2017年12月31日に地上波テレビで放送されていた『第68回 紅白歌合戦2017』の内容や視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、『紅白歌合戦』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

『紅白歌合戦』の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間もの無料お試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『紅白歌合戦』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『紅白歌合戦』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが無料で読み放題になりますね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば、お金は一切かかりません

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

『紅白歌合戦2017』の内容

ことしはオープニングから見逃せない!見たこともない始まり方ですよ!もちろん、紅白ならではの豪華なステージ&46組の熱いパフォーマンスをお届けします!さらにひふみんに高橋一生、吉岡里帆…ことしの顔も勢ぞろい!『ひよっこ紅白特別編』をはじめ、多彩な企画もめじろ押し。しかも対戦ごとに視聴者審査ができちゃいます!ぜひご参加を!▽紅白アプリ・ウラトーク・楽屋トークもあります!最後まで存分にお楽しみください!

U-NEXTの公式サイトはこちら

『紅白歌合戦2017』に寄せられた一般の方からの声

 

紅白歌合戦は毎年話題になる番組ですから、今年もかなりの注目度ですね・・・ジャニーズ、乃木坂など、アイドルグループに関するツイートが、やはり多かったです。

 

もしNHK関連の番組を見逃してしまった場合は、U-NEXTがオススメですよ!

 

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

『紅白歌合戦』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、『紅白歌合戦』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、『紅白歌合戦』あらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他の年末年始の番組についても随時追加していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

 

 

 

 

コラム1

今回は、あまりにも悲しい出来事が多いものでした。
細やかな幸せを手に入れようとしていた久喜夫婦の死と、それを悼む青山、こちらも細やかな幸せを夢見ていた沙村に対する裏切りと、それを受け止めた沙村、 裏切りながらも沙村の言動に心を動かされた宮本等、様々な人の心が乱された回だったと思います。
見ているこちらも、馬久根に対する怒りを覚えました。
そんな中、山下の帰還は嬉しいものでした。
山下が生きていたこと、やっとメンバーが揃ったことは、本当に喜ばしい出来事でした。

今回の冒頭で、皆が何やら事情を聞かれているシーンがあったことが気になっており、「殺意はありましたか?」との問いに、誰かが死んでしまうのではと思っています。
そうなった場合、やはり馬久根だろうかと思います。
今回のエンディングで命を狙われた馬久根に、護衛に付き、その中で馬久根の残酷さを改めて感じ、抗争のどさくさで馬久根を死に至らせてしまうのではないかと予想します。
そしてそれは、今回も暴走が目立った青山あたりが関わってしまっているのでは?と感じます。

 

コラム2

馬久根と立ち向かう刑事達の戦いの最終章でした。
馬久根は、ロクを使い刑事達の大切な人をターゲットにして狙って行きます。
久喜夫婦がロクによって殺害され、刑事達は家族に警備を付けて立ち向かって行きます。
しかし、今度はかつて永沢を殺した丸富が脱走します。
丸富は、沙村の通うトレーニングジムに通うトレーナーの宮本を誘拐して沙村とタイマンをします。
しかし、沙村が思いを寄せていた宮本は、お金を積まれて依頼されていた事が分かります。
人の心の弱さを感じる回でした。

山下が戻ったことで刑事が全員揃い馬久根との最後の戦いがようやく終わりを告げます。
しかし、巨悪を倒すために払った刑事達の犠牲はあまりにも大きく感じます。
9話の最後に馬久根が襲われますが、その襲った相手は御厨なのだと思いますが、いったい御厨とは何者なのかそれが最大の謎です。
なぜ馬久根に対してそこまで強い恨みを持つのかも気になります。
何だか御厨が意外な人物で、刑事たちの身近にいろ信頼出来る人物で、最後は辛い終わりかになるような予感もします。

 

 

コラム3

今回のシリーズもいよいよ最終回に向けて始動した、というところである。湾岸エリアを仕切る馬久根を追い詰めようとするが、なかなか尻尾をつかませない。
敵と味方が次々に命を落とすなかで、湾岸エリアを狙う新たな勢力からの情報により、馬久根の尻尾をつかめそうになるが、今度はその刺客の襲撃を受ける。
今回の最初は監察官の聴取を受ける場面だったが、刑事七人が誰かを殺したことはそこからわかるのだが、それがなんだったのかわからないまま今回は終わった。最終回に向けて、絶対に見逃せないという印象をますます強くした。

今回の最後の場面は馬久根を狙った銃撃事件だったが、次回の予告を見ると、その馬久根は何の傷も受けていない。最終回では、何が起こるのか、ほとんど予測不能というのが正直なところである。
臨海エリアの再開発をめぐる、馬久根という何代も続く地主と正体不明の新興勢力との争いに、刑事七人はどう挑んでいくのか、刑事としての範囲を超えるしか正義を貫けないのではないか、ハラハラドキドキする最終回への期待がますます高まっていく。