2018年2月4日に放送された日テレ系列のドラマ『トドメの接吻』第5話のあらすじや視聴者からの感想・評価などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信・再放送の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『トドメのキス』の動画視聴に役立てて貰えればと思います!

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『トドメのキス』第5話の動画を無料視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間もの無料お試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『トドメのキス』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『トドメのキス』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが無料で読み放題になりますね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば、お金は一切かかりません

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『トドメのキス』第5話のあらすじ

宰子さいこ(門脇麦)からのキスで想定外のタイムリープをしてしまった世界で、旺太郎おうたろう(山﨑賢人)は自分に惹かれていたはずの美尊みこと(新木優子)の態度が突然冷たくなったことに戸惑う。さらに、病床で目を覚ますはずだった美尊の父・たかし(山田明郷)が亡くなり、尊氏たかうじ(新田真剣佑)が美尊にプロポーズして会社を継ぐ宣言をするシナリオに変わっていて…。
尊氏が意図的に父親を助けなかったと疑う旺太郎は、挽回を狙って祖母との死別を繰り返したくない宰子にキスを迫り再びタイムリープをする。しかし、それでも尊が死に尊氏が美尊にプロポーズする運命を変えることはできず…。さらに、旺太郎の正体を知る尊氏が、12年前の沈没事故を引き起こした船長の息子であることを美尊の前で暴露!旺太郎はそこで初めてあの日クルーズ船に乗り合わせていた幸せそうなお金持ちが並樹家とその取り巻きだったことを知る。同情を買うために生い立ちを偽っていた旺太郎に失望した美尊は、父の死後結婚に向けて豹変した兄・尊氏に戸惑いつつも、会社のために自分の気持ちを割り切ろうとする。たった7日のタイムリープでは変えられない自分の運命を呪う旺太郎だったが、尊氏のプロポーズの本当の理由について何かを隠している様子の長谷部はせべ(佐野勇斗)に思い当たり…。そんな中、旺太郎を心配した母・光代みつよ(奥貫薫)が家まで食事を作りにやって来る。しかし、弟・光太を沈没事故に巻き込んでしまった罪悪感のあまり、今でも光太が生きていると信じる母を疎ましく感じる旺太郎は、冷たい言葉をかけ追い返してしまう…。
美尊と尊氏の婚約の準備が進む中、旺太郎は長谷部の美尊への思いを利用し、郡次ぐんじ(小市慢太郎)が何かのビデオテープをネタに尊氏を脅していることを聞き出す。婚約披露パーティーの混乱の中、テープを盗み出そうとするが、あと少しという時に光代が転倒し意識不明の重体だという連絡が入り…!自分の運命を変えるチャンスと母親の命を天秤にかける旺太郎がとった行動とは…!?そして、旺太郎の孤独に触れ、宰子が考えた意外な行動とは!?

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『トドメのキス』の視聴者からの評価

https://twitter.com/tokyoghoulMK/status/960113561312796672

https://twitter.com/hima_pinkpink/status/960113285134626816

 

ドラマ『トドメのキス』に関してTwitter上のつぶやきを紹介しておきました・・・放送の時間帯が少し遅めなので、それに対する否定的な声はありましたね。

 

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『トドメのキス』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『トドメのキス』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『トドメのキス』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

第1話~最終回までの見逃し配信はU-NEXTがオススメですよ!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

コラム1

毎回、ハラハラドキドキの展開で楽しんで見ています。特に今回は風間先生が爽を高校生の時に襲った犯人であったと言うことがわかり驚きました。爽の父橘が風見の父を無実の罪で罪人としてレッテルを貼られたまま亡くなったことの復讐であったとは何とも悲しいことです。風見先生に同情さえします。しかし風見先生に黎の母晶子はどんな時も応援すると言っていましたがただそういっていたのか、何か意味ありげで怖ささえ感じました。爽も風見先生に対して襲われたことに関して許せない気持ちから、どうして襲ったのかと言う意味やあの時に泣いていた意味が知りたかったのは仕方ないと感じます。少しずつ襲われた時のことや背景が明らかになり、黎と爽にとってもいい関係になり良かったと思います。虎太郎や茜が繋がっている関係も黎にわかり、ますます全体の関係が気になってきます。大きな包みで送られたハズレと頭蓋骨の入った箱が今後気になります。居合わせた兄の今後の行動も黎と爽にとって大きな展開になると気になります。
母を守るために父親を仕方なく殺してしまった黎ですが、そんな苦痛な思いを抱えながらせっかく爽と言う素敵な女性に出会い幸せになろうとしている時に自分の母晶子と仲良くしている風間先生が爽を襲った犯人であることがわかってしまいました。風間先生は退職を決めていたのですが退職を留まらせ次の展開を起こそうとする人物からの電話がかかってきているので今後ますます大きく動きが変わってくると思います。爽の兄の方も事務所に送られて来た大きな包みの中の箱に入った頭蓋骨・トロフィー・バラを見て、これから黎の父のことや不明になっていること・亡くなっているのではないか等々について強く追及していくと思います。父を殺したと黎自身は思っていますが実は母と誰かが組んだ殺人事件ではなかったのかと思っています。母と爽の父橘との関係も気になりますが今後明らかになってくると思います。

 

 

コラム2

今までのお話を通して真実を隠し続けるのは辛かったという発言がよく出てきました。
確かに辛い過去や、人に言えないことを隠し続けるのはとても負担が大きく、辛いと思います。
黎の葛藤がとても伝わってきて、見ているこっちまで悲しくなるときがあります。
でも黎の事件で行ってしまったことを除けば、普通の優しい青年だと伝わってくるので、どうにか報われるような結末にならないかなとも思います。
もうお話はは半分以上放送されているのですが、真相がまだ全然分からない状態です。
あらすじをたどれば、今からみ始めても十分楽しめる野ではないかと思います!
次週ではついに黎が爽にすべてを話して自首をしようとしますが、多分すんなりとは事が運ばないと思います。
そのあたりもどうなるかとても気になります。
7話で爽の過去の誘拐事件が1つ解決しようとしていたところだったのに、風見が姿を消してしまいました。
爽や黎に事件の真相を話していたときの風見はこれ以上事を荒立てず、今までの自分の思いも素直に話し真実を明らかにしようとした姿が見られたので、別のことに巻き込まれたのではないかと思いました。
風見の件の話を聞いたお母さんは、黎のお父さんの件も風見がやったことにすればよいと丸く治めようとしています。
失踪した風見の事務室で発見された血痕のついたトロフィー、結婚指輪、陥没した頭蓋骨には風見の指紋がついていたらしいのですが、
どうしても誰かが風見を犯人に仕立て上げるように工作したように思えます。
たまに見せる暗い表情のお母さんがとても気になります。
黎の知らないところで、何か別の事実があってお母さんが裏で何かをしているように感じます。爽のお父さんも黎のお父さんの事件について
何かを知っていると思います。次回はそのあたりがすこしわかるのではないかと予想しています。

 

コラム3

7月