2018年1月31日に放送されていた最新ドラマ『わろてんか』第100話のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『わろてんか』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

※なお、本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『わろてんか』 第100話の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間ものお試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『わろてんか』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『わろてんか』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間のお試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが読み放題になりますね。

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』第18週のあらすじ~復習もかねて予告動画も!

藤吉(松坂桃李)が亡くなって3年、てん(葵わかな)は北村笑店の社長となっていた。伊能(高橋一生)は役員として北村の経営に携わっていたが、進歩派の伊能を良く思わない風太(濱田岳)と常に対立していた。てんは風太や伊能のやり方とは違う自分ならではの仕事がしたいと、新しい女流漫才を作ることに決め女優のリリコ(広瀬アリス)に白羽の矢を立てる。そして、トキ(徳永えり)や楓(岡本玲)、歌子(枝元萌)を加えた、女性だけの漫才プロジェクトをスタートさせる。そんなとき、息子の隼也(成田凌)がアメリカから帰って来た。

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『わろてんか』を実際に見た視聴者からの声

 

『わろてんか』の視聴者がTwitter上に書き込んだツイートを一部紹介しておきました・・・「風太と栞さんの掛け合いが好き」とのコメントも寄せられ、キャラが愛されているのがわかりますね!

 

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『わろてんか』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『わろてんか』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

 

 

 

 

コラム1

ドラマを見る前に、このドラマは過去に父親を殺した経験をもつ男の子が主人公だ、と知り衝撃的だなと思い、実際観てみました。私の予想では、殺人の前科がある主人公なら非情で残酷な性格なのかなと思っていたのですが、実際は全然違いました。殺人の動機も、父親の暴力を受けていた母親を守るためであったし、自分の罪を背負いながらずっと苦しんで生きてきた主人公なので、とても感情移入してしまいました。特に感動したシーンが、主人公が今の恋人である爽さんと初めて話した時のシーンです。大学の授業で主人公が加害者の味方をするような意見を言ったときに他の学生から批判されましたが、爽さんはそんな主人公の気持ちに共感してくれました。爽さんは主人公の過去は知らなかったし、何気なく共感しただけだったと思いますが、主人公は過去に加害者になったことのある自分の気持ちが重なり、心の居場所を見つけたような気がしたのだと思います。そのシーンは、ずっと苦しんできた主人公の心がすごく救われたのが伝わってきて、とても感動して泣いてしまいました。このように、全体的に感動もあり考えさせられる、とても良いストーリーだったのですが、ラストのシーンで庭が掘り返されていたところが、現実離れしすぎていて、作り話っぽさが強くなってしまっていて個人的にはあまり好きではありませんでした。
今後は、主人公の過去がどうやって暴かれていくのかが肝になっていくな、と思いました。第二話の予告は、主人公がこれから自主しようと決めたり、恋人の爽さんに前科のことがバレて責められたりするような予告となっていましたが、私は実際にはそういうストーリーにはならないんではないかな、と思いました。主人公は自主しようとはするものの、すぐ自主したらストーリーが一気に進みすぎてしまうと思うので、実際にはすぐ自主することはないと思います。また、爽さんは性格からいっても、過去に傷ついているであろう主人公を責めたりするようには思えないので、前科のことではなくて、何か他のことで喧嘩などがあるのかな、と思いました。予想では、主人公が爽さんの父親に怪しまれ、いろいろ調べられたことにより、主人公が自主する前に罪が暴かれてしまうのではないかな、と思います。

 

 

コラム2

お父さんからの暴力。本当に許せない、その中で主人公の男の子が弁護士を目指し被害者ではなく
加害者の人の立場に立って物事をとらえる姿勢。それはそれで共感できます。
自分がおかれた状況の中で、どうしても仕方がなく加害者になってしまうことは
生きていく中で出会ってしまってもしかたない、
今回のお父さんが亡くなるのだって
このままいっていたらお母さんが殺されていたかもしれない
状況の家庭だったたので
これからの展開が少し複雑ででも
期待してみていきたです。ただ、携帯に
”庭に埋めているお父さんには紹介しないの?”っていうのが
届いたときには
ドキドキして犯人はだれだろうと
考えました。この送ってきた犯人が今後キーマンになるのでしょうか。
いろいろ楽しみです
予告をみたかぎりでは
自分のした罪の重さにが苦しすぎて
婚約者にうちあけようとしている感じだったのですが
もう少しまってほしなって思います。
もしかしたら次のお話でもうちあけられなのかもしれません。
ただ婚約者の相手の父親が検察官、検事ってのが
なんとも
切ないですね。絶対に裁かれてしまう時がくるんだろうなって
思うと、やりきれないですよね。
どうにか主人公の男の子には幸せになってほしい
人を殺したことがないけれど
罪を背負って生きていくことは
ドラマを見てる限りとてもつらそうで
苦しそうでした。殺さずに別れられれば
何ら問題なかったのかもしれませんが
あんな誰にも助けを求められない家庭は
今この瞬間にも存在しているんだと
思いながら、でも幸せにハッピーエンドになることを
祈りながらも見続けます

 

 

コラム3