2017年12月31日に放送されていた『紅白歌合戦』の内容や視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、『紅白歌合戦』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

『紅白歌合戦』の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間もの無料お試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『紅白歌合戦』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『紅白歌合戦』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが無料で読み放題になりますね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば、お金は一切かかりません

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

『紅白歌合戦』

ことしはオープニングから見逃せない!見たこともない始まり方ですよ!もちろん、紅白ならではの豪華なステージ&46組の熱いパフォーマンスをお届けします!さらにひふみんに高橋一生、吉岡里帆…ことしの顔も勢ぞろい!『ひよっこ紅白特別編』をはじめ、多彩な企画もめじろ押し。しかも対戦ごとに視聴者審査ができちゃいます!ぜひご参加を!▽紅白アプリ・ウラトーク・楽屋トークもあります!最後まで存分にお楽しみください!

U-NEXTの公式サイトはこちら

『紅白歌合戦』に寄せられた一般の方からの声

 

紅白歌合戦は毎年話題になる番組ですから、今年もかなりの注目度ですね!

 

見逃し配信はU-NEXTがオススメです!

 

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

『紅白歌合戦』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、『紅白歌合戦』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、『紅白歌合戦』あらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他の年末年始の番組についても随時追加していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

 

 

 

 

コラム1

今回印象的だったのは、やはりストーリーのメインだった、お婆さんを助けたために死傷したカップルの話です。
結婚式直前だったのに彼を亡くして悲しみにくれていた彼女でしたが、彼が自分を守ろうとしていたこと、彼が命を落とした分、救われた命があることに気付いて、少しだけ前を向くことが出来たところは、切ないながらも温かさも感じる部分でした。
そのストーリーに掛けて、藤川先生と冴島さんが「もし同じ状況だったら、貴方は助けに行った?」という話をしたところも印象的でした。
冴島さんの、「もう大切な人を失いたくない」というセリフに、過去の悲しみと、今の冴島さんの愛情深さが伝わってきて、見いってしまうところでした。
と同時に、自分だったら同じことが出来るのかと考えさせられるシーンでもありました。

まず、やはり気になるのは灰谷先生に何があったかです。
今回の放送では、あたかも灰谷先生の自殺を匂わせるような構成になっていましたが、横峯先生に励まされて笑顔を見せた直後に自殺するのは不自然だと思っています。
灰谷先生が怪我をしたのは、不運が重なったのではないかと考えます。
睡眠薬は、単純に量を間違えただけで、転落も、誰かを助けようとした等という理由での事故ではないかと予想します。
それが、「人を助けたくて医者になった」と言っていた灰谷先生らしい展開なのではないかと思います。
また、今回の放送で、名取先生が緋山先生に思いを寄せているような場面が見られました。
ライバルとなる緒方さんは転院してしまいましたが、今後も緒方さんは出て来て、緋山先生を取り合うのではないかと予想します。
むしろ、そのような展開になってほしいなと思う部分があります。

 

コラム2

ドクターへリが落ちたのでとても驚きました。白石先生(新垣結衣)が足を引きづりながら患者を治療していたのがとても印象的でした。自分のことは後回し、患者の治療に集中するんだなぁと思いました。
今回はなんともつらくて涙が何度も出ました。よりによって気の弱い灰谷先生(成田凌)がなぜヘリを急がすような言葉を口走ったのか不思議です。もっと責めて欲しかった、僕に罰を与えて欲しかったと言う灰谷先生がとてもつらそうでした。まさか医者を辞めたりしないよねと何度も思いました。早く元気になってもっともっと精神的に強い灰谷先生になって欲しいと思いました。
灰谷先生に名取先生(有岡大貴)のような無神経さがあればもっとクールに医者が出来たのにと思いました。

灰谷先生(成田凌)が睡眠薬の飲みすぎでホームから落ちてケガをして復帰出来なくなるのではないかと予想します。
でも出来れば時間がかかっても医師を続けて欲しいと願っています。
もしかしたら灰谷先生は精神的に弱すぎて救命の医師として続けていくのは難しいかもしれないと白石先生(新垣結衣)に忠告されてしまいます。

白石先生はこのまま灰谷先生を救命の医師として続けさせていいものかと藍沢先生(山下智久)に相談します。それは灰谷先生が自分で決めることで白石先生がそこまで考える必要はないと藍沢先生に注意されます。
しかし、灰谷先生がもっと自分らしく生き生きと仕事を続けていける病院を探したほうがいいのではないかとスタッフリーダーとして白石先生は悩みます。

 

 

コラム3

今回は、ドクターヘリが着陸失敗するところからのスタートでした。着陸失敗した連絡を受けた直後に、白石先生と連絡がつながっており、着陸失敗したものの、白石先生および、フェロー達は軽傷で、すでに現場で、患者の治療にあたっておりました。男性の患者は、大動脈が断裂しており、助かる確率はないと、白石先生が判断するも、患者の彼女が骨盤骨折をしているも、結婚式が迫っているため、なんとかしてくれと、灰谷先生に詰めより、灰谷先生は、心臓マッサージを続けていました。手は若干、動いたものの、大動脈が破裂し、もうあきらめろとの指示があり、仕方なく他の患者の搬送にあたることになるシーンでした。病院でも、助けられなかった責任を感じ、睡眠薬を飲むことになるまで追いつめられるシーンで、辛い回となりました。

次回から、着陸に失敗したドクターヘリが動けるようになる、希望のシーンもありましたが、追いつめられた、灰谷先生が、睡眠薬を勝手に処方しており、白石先生が気づいたときには、ホームから転落をし、病院に搬送されたのを、灰谷先生の電話に、相沢先生が出て気づいたシーンでした。集中治療室に運ばれたシーンで終わっていたので、灰谷先生はどうなっていくのか、相沢先生のトロント大学行きの話はどうなるのか、無事にドクターヘリが再開されて、うまく稼働できるのか、他のフェローたちの結束が、第七話において、だいぶ固まってきたように見えたので、どのように助け合っていくのかが見物になるかと思います。相沢先生には、救命を止めてほしくないですが、どうなることやらです。