2018年1月30日に放送されていた最新ドラマ『わろてんか』第99話のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『わろてんか』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

※なお、本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『わろてんか』 第99話の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間ものお試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『わろてんか』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『わろてんか』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間のお試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが読み放題になりますね。

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』第18週のあらすじ~復習もかねて予告動画も!

藤吉(松坂桃李)が亡くなって3年、てん(葵わかな)は北村笑店の社長となっていた。伊能(高橋一生)は役員として北村の経営に携わっていたが、進歩派の伊能を良く思わない風太(濱田岳)と常に対立していた。てんは風太や伊能のやり方とは違う自分ならではの仕事がしたいと、新しい女流漫才を作ることに決め女優のリリコ(広瀬アリス)に白羽の矢を立てる。そして、トキ(徳永えり)や楓(岡本玲)、歌子(枝元萌)を加えた、女性だけの漫才プロジェクトをスタートさせる。そんなとき、息子の隼也(成田凌)がアメリカから帰って来た。

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『わろてんか』を実際に見た視聴者からの声

https://twitter.com/tt__byeo/status/957969013639995393

 

『わろてんか』の視聴者がTwitter上に書き込んだツイートを一部紹介しておきました・・・98回の放送に関しては、「思わず涙してしまった」というコメントが多かったですね!

 

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『わろてんか』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『わろてんか』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

 

 

 

 

コラム1

父親が母親に暴力を振るうと言うのは良く有る話かと思いましたが、子供の前であんなに激しくやってしまうものなのかなぁと思いつつ見ていました。花火をみながら「黎が助けてくれなかったらこんな綺麗な花火見られなかった」と鈴木保奈美さんが言うシーンが印象的でした。母親を庇って父親を殺してしまった後があぁ隠すんだなと何とも言いようの無い虚しさ、もどかしさ、空気を感じました。私ならと置き替えた時、先ず被る事を考えるのかなと思いました。後の流れを観ると何をどんなふうに処理しても一生背負っていかなければならない重い枷が出来てしまった事がとても哀しいですね。彼女と幸せになって行けば行くほど、大きな不安を感じてしまい、心底嬉しいとか幸せとか思えなくなってしまう虚しさを強く覚えました。
普通に考えれば、隠し通せる事では無いのでばれてしまうのかなと思いました。「庭のお父さんには、彼女紹介しないの」誰が送ったものなのかとても気になります。彼女のお父さん(遠藤さん)が怪しい様にも思いますが、客観的に視るとどうなのでしょうと言う感じです。お母さん(鈴木保奈美)が一番出来る可能性が有るのですが、心情的には一番無いのでしょうか。子供も愛してるけど、夫(暴力を振るわれても)も愛していた。そう考えると母親の立ち位置が凄く複雑だと思ってしまいました。何れにしても、父親を殺してしまった事は暴かれてしまう様に思います。後は彼女が刑期を終えるまで待ってくれるのかどうなのかと言う感じでしょうか。それとも、母親が罪を被って、黎は一生心に闇を抱えて行くのでしょうか。と言った処が素人の私の考えです。

 

 

コラム2

テンポの悪いドラマでした。30分拡大していたせいなのかわかりませんが、とにかくダラダラとしていて、話がちっとも進まないなぁと思いながら見ていたのが半分です。
話がそこまでつまらないわけではなくて、ちゃんと次回もどうなるのか気になるのですが、とにかくテンポが悪いです。
一つ一つの会話のやりとりもなんだかのんびりしてるし、主人公の周囲の事だけでなく主人公が担当している事件の話もあるので、もうちょっと上手く進めてもらわないと
どれもこれもが話が散っていってしまって頭に入ってきませんでした。もうちょっとその辺がどうにかならないかなーと感じてしまいましたが、初回は30分拡大していたようですし、最後の方には色々と動いていたので次の回はもうちょっと見やすい事を期待します。
主人公の真面目ぶりや葛藤なんかを考えたり、親子だけの秘密という点で考えると、おそらくあの親子以外に父親の経緯を知っているのは居ないと思っています。
なので、主人公に振りかかっている脅迫や庭の掘り起こし等は黎か母親かどちらかがやっている事であって、黎が事件を通して自分の中の罪の意識と戦っている点を見ても、その辺の心理的要因があって実は二重人格になっていて、そちらの人格がやっていることじゃないかなと感じました。
誰かが普通に犯人だと面白くないので、誰かに追い詰められている気がしていたけど追い詰めていたのは自分だったとかそういう話だった方がまだ面白い気がしたので、そういう描写がないかと思って次回から見たいと思います。色々推理しながら。

 

 

コラム3