2017年11月30日にオンエアされた最新ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~第5シリーズ(2017)』第8話のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~第5シリーズ(2017)』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~第5シリーズ(2017)』第8話の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間もの無料お試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『ドクターX ~外科医・大門未知子~第5シリーズ(2017)』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『ドクターX ~外科医・大門未知子~第5シリーズ(2017)』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが無料で読み放題になりますね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば、お金は一切かかりません

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~第5シリーズ(2017)』第8話のあらすじ

元大臣秘書官・八雲拓哉(林家正蔵)が記者会見を開き、ある大学病院の補助金不正使用を厚労省が隠ぺいしてきた事実を告発した。なんでも八雲は先日、根治手術が不可能な肝外発育型肝細胞がんであると診断され、死を覚悟。ならば正義を貫いてこの世を去ろう、と立ち上がったという。

その八雲が後日、彼を広告塔に仕立て上げようと目論む病院長・蛭間重勝(西田敏行)の手引きで、「東帝大学病院」に入院してくる。八雲のオペは最高レベルの技術が不可欠であり、大門未知子(米倉涼子)以外には考えられない状況…。ところが、ここで不測の事態が起こる。何を思ったか、ゆとり世代の新米外科医・西山直之(永山絢斗)が執刀医に立候補したのだ! だが、今回のオペは未知子をもってしても、実際に切ってみないと判断がつかない部分があり、術中の臨機応変な対応が必要とされる。それゆえに、未知子も医局の面々も西山には無理だと判断。執刀医は未知子に決定する。

しかし、ここで思わぬ壁が立ちはだかる。なんと、八雲が告発した人物らは日本医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)の友人だったのだ…! 内神田に釘を刺された蛭間は、執刀医を外科副部長・海老名敬(遠藤憲一)に変更するよう命令。さらに、未知子は病院を解雇されてしまう!

当然のごとく、納得のいかない未知子。そんな彼女に、西山は“これまで口にすることのなかった思い”をぶつけ、信じられない行動に出る!

ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~第5シリーズ(2017)』を実際に見た視聴者からの声

 

ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~第5シリーズ(2017)』は、視聴率も毎回良いのでファンも多く、最終回を名残惜しく思っている人も多いようですね。

 

もうすぐ最終回を迎えますが、これまでのシリーズのファンをも満足させる結末となることに期待です!

ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~第5シリーズ(2017)』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~第5シリーズ(2017)』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~第5シリーズ(2017)』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

第9話以降も随時追記していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

コラム1

カホコの家族への想いに胸を打たれました。
カホコはばあばの秘密を1人で抱え込んでいたし、家族や親戚がバラバラな状態でも1人前向きに頑張っていて、とてもいい子で感動しました。
また、はじめくんの母親は、はじめくんが思っていたようにはじめくんを捨てたのではなく、自分の人生の暗い部分にはじめくんを巻き込まないためにと決断して出て行ったのだと分かり、とても辛い状況の中でも1番大切だったのがはじめくんだったんだなと思いました。
愛されていたことが分かって、孤独だったはじめくんには今はカホコという居場所があって、自立するためにこれからというカホコの側でいつもはじめくんが支えていて、とても良いパートナー同士だなと思います。

最後の方ではじめくんと結婚すると両親に言った時のカホコは、今度はみんなに恩返しをしたいといっていてすごく説得力があって、本気が伝わってきたので、本当に結婚しちゃうんじゃないかな、と思いました。
ママの反対もあるけれど、はじめくんの良いところをこれから見てもらえたらきっとママにも許してもらえると思います。
ばあばは倒れてしまったけど、まだ生きていてカホコ達の幸せになるのを見守ってほしいです。
また、ばあばのいるあいだに家族の絆も取り戻せたらいいなと思います。
はじめくんは母親に会い、幸せな母親の姿を見てから今までのしがらみのようなものから解放された感じがしたし、泣いてるシーンを見ていると、これまではツンツンしていてきつい性格だったのに、まさかの甘えたな部分がこれからでてくるのかな?と期待しています。

 

 

コラム2

いつも面白いと思ってみていましたが、今回の第8話は感動しました。少しずつカホコが大人になっていてカホコのママやパパ、まわりのみんなに対しての接し方が変わってきていてそのような成長がみられるお話しでした。そして今日1番は、はじめくんの本音がきけたことが印象に残っています。今まで我慢していた想い、かほこに対しての想い、聞けて良かったです。はじめくんのお母さんに会った場面では特にはじめくんとお母さんは会話をしていないのに何か伝わってくる感じがして涙がでてきました。おにぎりを食べたシーンも感動です。今まで食べたくても食べられなかったおにぎり、大好きなカホコのとなりでたべるおにぎりは相当おいしかっただろうなと思います。カホコを見ていると今まであたりまえのように生活していたのがあらためて考えさせられます。

はじめくんとの結婚の考えが本気ということ、カホコのママも結婚を本気で反対するという場面、そんなときにばあばが倒れたという電話が入ったところでおわりました。気になる展開です。でもばあばが倒れたことではじめくんも一緒に病院にいってばあばがアドバイスをしてくれて、カホコのママに対してもカホコとはじめくんのことについてママにもアドバイスしてくれそうです、その話をきいてママもどんどん結婚に対して許しがでてくるような気がします。カホコとはじめくんは今のばあばとじいじが住んでいるところに住むようになるのかなと思います。次回ではまだ結婚の許しがでないと思いますが、最終回では結婚が許されるという展開でそのときにもまだばあばは生きていてウエディング姿をみることができるんだと思います。

 

 

コラム3

今回もとても楽しかったです。急展開な出来事が多く驚きもありますが、内容がしっかりまとまっているので、とても見やすく納得しやすい内容だったなと思いました。
次から次へと悩みが増えるかほこですが、悩みが増える分自分で考えて行動することが増え、相手の気持ちを考えて行動することができるかほこが素敵だな、と思いました。
おばあちゃんも親戚の人も、かほこが、優しくて相手の気持ちを想いやっての発言や行動する子だと見抜いてるからこそ、かほこにだけ伝えたり、相談するんだろうな、と思いました。
むぎの君にもまっすぐ一途なかほこをそのまま出すことで、むぎの君も心を許せるんだろうなと思うんだろうな、と感じました。二人が結婚出来るといいな、と心から応援したくなりました。

おばあちゃんが倒れ皆で病院にいくが、やはり入院はせず家で過ごしたいと自分の気持ちを伝えるが、かほこの母親が聞く耳もたず、おばあちゃんのことを思って入院させようとする。
それを聞いたかほこはママに反論をし、おばあちゃんの気持ちを汲み取って欲しいと伝える。
かほこに言われママと喧嘩になるが、パパがようやく一家の主らしく、様子を伺うのではなく自分の気持ち、かほこの気持ちを代弁し、ママにはっきりと伝える。
始めは何故自分を攻めるのかと、怒るものの、パパの一言で考えを改めることができるようになり、かほこも親離れし始めたことに悲しくもあるが、成長を嬉しく感じるようにできるようになった。
結婚の件も理解し、了承することになりおばあちゃんに結婚式を見せることができた。