2017年12月8日に放送されていた最新ドラマ『重要参考人探偵』最終回のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『重要参考人探偵』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

※なお、本ページの情報は2017年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『重要参考人探偵』最終回の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間もの無料お試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『重要参考人探偵』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『重要参考人探偵』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが無料で読み放題になりますね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば、お金は一切かかりません

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『重要参考人探偵』最終回のあらすじ

自分自身の過去について、大きな鍵を握るフリージャーナリストの織居和彦(瀬野和紀)から呼び出された圭(玉森裕太)。しかし指定された場所へ向かうと、そこには瀕死の織居が…!「警察には絶対渡すな」と言われ、鍵を渡されるが、織居はそのまま絶命。

またしても死体の第一発見者となってしまった圭は、これまでにない厳しい状況に…。今度こそ重要参考人として連行されてしまうと考え、その場から逃げ出す決意をする。

しかし、警察から追われることになってしまい、斎(小山慶一郎)、シモン(古川雄輝)の助けを借り、事務所に身を隠すことに…。

そもそもなぜ死体の第一発見者になってしまうのか――それを知るため、あらためて自分の生い立ちを調べようと動き出す圭。しかし、自分の過去と父親の死に秘められた真実を前に、主計(かとうかず子)、古仙淳(西岡德馬)、吉倉清司(松平健)までも巻き込んだ最大の謎が立ちはだかる!

登一学(豊原功補)も、ある不審な事実に気がつき、捜査をすすめていたが、独自で動いていた果林(新木優子)には魔の手が…。

そんな中、圭は自分自身を試される究極の状況に追い込まれてしまう…!

ドラマ『重要参考人探偵』を実際に見た視聴者からの声

 

8話で最終回を迎えるということで、少し放送回数が少ないので物足りなさを感じている人も多いかもしれませんね。

 

やはりキスマイのファンの方が視聴者として多いのかもしれませんが、濃いファンも獲得していますし、いったいどんな結末を迎えるのかにも注目です!

ドラマ『重要参考人探偵』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『重要参考人探偵』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『重要参考人探偵』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

コラム1

第2話までとは違う、テーマが非常に大きな意味を持った濃厚なストーリーだったと思います。人が病気になって生きていく上で大切なものを失うとは何かを私自身も考えさせられました。三ツ星シェフのレストランの店長の方が、過去にすがっていても仕方ない、大切なのはこれからと言えるようなタイプの人もいれば、ピアニストの女の子みたいにそんな風に考えられなくて、今の状態から全然違う未来になって、生きがいを失われて恐怖に怯えてしまう人だっているから、人それぞれ生き方も違うし、性格も違うし、本当に難しい問題で誰かに相談されたら、自分は果たして責任を持って、答えられるのだろうかと感じましたが、藍沢先生や三ツ星シェフの患者さんのセリフから、病気になって失うものがあった場合、結局前向きに自分次第で時間がどんなにかかってででも乗り越えられると自分自身を信じなきゃ何も始まらないってことを教わりました。また、そんな難しい問題を考える一方で、藤川先生とナース冴島さんとの愛情の捉え方が一致して絆が深まる、温かい感動も感じました。1時間に、人生の色々なことを考えさせられる出来事がギュッとつまっていた大切な回でした。

藍沢が担当する、ピアニストの才能を持った女子高生の患者はギリギリになるまで手術を迷うが、やはりピアノが弾けなくなるという自分の運命が受け止められず、手術を拒否してしまう。激しく動揺する女子高生は両親の説得も耳に入らない。そんな時、医者の立場として、医師、藍沢は彼女の心に寄り添い、人生を共に考えてあげるのだった。短い時間だが、藍沢は彼女の心を照らす、背中を一押しする言葉をかける。一方りょう演じる元緊急外来出身医師の母親の息子の容体が急変する。命の危険がせまる、苦渋の決断をしなければならない息子の状態に、りょう演じる母親の出した決断は、元医師であることとひとりの母親としてのどちらもが混ざった考えから生まれたものとなる。

 

 

コラム2

コードブルーの舞台になっている救命救急の現場では命に関わるような状態で搬送をされてくる人が多いです。
これがドラマだけではなく、実際の救命でも同じだと思います。

そこで自殺未遂をした人を受け入れるというのは、なんとも複雑な気持ちなんじゃないかな、と思いました。
毒物で自殺を図り、搬送されるヘリの中でスタッフも毒物中毒になってしまう、というお話でした。
せっかく一命を取り留めたのに、再び病院の中で自殺を図る。
そこまでして命を絶ちたいと思う気持ちがあれば、何でも出来るような気がします。

藍沢たちも必死になって救命をしたので、やっぱりどんなことがあっても生きていて欲しいと感情移入をしてしまうような展開だったと思います。

 

脳外科に通っているピアニストの女の子。
藍沢に凄く懐いていますが、藍沢のほうもかなり気にしているんだと思います。
命が助かるためにはピアノを捨てなければいけないかもしれない。
でもそれはその子にとっては死よりも重いものなのかもしれません。

同じく命の瀬戸際で戦っているのが、橘と三井の息子。
予告では急変をするようですが、何か救う道が見つかるような、そんな気がします。

心臓移植をするということは、誰かがこの世から亡くなってしまうということ。
この命の重みについて、今度何度か考えさせられるような気がします。
詳しい事情を知っている緋山もかなりつらいんじゃないかなと思います。

救命のフェローたちも命について深く考えることがあるんじゃないでしょうか。

 

 

コラム3

事故にあった人の中では様々な事情があり、事故に遭いたくてあった人、遭いたくてもあってしまった人がいてその中でも更に仕事がうまくいかないこと、期待が大きければ大きいほど人にかかるプレッシャーは大きいんだなと感じました、そこから立ち直るかどうかや「運命」というものに従うのか、その運命が嫌だから抗うのか両極端なストーリーが一挙に放送されていてとても感慨深いものがありましたそれに大切な人が危険な状態になった時、人は初めてその人への素直な気持ちを自分で感じて人に伝える原動力になるんだなと思いました、相沢と白石達チームの連携が目配りだけで全員わかってそれを実行できるチームプレーにはとても素晴らしいと思いました!

ピアノの少女が今後あの書類にサインをするかどうか
相沢の進退、白石の三角関係などが見どころになるかと思います
ピアノの少女をピアノへの愛情を取るのか命を取るのか救命が取るべき命を本当に取るのか否か相沢との今後のシーンにもかかっていると思います!
白石達が成長していく中で時折見せる恋の予感もあるので相沢がそれに気づくかどうか、仮に気づいたとしてもその後どうなるのかも気になります!
メンバーもこのままでいくのか入れ替わりがあり新しいチームが出来上がっていくかもしれない可能性があるので今後のチームの体勢作りチームが変わるのならばチームの誰かが3話同様にもう一度患者になるかもしれないので見どころだと思います!