2018年1月7日に地上波でオンエアされていた大河ドラマ『西郷どん』第1話のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『西郷どん』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

※なお、本ページの情報は2018年1月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『西郷どん』 第1話の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間もの無料お試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『西郷どん』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『西郷どん』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが無料で読み放題になりますね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば、お金は一切かかりません

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『西郷どん』第1話のあらすじ

天保11年(1840年)、薩摩の国。西郷小吉(渡邉蒼)は、大久保正助(石川樹)など町内の仲間たちと学問や剣術を切磋琢磨する日々を過ごしていた。「妙円寺詣り」という藩最大の行事で、小吉たちは一番乗りで寺に到着し、褒美をもらう。そこで薩摩藩の世継ぎである島津斉彬(渡辺謙)と運命的な出会いをする。しかし、小吉は恨みを持った他の町の少年から刀で肩口を切られ、二度と剣が振れなくなってしまう。

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『西郷どん』を実際に見た視聴者からの声

 

実際にドラマ『西郷どん』を見ている視聴者の方がTwitter上に書き込んだつぶやきをまとめて紹介しておきました・・・初回放送を視聴した人からの評判は概ね良かったですね。

 

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『西郷どん』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『西郷どん』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『西郷どん』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

 

 

 

 

コラム1

思った通りになってしまいました、やはりすみ江(内藤理沙)が橋田(高嶋政伸)と結託して裏切っていたのですね。
出鼻から自宅に押し掛け楢林(奥田瑛二)から搾取したお金を返すように恫喝する中岡市子(高畑淳子)
「あなたが破滅する前に」と去り際に言い放つ市子は鬼気迫るものがありました。
中盤では長谷川会長の恐ろしさを身に染みるように分かってくる元子、泥棒に入られて手帳を奪われたり・非通知の着信が続いたり精神的にも追いやられていきます。
街でばったり会った波子(仲里依紗)には意味深な発言も受け、自分をはめたのは誰なのか?しまいには自分の店で働くスタッフさえまで疑ってしまう始末。
極めつけはクラブカルネまで奪い取られてしまう結末は、ここまでするのか長谷川会長…と思ってしまいました。
しかも支配人に村井(滝藤賢一)新しいママに波子という皮肉たっぷりなキャスティングですもの。
最後の騙された橋田と楢林を挟んで肉を食ら長谷川、恐かったです。

自分の店を奪われてしまい路頭に迷う元子、派遣社員時代に逆戻りしてしまいます。それでも何らかの手でカルネを取り戻し、再び銀座で戦うことをもくろみます。
まずは働かないとやっていけないので、元居たクラブ燭台のママ(真矢みき)の元を頼ります。一時は自分の元を離れ、上から目線で馬鹿にしてくれた元子の事を
許してくれます。
バックに付いている長谷川を潰さない限り、活路は見いだせないと感じた元子は長谷川の脱税や裏金などをリークすることを決意します。
情報源がない元子が頼るのはやはり安島(江口洋介)。元子のことを見捨てられない安島は、長谷川の過去に行ってきた悪行を元子に教えてしまいます。
それを手にした元子は、カルネを取り戻すために一か八かの賭けに出ます。

 

 

コラム2

やはり一番印象的だったのはナミコと村井が出てくるシーンです。
あんな登場をされたら従業員のホステスには懐疑的な気持ちが芽生えます。二人が運営しても上手くは行かないでしょうが、折角軌道に乗せたカルネを取られてしまうのは癪でなりません。村井高圧的な態度に見ていてイライラさせられました。
さすが、俳優さんだなと思う程の演技力です。
カルネに出向く二人とは対照に鉄板でお肉をつつく三人にとって、あの二人は動かす為の駒だと分かりやすい対比だと思いました。
それでも満足して元子の前に現れる二人は社会の上下関係の中にあるんだなと思いました。
今後、元子は一体だれに助けを借りるのかな?と思います。確かに敵ばかり作るやり方でのし上がってきたら、こんな仕打ちにはなるのかなと思いました。

元子がこのまま黙っている訳はありません。
しかし、長谷川に立て付く程の後ろ盾も味方もいません。長谷川に女を振り撒く程長谷川に男の部分があるとも思えません。
きっとどうにかカルネは守り抜くとは思いますが、一体どの様にするのかは分かりません。
もう一度、ナミコ、村井に悔しい思いをさせて欲しいと思います。しかし、そんな事をしていたら、又足を引っ張られる事になるのですが。
安島とは愛人関係になる様に思います。安島はなんだかんだ言っても元子の事が気になって仕方無いと思います。
それに嫁があんなにフテこくては、一度抱いたと言っても元子の甘美な姿と比較してしまうと思います。
長谷川があれほど橋田や院長の肩を持つのかもよく分かりません。

 

 

コラム3

とうとう