘の依頼が入った」と、村田(上川隆也)とともにある場所に呼ばれた章(木村拓哉)。ふたりはそこで、厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)から個人的な身辺警護の依頼を受ける。秘密裡に対立する派閥の長と会談を持つため、警視庁SPには知られることなく外出したい、と話す愛子。人間ドックに入る病院から抜け出し3時間以内に目的を果たして戻る…という非常に難しいミッションを受けることになり…!

任務当日、病院に到着した章たち。しかし会社で待機していた高梨(斎藤工)は、「対立派閥の長との会談」という愛子の外出理由は嘘なのではないかと感じ、そのことを現場に知らせるようまゆ(菜々緒)に命じる。愛子の様子に不審な点を感じていた章は、本当の理由を教えてほしいと問うが…?

その頃、病院では愛子がいなくなったことが知られ、大騒ぎになっていた。SPの落合(江口洋介)は何かを隠していそうな愛子の秘書・坂上(桜井聖)から、愛子が結婚披露宴の招待状を持っていたこと、そして数日前に章ら日ノ出警備保障の人間たちと会っていたことを聞く。
愛子の本当の目的はいったい何なのか!?やがて落合率いる警視庁SPと章たちの直接対決に発展し…!?

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『BG~身辺警護人~』を実際に見た視聴者からの声

 

ドラマ『BG~身辺警護人~』の視聴者がTwitter上に書き込んだつぶやきをまとめて紹介しておきました・・・SMAP愛を感じるようなスタッフの配慮が伺えると高評価ですね!

 

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『BG~身辺警護人~』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『BG~身辺警護人~』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『BG~身辺警護人~』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

コラム1

福士蒼汰くんのあんなシリアスな演技、頭がおかしくなった演技見たことがなくて少しドン引きしている自分もいれば、見応えある!と思う自分もいます。
こんな二重人格になるのは仕方ないことをしてるし、母親もおかしい事をしていたなと思います。あのまま逮捕されていたらレイはこんなことになっていなかったと思います。なので母親もあそこで止めるということはほんとにおかしなことです。
そして最後もさすがドラマだなという終わり方で、普通こんなおかしな人と結婚したいとは全く思えません。
二重人格というかその人の性格は簡単に変わるものでもないので待つのも無意味ですし女性としては時間の無駄かと思いました。
Huluでの続きがあるならあぁいう終わり方はありなのかなと思いました!
福士蒼汰くんのあんな演技は私の想像を超えた怖さがありすごく良かったです!いつも爽やかで優しい人の演技が多いから新鮮で斬新ですごくいいです。
最初はドン引きで怖かったんですが、ドラマが終わって余韻がはんぱないのであの福士蒼汰くんにはまりました。Huluで続きをみたい!と本気で思いました。
ただ、サワとの関係はあぁいう終わり方はちょっと無いのかな?やっぱ弁護士が犯罪者と結婚というのはおかしな話です。

 

 

コラム2

律の服を抱きしめ、そして、探しに来た父親に、「愛してるの」と、訴えた凛華。とても切なくて、苦しい気持ちになりました。そして、サトルの心臓に適合した、律の心臓。でも、それは、律が死ぬということを前提にしたことで、とても辛いですね。そして、最終回で衝撃の事実。サトルは、麗子の本当の子どもではない。つまり、律とサトルは血のつながり頑張れよないということ。なのに、移植可能ということは、運命しかないですよね。そして、麗子は、産んだ子供は死んでいると思っていること。なんだか、運命のいたずらにしては、辛すぎます。凛華のスマホから、二人で撮った写真を消す律。そして「ごめん 愛してる」と、伝えた律。涙が出てきました。律は、サトルの中で生き始めたんですね。また、麗子の涙と、律のために生き始めた凛華。ただただ、心に切なさが残りました。
久しぶりに、胸にきゅんとくる、ドラマでした。凛華の父親が、生まれたばかりの律を施設の前に捨てたことで、律、凛華、サトル、そして、麗子の運命が、苦しくなってしまった原因ですよね。なぜそうなったのでしょう。凛華の父親の、嫉妬だったのでしょうか。もし、そのまま律が麗子の元で、育っていたら、律は凛華と幸せになったのかななんて思ったりしてしまいました。そして、律が、ピアニストだったのでしょうか。でも、そうなると、サトルはいないのですね。「もし」なんて考えてしまいます。
最後に、凛華に前を向いて歩いて欲しいから、二人の写真を消したのでしょうね。そして、「ごめん 愛してる」といった場こと。その二つのシーンは、ほんとに、胸に残りました。また、宇多田ヒカルさんの歌は、より一層、切なさを増加させました。とても、胸に残るドラマでしたね。

 

 

コラム3

理想