2018年2月1日に放送されていた最新ドラマ『わろてんか』第101話のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『わろてんか』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

※なお、本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『わろてんか』 第101話の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間ものお試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『わろてんか』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『わろてんか』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間のお試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが読み放題になりますね。

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』第18週のあらすじ~復習もかねて予告動画も!

藤吉(松坂桃李)が亡くなって3年、てん(葵わかな)は北村笑店の社長となっていた。伊能(高橋一生)は役員として北村の経営に携わっていたが、進歩派の伊能を良く思わない風太(濱田岳)と常に対立していた。てんは風太や伊能のやり方とは違う自分ならではの仕事がしたいと、新しい女流漫才を作ることに決め女優のリリコ(広瀬アリス)に白羽の矢を立てる。そして、トキ(徳永えり)や楓(岡本玲)、歌子(枝元萌)を加えた、女性だけの漫才プロジェクトをスタートさせる。そんなとき、息子の隼也(成田凌)がアメリカから帰って来た。

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『わろてんか』を実際に見た視聴者からの声

 

『わろてんか』の視聴者がTwitter上に書き込んだツイートを一部紹介しておきました・・・記念スべき100回目の放送は、「テンポが良かった」など賞賛の声が多く寄せられていましたね!

 

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『わろてんか』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『わろてんか』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

 

 

 

 

コラム1

このドラマは、父を殺した主人公 黎が、秘密を暴こうとする犯人に怯えながらも、罪の意識と戦うというストーリー。
それに、司法修習生として事件に関わり、その中で自分の気持ちに気づいていく、というサイドストーリーとの絡みが面白くて見ています。
ただ、今回はそれがありませんでした。
黎が爽と花火大会に行く話がメインで、他の伏線も少しずつ進行させる必要もあり、サイドストーリーを入れている時間がなかったのでしょうね。
父を殺した日も花火が上がっていたので、トラウマになっている黎。
婚約者の爽には本当のことが言えず、昔花火大会で迷子になったことがあったと嘘をつきます。
かなり苦しい嘘ですが、婚約者はちゃんと信じてくれるんですね。
花火が嫌いなことは知っていたけれど、それでも来てくれるか、試す。
気持ちを試しただけではなく、来ることでトラウマを克服して欲しかったのかもしれません。
そして明るく「もう帰ろう」と言います。
「今日のが最高だったから、あと100年花火見なくていいや」
このセリフ、爽の強さと優しさがよく表れていいて、とても良かったです。
ストーリーも中盤に差し掛かり、犯人かもしれないという怪しい人がたくさん出てきて、ますます展開が見逃せないこのドラマ。
そんなハラハラする中にも、これからもこういうほっこりするセリフで癒やされたいものです。
予告で、「そんな訳ないだろう!」と声を荒らげる黎が放送されていました。
爽の家に、黎が父を殺した時のトロフィーが送られてきます。
爽は、それが黎の父のものだと気づき、これは黎の父からのメッセージかもしれない、警察に届けて詳しく調べたら、何かわかるかも、と黎に伝えます。
でも、そんなことをされたら、このトロフィーに黎の父の血痕がまだついているかもしれない。
凶器を警察に持ち込む訳にはいかない。
そこで、黎は声を荒げてしまったのです。
不審に思う爽。
また嘘をついて、ごまかさなければなりません。
「ごめん…今更、父さんが帰ってくるとはどうしても思えなくて。
もう、何も期待したくないんだ。
忘れてしまいたい。
だから、もしかしたら帰ってくるかもなんて、希望があるようなことは、言わないで欲しい」
と言うことで、なんとかとりつくろいました。
でも、爽には黎が何かを隠している、という不信感がますます募ってきます。
それは実は、爽にも黎に言えない秘密があるから。
黎への不信感を拭うには、自分も秘密を話すしかない。
そう思った爽は、結婚式を挙げる教会で、
「結婚する前に、神様の前で懺悔すること、ある?
私は、ある」
と、秘密の告白を始めたのです。
…という展開を予想しました。

 

 

コラム2

爽と藜の花火大会のくだりがお互いを想い合ってるのを確かめられた気がして良いなと思いました。藜は花火に対して父親を思い出すので恐怖でしかない対象なのに、爽が好きな人と花火大会に行くのが憧れだったと爽母から聞いて自分の心を押し殺して悩み、爽を思っての行動だったのが愛を感じました。また、爽も途中で藜が花火を嫌いだと知りつつ藜が自分との結婚を望んでるのか安達からの不安な声掛けもあって試すような感じにはなってしまいましたが、全部花火を見ないで帰ろうと手を繋ぐところにやはり愛を感じました。どうして花火が嫌いなのか爽に問われてまた真実は言えないものの、嘘ではない本当の気持ちも折り込んで話してる藜の姿が印象的でした。あと爽と暁人がご飯食べてるシーンが兄妹っぽくて暁人兄ちゃんが頼もしくて格好良かったです。
爽の玄関に戸籍の紙を挟んだのが果凛だったと分かりひとつの謎が解き始めたものの、病床の晶子に送られたバラの差出人が藜であった事や、爽の学生時代の写真になんの秘密が隠れてるのかまだ分からないままとか、更に爽の元に今度はトロフィーが届いてと畳み掛けるような展開で本当に良いところで次回になってしまい早く知りたい気持ちでいっぱいになりました。花火大会で爽の写真を撮って藜に送ったのと、かんざしを盗んだのも同一人物な気はします。するとそれをトロフィーと一緒に爽に送ったのと事の発端となる最初に藜に不信なメールを送った犯人もまだ水面下なんですが、ずっと晶子が気になる存在なのが消えません。でも弘晃が藜を探ってる資料に晶子の病院内での写真がのってたり動いてる影がひとつじゃない気がして益々混乱してます。次回からも更なるヒントが欲しいとこです。

 

 

コラム3