今回の記事では、ドラマ『DOCTORS〜最強の名医〜』のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『DOCTORS〜最強の名医〜』シリーズの動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

ドラマ『DOCTORS〜最強の名医〜』の動画を視聴する方法

auビデオパスという動画配信サービスがあり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、特にテレ朝系のドラマの最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスになります!

また、auビデオパスは、現在31日間無料のお試しキャンペーンを実施中ですし、特にテレビ朝日系列の番組に強く、安心・安全にドラマ『DOCTORS〜最強の名医〜』の動画視聴をしたいという方には、オススメのサービスなんですね。

ちなみに、無料お試しキャンペーン期間中に解約をすればお金はかかりませんので、参考までに。

また、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題作品として登録されているドラマや映画などが無料で視聴し放題になるので、これを機会に思う存分auビデオパスのサービスを楽しんでみてくださいね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば料金は一切かかりません

これを機にauビデオパスを是非試してみてください⇒au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

ドラマ『DOCTORS〜最強の名医〜』のあらすじ

堂上総合病院の院長・堂上は、長期休暇を利用しての海外でのバカンス旅行のため、病院を留守にすることになり、依然として自分勝手な振る舞いばかり繰り返している甥の森山を、「一日でも早く、次期院長としてふさわしい人になってほしい」という願いを込め、院長代理に指名した。しかし、そんな堂上の思いを露とも知らない森山はこれを「病院を好き勝手にできるチャンス」と思い込み、リスクの高さを理由に手術の申し出を却下したり、患者の名前をまともに覚えていないなど、その傍若無人ぶりは鳴りを潜めるどころか逆にエスカレートしていき、特に以前からほぼ一方的に敵視していた相良に対しては、自身が「先生」から「院長代理」になったことで「相良と自分の間に上下関係ができた」と勝手に解釈し、「自分を院長代理ではなく先生と呼ぶのは嫉妬しているから」として、より一層調子に乗るようになる。

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ドラマ『DOCTORS〜最強の名医〜』を実際に見た視聴者からの声

 

ドラマ『DOCTORS〜最強の名医〜』の視聴者がTwitter上に書き込んだツイートを一部紹介しておきました・・・シリーズ作品として人気のドラマなので、新しく連ドラ化してほしいという視聴者が多いようですね!

 

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ドラマ『DOCTORS〜最強の名医〜』の動画を安全に視聴する方法

普段生活をしている中で、録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい最新ドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

そして、インターネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画が見つかりますが、それらの動画は、再生ボタンをクリックした途端に変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、『DOCTORS〜最強の名医〜』の動画を視聴したい場合は、auビデオパスの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかより、安心して視聴することができますよ。

また、auビデオパスによる公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるのでDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

まとめ

今回は、ドラマ『DOCTORS〜最強の名医〜』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

 

 

 

 

 

 

 

コラム1

とても素敵な最終回でした。子供が生まれる前のつかポンとさあやのあひるのボートに乗って、デートするシーンはキュンときたのと同時、これから赤ちゃんが生まれたらこのラブラブな2人はもう見れなくなってしまうのかななんとちょっと寂しくも感じていたのですが、最後のつかポンの講演会で、家族が一番、どうしても仕事より家族が一判で社会不適合と言われたら、そうなのかもしれない。ウチの夫は仕事ができない。そう言われてもいいっていうセリフに、すごく愛情がこもったセリフだし、男のプライドとか捨てて、大切な人の前で一番大切なことをあんな風に言えるつかポンが愛おしく、羨ましくなりました。こんな風に夫に言ってもらえるさあやも幸せだなと思いました。ラストのダンスシーン、田所の結婚式でキャスト全員の出演って豪華だなと思ったし、終わりにこれを持ってくるところもいい。1話から今まで本当に毎週気持ちを温かくしてくれるドラマでした。ありがとうございました。

つかポンがさあやの出産に間に合わなかったことだけが、唯一心残りで、消化できなかった部分です。もちろんさあやのお仕事を大切にしてという気持ちの前提があってのものだったので、理解できるのですが、つかポンには立ち合い出産をして欲しかったなと強く思います。さあやと2人で子供が生まれるシーンを取り入れてほしかった。陣痛で苦しむさあやの元につかポン仕事から了承を得て、急きょ駆けつけて、手を握り、出産して、頑張ったねっていうシーンがあったらよかったなと思います。そして、それがあったら、最後の講演会のセリフの家族が一番大切っていう言葉ももっと感動に繋がったのではないかと思いました。さあやとつかポンで2人で共同、仕事をするというシーンも最後だからこそ取り入れてほしかったです。

 

コラム2

お互いに、思いやっている司さんと、沙也加さん。残念ながら、司さん、出産、間に合いませんでしたが、無事男の子のパパになって良かったですね。「歩くん」素敵な名前ですね。そして、幸せな3人を見た田所さん。みどりさんにプロポーズなんて、素敵ですね。一方、自分で進めていた仕事を、同僚に譲ることになってしまった司さん。ほんとに残念ですね。でも、そんな司さんを認めてくれるチームリーダーの土方さんと、先輩の黒川さん。本来なら、司さんのように、家庭第一な社員は、好まれないのでしょうが、本当の良さを理解してあげられるなんて、素敵な上司ですよね。仕事でピンチを迎えた司さん。育メンである自分の思いを、伝えることによって、乗り越えられ、良かったです。とても、心に伝わりました。「うちの夫は、仕事ができない。」ではなく、ほんとに、「うちの夫は、頼もしくて、立派な夫。」ですね。

ほのぼのドラマという印象でしたね。司さん、沙也加さん夫婦が、お互いを思いやる姿、素敵でしたね。話し方も、優しさが感じられました。最初、「にもちゃん」と言われるように、職場のお荷物だった司さん。次第に、司さんの良さである、丁寧さや、優しさ、小さなことにも真面目に取り組むところが次第に、上司を始め、周りの人に認められて、なんだかホッとしました。また、一生懸命、司さんをサポートする沙也加さん。とても素敵なお嫁さんでしたね。そして、司さんのお姉さんも、インパクト大きかったです。ズカズカ司さん夫婦に入り込んできますが、なんだか憎めないお姉さんでしたね。ゆったり、のんびりみることの出来るドラマでした。また、関ジャニ∞が歌う、主題歌「奇跡の人」も、ドラマにピッタリで、良かったです

 

 

コラム3