今回の記事では、フジテレビ系列の月9ドラマ『民衆の敵』 第10話(最終回)のあらすじなどをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信・再放送の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『民衆の敵』の動画視聴に役立てて貰えればと思います!

ドラマ『民衆の敵』の見逃し配信動画をDailymotion、Pandoraなどの違法アップロード以外で無料視聴する方法

FOD(フジテレビオンデマンド)という動画配信サービスがあり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはFODになります!

FOD(フジテレビオンデマンド)は、現在31日間無料のお試しキャンペーンを実施中なので、安心・安全にドラマ『民衆の敵』の動画視聴をしたいという方には、オススメのサービスなんですね。

ちなみに、無料お試しキャンペーン期間中に解約をすればお金はかかりませんので、参考までに。

また、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが無料で視聴し放題になるので、これを機会に思う存分FODのサービスを楽しんでみてくださいね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば料金は一切かかりません

これを機にFOD(フジテレビオンデマンド)を是非試してみてください⇒FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

FODプレミアム

ドラマ『民衆の敵』 第10話(最終回)のあらすじ

身に覚えのない不正献金疑惑、ニューポート計画反対などにより佐藤智子市長(篠原涼子)の人気は急落。ついには“民衆の敵”というレッテルまで貼られることに…。平田和美(石田ゆり子)は前の市長、河原田晶子市長(余貴美子)を追いやったのも今回の件も、あおば市に奇妙な風が吹いているからだと智子に告げた。そして、和美はニューポートを作りたがっているのは犬崎和久(古田新太)ではなく、藤堂家ではないかとの疑いを持つ。しかし、智子は藤堂誠(高橋一生)は味方だと信じていた。

和美が誠に呼び出される。誠は犬崎会派、政務活動費の領収書コピーを大量に持ってきていた。不正流用の証拠として犬崎を告発することで、富田恭一(渡辺いっけい)の証言を引き出したいという誠。和美は領収書の裏取りに動き出す。

智子は富田に電話し続けるのだが一向に通じない。その頃、富田は犬崎の事務所にいた。犬崎は智子のリコールに必要な署名の不足分を問う。若宮寛(若旦那)が答えると、犬崎は不足分を金で解決しろと命令した。

次の日、智子のもとに富田がやって来た。智子が証言を依頼すると自分には何の得もないと富田。富田は子供の教育のために金が必要だと訴える。そして富田は、自分を責める前にこんな世の中を責めてくれと言い放ち去った。

智子のリコール署名が規定人数に達し、住民投票の日程が決まった。井上(菅原大吉)とニューポート建設予定地を歩いていた智子は、あるものに目が留まって…

FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

ドラマ『民衆の敵』の視聴者からの評価

 

『民衆の敵』は、低視聴率が続いているドラマなので評価の低さを不安視していましたが、最終回を惜しむ声が非常に多く寄せられていましたね。

 

また、脚本に対する評価はもちろん、出演者の演技力に対する評価も高く、特に高橋一生さんや田中圭さんらイケメン俳優に対する評価が異常に高いです(笑)

 

FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

FODプレミアム

ドラマ『民衆の敵』の動画を安全に視聴する方法

普段生活をしている中で、録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい最新ドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

そして、インターネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画が見つかりますが、それらの動画は、再生ボタンをクリックした途端に変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『民衆の敵』の動画を視聴したい場合は、FOD(フジテレビオンデマンド)の31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかより、安心して視聴することができますし、FOD(フジテレビオンデマンド)に登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

FOD(フジテレビオンデマンド)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるのでDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

FODプレミアム

まとめ

今回は、ドラマ『民衆の敵』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

最新話についても随時追記していくのでお楽しみに!

FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

FODプレミアム

 

 

 

コラム1

最近何となくよく見かけるようになった栗山千明を起用するのは良かったかなという感じです。永井大については何となく不器用な空手バカ(あぁ失礼)という感じですが、刑事役としたら、彼の特徴を生かした起用・活躍場があるのではないでしょうか。上川隆也は主役で前回からの継続で、この人のしゃべり方が面白いが、この番組で作っているのではなく、何となくキャラなのかなと思っていますが、いかがなものなのでしょうか。戸田恵子さんは独身という設定ですが、ちょっと実際を考えたらどうなんでしょうか。恋に年齢はないと言いますのでよしとして、恋の予感や進捗などがこれからあるのでしょうか?(次の条件記載かな) ボスの段田安則はキャラ通りの冷静沈着な感じで適任かと思うが、面白い雰囲気もあるので、どこかで爆発したら面白そうだ。甲本雅裕もキャラ通りか、三枚目が良く似合うし、上川の相棒的な存在で面白さを増す演技をしている。

刑事もののドラマはそう長くやっても飽きてしまうので、おそらく10回くらいとか3ヶ月ほどでエンディングでしょうか。新人キャストの宮崎香蓮と和泉崇司さんについては全く知りませんので、この番組で人気が出るようにして欲しいですね。特に宮崎さんには頑張って欲しいです。上川演じる糸村は「3分ください」とかが口癖で、刑事コロンボの演技を思い出させてくれる気がしました。また、彼のドラマ上の家族とかについては私は知らない(公開していない?)ので、この辺を少し突っ込んで欲しいと思う。村木さんについても同様なので、もし両者が家族持ちだったら家族を事件の材料にしてみて、人柄を暴露する演出があっても面白いかな。逆に両者が独身ならば、糸村は神崎、村木は佐倉さんと何となくそんな雰囲気を醸し出す場面があっても面白いし、そのことを職場の皆が感じていても、ボスの桧山は全然知らない状況で、何かが起こり明らかにされてしまうストーリなども事件の中でホッとする一場面でよい気がします。

 

 

コラム2

遺留捜査はリアルタイムでは見ていなくて、夕方の再放送で初めて見たのですがなかなか面白いですね!上川隆也さんが主演で風変りでマイペース過ぎる糸川刑事を演じていますがなかなか良い味を出していると思います。毎回かなり登場人物が変わっていますが、個人的には第2~第3シーズンの、斉藤由貴さんがチームリーダー、三宅裕司さんが署長役を演じた「警視庁月島中央署」が舞台だった頃が一番面白かったと思います。他にも八嶋智人さんや田中哲司さんが良い味出していました。田中哲司さん演じる長瀬刑事が、どのような事情があったのか知りませんが早々と降板してしまったのは残念でしたが。斉藤由貴さん演じる水沢課長とのロマンスを期待していたんですけどね。

実は時間が合わなくて第4シーズンをまだ見ていません。糸村刑事が京都に移動しキャストも一新という事なので、かなり雰囲気が変わっているのでしょうね。どうせなら同じ局制作で同じく京都が舞台の「科捜研の女」とコラボしたら面白いかな~と。沢口靖子さん演じる榊マリコと、上川隆也さん演じる糸村刑事がお互いマイペースでかみ合わない会話など交わしたりすると面白いかも。でもそれだと甲本雅博さん演じる村木科学捜査官の出番がなくなってしまうか。
あとストーリー展開としては、第一~第3シーズンに関しては序盤の捜査段階ではわりとリアルな感じで話が進むのに、解決場面になると急に土曜ワイド劇場のようなお涙頂戴的な展開になるのが不満だったので、もっと淡々と解決するような展開にしてほしいなと思いました。

 

 

 

コラム3

『遺留捜査』タイトルどおりに事件の現場に残された遺留品を気に掛け、通常の捜査ではなく遺留品から事件の足取りを追う一風変わった刑事、糸村さとしを主人公にした刑事ドラマです。
原作は無く、脚本家によるオリジナルの物語ということらしいですが、同テレビ局で放映されて大ヒットした『相棒』と違って論理を重ねて事件解決への糸口を見つけていく手法とは違い、糸村刑事の優しさ、繊細さが心地良く感じます。
今期の舞台は京都になっていますが、舞台設定や登場人物については前作の月島中央署の方が良かったかなぁ?なんて感じます。
三宅裕司さん、斉藤由貴さん、西村雅彦さんといった個性豊かなキャストが演じる仲間達がいて、事件を解決に導くという意味では優秀だけれども、かなり脱線気味、暴走気味な捜査を勝手に行う糸村刑事が引き立つように思えます。
今期は糸村刑事の暴走とも言える捜査に対する姿勢を周りがあまり咎めないので全体的におとなしい印象を受けますね。

放送毎のエピソードを純粋に楽しみたいと思って視聴にあたるので、前後編みたいになるエピソード以外には基本、ストーリー展開や結末の予想などはしないように見ています。
が、今回は東京から舞台を京都に移した事でやっている事の本質は変わらないのに物語がスケールダウンしたように感じるので、出来れば同テレビ局で同じように京都を舞台にして放映している『科捜研の女』や『京都地検の女』なんかとタイアップしたり、東京で起きた事件と何らかの関連性を持った事件が原因で月島中央署の面々がゲスト出演したりすると嬉しいなとは思います。
そのような観点で見れば、シリーズに糸村刑事と腐れ縁みたいな感じで登場し続けている科捜研の村木さんをフューチャーしたエピソードなんかも作ってくれたら嬉しいですね。