2017年11月30日に放送されたフジテレビ系列のドラマ『刑事ゆがみ』第8話のあらすじや視聴者からの感想・評価などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信・再放送の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『刑事ゆがみ』の動画視聴に役立てて貰えればと思います!

ドラマ『刑事ゆがみ』第8話の動画を無料視聴する方法

FOD(フジテレビオンデマンド)という動画配信サービスがあり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはFODになります!

FOD(フジテレビオンデマンド)は、現在31日間無料のお試しキャンペーンを実施中なので、安心・安全にドラマ『刑事ゆがみ』の動画視聴をしたいという方には、オススメのサービスなんですね。

ちなみに、無料お試しキャンペーン期間中に解約をすればお金はかかりませんので、参考までに。

また、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが無料で視聴し放題になるので、これを機会に思う存分FODのサービスを楽しんでみてくださいね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば料金は一切かかりません

これを機にFOD(フジテレビオンデマンド)を是非試してみてください⇒FODプレミアム(31日間無料)新規入会

ドラマ『刑事ゆがみ』第8話のあらすじ

好きだった競走馬の引退を知って落ち込む弓神(浅野忠信)は、憂さ晴らしに羽生(神木隆之介)を連れてキャバクラに行く。馬の話ばかりして呆れられる弓神とは対照的に、キャバクラ嬢のキララ(久松郁実)たちからおだてられ、調子に乗って酒を飲む羽生。そこに猿渡愛実(市川由衣)がやってくる。弓神は、かつて愛実を窃盗容疑で逮捕したことがあった。愛実は、すっかり犯罪からは足を洗い、児童養護施設にいるひとり息子の実(吉沢太陽)と一緒に暮らすことを夢見て、キャバクラ嬢をしながら昼の仕事を探しているという。

それから数日後、愛実が高級マンションの敷地内で死体となって発見される。その手には180万円もの現金が握られていた。愛実は、このマンションでひとり暮らしをしている元銀行員の資産家・沼田徹(小林隆)の部屋から現金を盗み、逃げようとした際にベランダから転落した可能性が高かった。ただ、現金が戻り、沼田も被害届は出さないと言っているため、今回の一件は事故扱いになるという。

しかし弓神は、愛実が誰にも気づかれずに少額を盗むことから“透明人間”という異名を持っていたことや、彼女が弓神に窃盗に手を染めないと誓った様子から、彼女の死に不審を抱く。

そんな中、うきよ署強行犯係は、県警本部の須崎警視が指揮を執る高齢者を狙った詐欺事件の捜査に協力することになった。が、おとり捜査の最中、現金の受け子として現場に現れたのは…。

ドラマ『刑事ゆがみ』の視聴者からの評価

 

ドラマ『刑事ゆがみ』は視聴率的にはそこまで良いわけではありませんが、視聴者から寄せられるドラマの感想としては、高評価な意見が多く見受けられますね。

 

打ち切りを心配する声もありますが、第10話までは継続するようですから、最終回にかけて更に注目が集まります!

ドラマ『刑事ゆがみ』の動画を安全に視聴する方法

普段生活をしている中で、録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい最新ドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

そして、インターネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画が見つかりますが、それらの動画は、再生ボタンをクリックした途端に変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『刑事ゆがみ』の動画を視聴したい場合は、FOD(フジテレビオンデマンド)の31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかより、安心して視聴することができますし、FOD(フジテレビオンデマンド)に登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

FOD(フジテレビオンデマンド)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるのでDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

FODプレミアム(31日間無料)新規入会

まとめ

今回は、ドラマ『刑事ゆがみ』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

9話以降も随時追記していくのでお楽しみに!

FODプレミアム(31日間無料)新規入会

 

 

 

 

 

 

コラム1

仕事ができて、報酬が良くて、優しくて、そんな旦那さんと夢のような結婚生活を送るということがどんなものだろうと気になっていました。しかし、尊敬してるいるといって名前をさん付けで呼んでいたり、知っていることを隠されていてもなにも言わない妻はすごいなあと思いました。旦那さんが仕事が出来なくてペコペコしていると思うと気がひけるけど、仕事が出来ない人にも家族がいると思うと、あんな態度取れないです。やっぱり隠し事なしで、正直でいた方が、結婚生活や諸々いいんだと思いました。自分に置き換えると、自分の旦那さんが仕事が出来なくても、お家に帰ってきてくれて優しくて頑張ってくれてたらいいのかもしれません。それにしてもお弁当の内容がすごかったです。

最後は、打ち明けて つかぽん、さあや と呼び始めたところで終わりました。これから小林司が仕事の中でどーやって変わっていくのか、私の予想ではだんだん信頼を得ていくのかなぁと思います。放送第一話のデザイナーさんが、母の最期を看取れたことから、パートナーさんたちとの絆が強くなっていくのではないでしょうか。変わった料理を作り、小林司(弟)にへ優しい姉が、お嫁さんにどんな影響を与えていくのか楽しみです。妊娠発覚もしているため、お嫁さんの体調?、司の心情?、赤ちゃんの成長?で、何かドラマがあるかなあと思います。また、マタニティ友達、マタ友とのトラブルやその夫婦間の問題などもあるんじゃないかと思います。

 

 

コラム2

楽しく鑑賞出来ました。
とても微笑ましい夫婦で、今時こんな夫婦はかなり希少だろうと思いましたがお互いを思いあえている良い関係だと思います。結婚した当初は理想の夫だとゆう思い込みがもの凄く激しく頭の中がお花畑でしたが、徐々に現実が見えていく所はリアルで旦那側の気持ちを考えると切なくなりました。お荷物社員の事実を確認する訳でも無く、辞表を発見してしまっても問い詰める事もせず相手が話してくるまでちゃんと待って、とても良い奥さんだと思います。とても優しく穏やかな性格の旦那さんですが、少々メンタルが弱く仕事が出来ないお荷物社員。結婚後にそれが分かり、自分は妊娠となると正直辛い状況だと思いますが夫に仕事を辞めて良いと言える事は凄いなあと思いました。

第一話で奥さんの妊娠が発覚しているので、最終話で赤ちゃんが産まれてくるのではないかなと思います。自分の事を思って、優しい言葉をかけてくれた沙也加と子供の為に仕事は辞めずに今の職場で頑張ろうとして欲しいです。今の所はかなり司に対しての風当たりが強く誰一人として司を認めてくれる様な人は居ませんが、職場の人達も仕事は出来ないけれどそれをカバー出来る位の優しさや人柄の良さを認め、司に合った仕事を任せてくれる様になったら良いなと思っています。そこまでに色々やらかして迷惑をかけるのではと思いますが、その度に沙也加が司を励まし奮起させて夫婦は支え合っていくものなんだと思わせてくれる様な展開になってくれたらこれからも楽しく鑑賞出来そうです

 

コラム3

小林夫婦の絆の深さ、とりわけ妻である沙也加の懐の深さ、深い愛情を感じました。

「理想の夫」だと思っていた夫が、実は会社のお荷物社員であることを知ったとき、
沙也加は夫を詰ったり幻滅したりするのではなく、ひたすらに夫のことを想い、
支えようとする姿に胸を打たれました。

「仕事ができない」と評価されてしまっている司も、
決して無能な人間ではなく、
心が優しすぎる故に、いつも損をしてしまっている、
どこか不器用なところのある男性なのだと感じました。

第一話では、司の独断でデザイナーを実家に帰してしまったことが原因で
チームリーダーの土方に
「仕事ができない人間はいらない」
と言われてしまい、退職願いを書くまでに追い詰められてしまいます。

だけど妻の妊娠を知って、それを思い留まり、
土方に
「仕事をさせてください」
と、頭を下げるシーンでは、司の心の強さを感じたのと同時に、
妻である沙也加の支えがあるからこそ、司は強くなれたのだと感じました。

これから先、司には様々な試練が訪れるのだと思いますが、
きっと沙也加と共に、乗り切ってくれると思います。

今後の展開が非常に楽しみです。

 

第一話は、司が土方に
「仕事をさせてください」
と頭を下げ、土方も司に対して
「ついて来い」
告げながら歩きだすシーンで終わっています。

このことから司には、また新たな試練がやってくるのではないかと感じます。

司が第一制作部から異動しなかったことで、
同僚は、今まで以上に司に冷たく当たるかもしれませんが、
司は失敗を繰り返しながらも、確実に成長してくと思います。

チームリーダーである土方は、
「仕事をさせてください」と頭を下げた司を無下にすることなく、
新たなチャンスを与えてくれました。

仕事に対しては厳しいけれど、
人間的に素晴らしい人格を持ってるであろう土方は、
司を「仕事ができる社員」として育ててくれるつもりでいるのだと思います。

色々なことがあると思いますが、司は第一制作部で経験を積んで、
沙也加が出産の時期を迎える頃には
「仕事ができる社員」として、立派に成長を遂げてくれるのではないかと感じます。