2018年1月17日に放送されていた最新ドラマ『わろてんか』第88話のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『わろてんか』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

※なお、本ページの情報は2018年1月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『わろてんか』 第88話の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間もの無料お試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『わろてんか』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『わろてんか』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが無料で読み放題になりますね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば、お金は一切かかりません

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』第16週のあらすじ~第15週の復習もかねて予告動画も!

昭和になりラジオ放送が始まった。時代の変化は北村笑店にも押し寄せ、落語を大切にしたい藤吉(松坂桃李)と万歳が今後の主流になると考える風太(濱田岳)の対立が大きくなっていた。そんな時、藤吉が突然脳卒中で倒れ入院するが、てん(葵わかな)の付きっ切りの看病の甲斐もあって藤吉は意識を取り戻した。ラジオ局が人気落語家・団吾(波岡一喜)を出演させようと画策するが、寄席の客が減ると考えた藤吉も風太も反対する。だが風太の万歳重視に反発する団吾は、ラジオ出演を強行しようととんでもない作戦に打って出る。

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『わろてんか』を実際に見た視聴者からの声

 

『わろてんか』の視聴者がTwitter上に書き込んだツイートを一部紹介しておきました・・・イケメン俳優の美しさに酔いしれている視聴者さんが非常に多かったですね。

 

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『わろてんか』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『わろてんか』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『わろてんか』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

 

 

 

 

コラム1

以前、米倉涼子さんでドラマを見たことがあったので、武井咲さんではちょっと迫力ないのかなぁと思ったりしていました。なので見ようか悩んでいました。
武井咲さんといえば清純な女優さんのイメージで知られているので、銀座のママの役はあまり期待していませんでしたが、流石女優さんですね。迫力もあり、意味深な目元が魅力的です。和服姿も綺麗で、凛としていてかっこよかったです。
銀行員の時とは表情も変わっていて、よく演じられてると思いました。だから引きつけららたのです。これからも忘れず見れるように毎週予約しました。
横領?はよくないのですが、あっぱれです。今後の展開は原作に沿ってるのでしょうが楽しみです。松本清張さんの原作を読んでみたくなりました。
手帳のリストの人からのお金の展開も、気になります。
横領は銀行にバレてしまうはずですが、どうなるのでしょう。手帳にはまだたくさんの人の名前がありました。その人達のお金をまた利用して、クラブカルネはもっと繁盛し、やがて高級クラブになって、武井咲は銀座の一流ママになるのでしょう?
競争という意味では、仲里依紗も復讐するために、のし上がってきそうです。
武井咲の一匹狼的な生き方、人に頼らないで、利用していく生き方を、見ていくのが楽しみです。
もっと人と人が絡まって、人間関係が複雑になるように、思います。
芯のしっかりした主人公の力量を、展開を待つファンは多いでしょう。
華やかな銀座を舞台に、バブル期を思い出す方もいるのではと思います。

 

 

コラム2

松本清張原作のドラマ化で、前作は米倉涼子さんが主演を務めていました。
今作は武井咲さんということで、貫禄不足かなぁと思っていましたが何のその。
派遣社員としてピン札を数えるしがないOLから一転、銀座のクラブの最年少ママへ上り詰める下剋上ストーリーは見ていてハラハラしました。
名台詞「お勉強させて頂きます」は含みがあって母音のトーンが綺麗な女優さんだと思いました。
特に印象に残ったシーン。お寿司屋さんでワサビが食べれない可愛い子だと思ったら、波子(仲里依紗)と行った回転寿司ではワサビたっぷりのコハダを頼んだり
橋田理事長(高嶋政伸)が打ったOBボールを池に入ってまですり替え、探し出したアピールぶりは小悪魔全開でした。
満を持してカルネをオープンさせた元子、カルネはフランス語で手帳というらしい。その手帳を元に隠し預金を持つ男たちを、どんな手を使って落としていくのか見物である。
1番最初のターゲットになるのは、楢林先生(奥田瑛二)になりそうです。クラブ燭台で出会った当初に元子に肩入れしていた楢林先生ですから、案外早く落ちてしまいそうですよね。ゴルフで一緒にラウンドした橋田理事長は楢林先生以上に元子にロックオンしていましたし、楢林先生同様に落とされちゃうのではないでしょうか。
クラブ燭台のママ(真矢みき)は自分の元を離れ、独立した元子を一目置いています。ライバルというより、母親目線で元子の将来を案じているようにも見えます、元子がピンチに時に救いの手を差し伸べてくれるキーパーソンになって欲しいです。

 

 

コラム3