今回の記事では、ドラマ『DOCTORS〜最強の名医〜』のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『DOCTORS〜最強の名医〜』シリーズの動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

ドラマ『DOCTORS〜最強の名医〜』の動画を視聴する方法

auビデオパスという動画配信サービスがあり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、特にテレ朝系のドラマの最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスになります!

また、auビデオパスは、現在31日間無料のお試しキャンペーンを実施中ですし、特にテレビ朝日系列の番組に強く、安心・安全にドラマ『DOCTORS〜最強の名医〜』の動画視聴をしたいという方には、オススメのサービスなんですね。

ちなみに、無料お試しキャンペーン期間中に解約をすればお金はかかりませんので、参考までに。

また、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題作品として登録されているドラマや映画などが無料で視聴し放題になるので、これを機会に思う存分auビデオパスのサービスを楽しんでみてくださいね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば料金は一切かかりません

これを機にauビデオパスを是非試してみてください⇒au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

ドラマ『DOCTORS〜最強の名医〜』のあらすじ

堂上総合病院の院長・堂上は、長期休暇を利用しての海外でのバカンス旅行のため、病院を留守にすることになり、依然として自分勝手な振る舞いばかり繰り返している甥の森山を、「一日でも早く、次期院長としてふさわしい人になってほしい」という願いを込め、院長代理に指名した。しかし、そんな堂上の思いを露とも知らない森山はこれを「病院を好き勝手にできるチャンス」と思い込み、リスクの高さを理由に手術の申し出を却下したり、患者の名前をまともに覚えていないなど、その傍若無人ぶりは鳴りを潜めるどころか逆にエスカレートしていき、特に以前からほぼ一方的に敵視していた相良に対しては、自身が「先生」から「院長代理」になったことで「相良と自分の間に上下関係ができた」と勝手に解釈し、「自分を院長代理ではなく先生と呼ぶのは嫉妬しているから」として、より一層調子に乗るようになる。

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ドラマ『DOCTORS〜最強の名医〜』を実際に見た視聴者からの声

 

ドラマ『DOCTORS〜最強の名医〜』の視聴者がTwitter上に書き込んだツイートを一部紹介しておきました・・・シリーズ作品として人気のドラマなので、新しく連ドラ化してほしいという視聴者が多いようですね!

 

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ドラマ『DOCTORS〜最強の名医〜』の動画を安全に視聴する方法

普段生活をしている中で、録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい最新ドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

そして、インターネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画が見つかりますが、それらの動画は、再生ボタンをクリックした途端に変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、『DOCTORS〜最強の名医〜』の動画を視聴したい場合は、auビデオパスの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかより、安心して視聴することができますよ。

また、auビデオパスによる公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるのでDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

まとめ

今回は、ドラマ『DOCTORS〜最強の名医〜』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

 

 

 

 

 

 

 

コラム1

司(錦戸亮)は、四谷自動車の社内イベントのシイタケ狩りを担当することになります。
しいたけ狩りイベントでは、司のきのこ帽子をかぶった頑張りに、好評でした。

しいたけ狩りの好評から、四谷自動車からアジアモーターショーのプロデュースが依頼され、司が担当することになります。

沙也加が、家出入院準備をしると陣痛が始まります。
四谷自動車には、司のかわりに別のものがいきます。

司が病院にいくと、子供は生まれ、沙也加も元気です。

アジアモーターショーの担当は、司のかわりに行った2人が担当することになります。

司は、おしめをかえたり、お風呂など手伝い、昼休みに帰ってきてお風呂に入れたりしますが、そんな司に沙也加は心配になります。

司は、”男ってつらい”の講座企画を土方に見せ、担当することになります。
講座の当日、講師の野田山先生が飛行機のエンジントラブルで、来れなくなります。
司は、皆に謝り、自分で話を始めます。

司は、子供が生まれて、父親の悩みや仕事と家庭の板ばさみを実感したといいます。
今の数年間は、いとおしさや思い出が、たくさんちりばめられている。
子を育てることは未来を育てることで、仕事より大切なものが家族であることを見つけたといいます。

田所とみどりは結婚式をあげ、皆から祝福されます。

司は、仕事を一生懸命して、相手との信頼関係をつくり、成長してきました。
そして、家族の大切さを実感したようです。

仕事が出来ずに会社の皆からの冷たい視線で見られていた司(錦戸亮)は、沙也加(松岡茉優)に支えられながら仕事をします。
仕事は、どちらかというと誰もしたがらない陰の仕事が多かったのですが、一つ一つを生真面目に、一途に、丁寧に、誠意を持って進めていきます。
そのことが、クライアントの信頼を得て評価され、ついには社長賞をとることができます。

司と沙也加は、新婚でお互いが思いあっていますが、家庭か仕事かはその時々で悩んでいます。
どちらも大切なのですが、どちらに偏っても悩みや不安があります。
家庭を見ると仕事は大丈夫か、仕事をすると家庭がおろそかになる。

司は子供ができたことで、あらためて家族が大事であると思ったようです。
家族があって仕事ができる、そんな展開がおもしろかったです。

 

コラム2

実直な主人公のつかささんの第一話からの流れがとても面白かったです。私の主人はこのタイトルをいつも気にしていました。自分のことにかぶさるようでした。世の中の旦那様方もおそらく気にしていたと思います。主人公のつかささんはあの実直な今の世の中では貴重な若者ということからどう生きていくかが気になるのでしっかり見ていました。つまるところ、その実直さがやはりだれかかが認めることが分かりました。損な性格のようで結局は信頼されることを。そこで自分を見失うような生き方になりそうなところで、これまた実直な性格の妻のさやかさんのおかげで本来の自分に戻れることが心にジンときました。結局は、現代の名誉や出世にとらわれている人たちへの警告が含まれているのかとも思いました。併せて現代の若者へのもっと人間として本質を見るようにといっているようにも思いました。

出世する仕事の仕方にそのまま進むかなと見せかけてそれを捨てたことは私的には、ちょっと残念と思いました。私だったら、あのまま出世をとってさやかさんとの愛もこわしてしまうだろうと思いました。だから、さやかさんを傷つけて素直で正直で実直なつかささんの誤りかけた生き方もありかなと思いました。が、人生の本当に大切な意味をさやかさんとの生活で教えてくれたと思います。結果的には「ウチの夫は仕事ができない」のタイトルの意味は最終回のストリーの結末の仕事の出世よりか大切なものを見つけ、それを取るということが含まれていたのだと分かりました。仕事を一番にしなくていい、人生にとって何を一番大切にするかにするかを考えるよいドラマだったと思います。

 

 

コラム3