フジテレビ系列の『痛快TVスカッとジャパン』の内容や視聴者からの感想・評価などをご紹介していきます!

また、実際の放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信・再放送の動画を視聴する方法も紹介しますので、フジテレビ系列でオンエアされていた『痛快TVスカッとジャパン』の動画視聴に役立てて貰えればと思います!

フジテレビ系列『痛快TVスカッとジャパン』シリーズの動画を無料視聴する方法

FOD(フジテレビオンデマンド)という動画配信サービスがあり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはFODになります!

FOD(フジテレビオンデマンド)は、現在31日間無料のお試しキャンペーンを実施中なので、安心・安全に『痛快TVスカッとジャパン』の過去動画を視聴をしたいという方には、オススメのサービスなんですね。

ちなみに、無料お試しキャンペーン期間中に解約をすればお金はかかりませんので、参考までに。

また、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが無料で視聴し放題になるので、これを機会に思う存分FODのサービスを楽しんでみてくださいね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば料金は一切かかりません

これを機にFOD(フジテレビオンデマンド)を是非試してみてください⇒FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

FODプレミアム

『痛快TVスカッとジャパン』の内容

今夜のスペシャルは歴史とコラボした「スカッとストーリー」厳選5作品をお届けします。 笹野高史が演じる「スカッとばあちゃん」が昭和にも存在していた!若手俳優・戸塚純貴と津田寛治でお送りする歴史スカッとストーリーにご期待ください。また、桐山漣&山田キヌヲの2人が「和製ゴッホ:棟方志功」の出世秘話を描く。家賃も払えない昭和の画家が才能を発揮した逆転劇!さらに、近代医学の父・北里柴三郎の窮地の人生を森下能幸・木下ほうか・小林麻耶の3人がスカッと再現。“イヤミ課長”の印象が強い木下と“ぶりっ子”キャラの代表格・小林の最強タッグにも注目です。ラストは横浜流星&高橋ひかるによるラブストーリーにスタジオ大絶賛。西郷隆盛の甘く切ない恋物語を史実とともに描きます。 1年のはじまりをスカッとした気分でスタートさせる豪華ストーリーにご期待ください!

FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

『痛快TVスカッとジャパン』に対する一般の方からの声

https://twitter.com/tyan_788890/status/943137931446730752

https://twitter.com/kkmm1328/status/942787442209308673

 

痛快TVスカッとジャパンに関するコメントの一部を紹介しておきました。

 

毎週放送のたびにSNSで話題になる同番組、毎回出演者の演技には定評があるようですね。

 

FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

FODプレミアム

『痛快TVスカッとジャパン』シリーズの動画を安全に視聴する方法

普段生活をしている中で、録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい最新ドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

そして、インターネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画が見つかりますが、それらの動画は、再生ボタンをクリックした途端に変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、『痛快TVスカッとジャパン』シリーズの動画を視聴したい場合は、FOD(フジテレビオンデマンド)の31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかより、安心して視聴することができますし、FOD(フジテレビオンデマンド)に登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

FOD(フジテレビオンデマンド)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるのでDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

FODプレミアム

まとめ

今回は、痛快TVスカッとジャパンの内容や視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマ情報も随時追加していくのでお楽しみに!

FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

FODプレミアム

 

 

 

 

 

 

コラム1

悪者をやっつけけるためたちあがった7人次々になんだいがよせて来ました。最初は、彼女が、人ぢちにとられうごけなくはんげきできずにやられぱなしでしたがかのじょが縄をほどいてはいぷでなぐりなんとか反撃をし捕まえることができました。そのとき彼女が仲間とは、しらずにでもその彼女が、なんで助けたか疑問に思いました。そこには、良心の呵責があったのか興味深いストーリーでした。刑事ドラマでありながら犯人の人間性と刑事の人間性がぶつかっておもしろい展開だと思います。刑事の本音が出てまいかい楽しみにしています。

わるものの手下があのてこのて使い刑事を追い込んでいって最後には、やり過ぎて追い込まれていくのでは、ないかと思います。主人公の刑事の奥さんが殺されて復讐に走りうらでてをひいてしじをしているあくとうを追い詰めて殺すところまでは、いかないとおもいますが証拠もないし権力があるということですべてを闇にほうむって最後は、悪人が生き延びるということですかね。なんか凄く悔しいストーリーですね。何かどんでん返しのようなものが出てきほしいですね。

 

 

コラム2

マーケティング会社の社員の井村遼(斉藤佑介)の昇進パーティーで、井村、社長の伊藤真理子(山口香緒里)、個人投資家の原咲希(矢田亜希子)が倒れ、井村が死亡、真理子と咲希は一命をとりとめます。

伊藤の話では、井村と咲希は婚約を発表する予定だったようです。
不審人物として、保険会社の森谷桃子が浮かびます。
桃子の話では、過去死んだ2人の男は、伊藤に紹介されたといいます。
伊藤は、再婚相手の資産状況を調べるために桃子を利用していたようである。

咲希の話では、真理子と井村は付き合っていたが、真理子から別れ話をしていたらしい。

そんな時、伊藤の遺体が発見され、薬物の殺害です。

天城(東山 紀之)達は、咲希と会い、咲希が犯人といいます。
咲希の華麗な経歴は全て嘘で、パーティーに参加して、次々と男と関係を持った。
SNSの投稿したが、バックなどは全て偽物で、たまたま反射して今いるスカイラウンジの非常口がうつって降り、自宅ではなかった。

1人目の男には経歴詐称がバレ、2人目の男には整形がバレ、井村には経歴詐称を皆に言われそうになったので殺害したのである。
伊藤には、経歴詐称が知られたためであった。

水田(倉科 カナ)から、随分前に、自分のままで愛されることをあきらめたこと、といわれると、咲希は動揺し水田にビンタをします。
咲希は、連行されていきます。

今回はSNSが事件の鍵で、解決していった展開がおもしろかった。

第11方面本部準備室の山下(片岡愛之助)が拉致され、行方不明となります。
室長の片桐(吉田鋼太郎)の指揮で、天樹(東山紀之)らは、管轄する臨海エリアの薬物カルテルを摘発します。
臨海エリアを裏で牛耳っている大地主の馬久根(山本學)を倒すべく、大きく動き出します。
警視庁内部監察官の島村唄子(久世星佳)は、水田(倉科カナ)に接触してきて、片桐の不透明な動きを暴こうとします。

一方、天樹はホームレスを通し、「M」と名乗る人物からの書簡を受け取る。
そこには、謎のURLとログインパスワードが記されていた。
片腕がない男ということ以外、「M」に関する情報は得られない。
青山(塚本高史)は、薬物カルテル摘発の裏情報源として協力してくれた、昔のワル仲間久喜鉄平(米村亮太朗)から大きな情報を得ます。
それは、馬久根の利権を狙っている「御厨」という男の情報であった。

その矢先、馬久根が、手下の事件師のロク(川口力哉)を使って、久喜と身重の妻を惨殺します。
しかし、馬久根が絡んだ証拠はひとつも残されていない。
さらに、天樹らの仲間だった刑事永沢圭太(鈴木浩介)を殺した死刑囚・丸藤遼平(音尾琢真)が、東京拘置所から脱走します。
その直後、沙村(髙嶋政宏)が好意を寄せるジムのスタッフ・宮本あかり(ハマカワフミエ)が失踪する。

Mはいったい誰なのか、薬物の摘発に対する馬久根との闘いが、御厨がどう絡んでくるのか、楽しみです。

 

コラム3