2017年12月24日に放送されていた最新ドラマ『陸王』第10話のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『陸王』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

ドラマ『陸王』第10話の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間もの無料お試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『陸王』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『陸王』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが無料で読み放題になりますね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば、お金は一切かかりません

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『陸王』第10話のあらすじ

シルクレイを手に入れるために「こはぜ屋」買収をもくろむフェリックスの御園社長(松岡修造)だったが、宮沢(役所広司)から業務提携を提案されたことで両者は袂を分かつ。こはぜ屋の窮地は変わらないまま、大地(山﨑賢人)や飯山(寺尾聰)たちは、また一からシルクレイの売り込み先を探し、興味を持ってくれそうな企業を駆け回っていた。 一方、茂木選手(竹内涼真)は、再びアトランティスのサポート選手となり、RⅡを履くことを決意。念願の豊橋国際マラソンに出場することが決定していた。そんな茂木へ大地と村野(市川右團次)は、「ずっと茂木選手を応援している証に…」と最後の一足となった陸王を渡したいと、ダイワ食品の城戸監督(音尾琢真)に掛け合うが、城戸は茂木を悩ませるだけだと一蹴する。
茂木に自分たちの想いを届けることもできず、陸王開発再開のメドも立たず、八方ふさがりのこはぜ屋だったが、そんなある日、御園から宮沢へある提案が投げかけられる。一体、その提案とは!?

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『陸王』を実際に見た視聴者からの声

 

ドラマ『陸王』の視聴者がTwitter上に書き込んだつぶやきをまとめて紹介しておきました・・・ドラマ『陸王』は今期のドラマの中でも高視聴率を獲得していたドラマですから、ドクターXが最終回を迎えた今、陸王がどれだけ数字を伸ばせるのかには注目が集まりますね。

 

いったいどんな結末を迎えるのか気になります!

 

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『陸王』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『陸王』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『陸王』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

コラム1

遺留品に込められた思いから、事件の真相に迫るというアプローチのため、亡くなった方の思いを生きている人が後から知ることになります。糸村さんの語る最後の3分間で人の見え方が代わり、その思いの深さにいつも涙してしまいます。今回も、殺されて当然と思えるような女社長の背景や思いを知って、急に愛しさが湧いてきました。生きているうちに、もっとコミュニケーションが取れていたらと思えてなりません。残された人が知らないままでいたかもしれない故人の思いを、糸村さんが伝えてくれることで、切なさは残るものの、前を向いて生きていこうとする強さをもらえ、背中を押してもらえるような感じが好きです。

これまでは各話ごとの犯人や登場人物に対して、遺留品を通してアプローチしていっているけれど、シリーズが進んでいくにつれて、糸村さん自身や、身近な刑事さんに関わる遺留品の物語があるかもしれないと思います。そういうエビソードがあることで、人物の奥行きが出て魅力が増すと思うからです。糸村さんが遺留品にこだわるようになったエピソード0的な話も見てみたいし、今後作られる可能性もあると思います。個人的には鑑識の村木さんを主役にした話もあればいいなと思います。

 

 

コラム2

殺された、イベント制作会社社長の亜弓にとって、ピンヒールは、様々な困難を伴う会社経営のための重要アイテムだったのですね。糸村刑事は、折れたピンヒールから、犯人だけでなく、亜弓の本当の思いまで、明らかにしましたね。そこから、もう一人の女性亜弓の部下で、厳しくされていた由希の心にも、亜弓の思いを伝えて、明かりを灯したように思いました。なぜ、由希に、厳しくしていたのか、それは、亜弓の歩んでいた人生に、ありましたね。亜弓が辛い思いの中で、出会った一軒の靴店。そこから、貫こうとした思いが、ヒシヒシと伝わって、とても切なくなりました。亜弓役の、小沢真珠さんの、自信のない表情から、社長としてやっていく表情、とても素敵でした。

いよいよ最終回。今回は、切り取られた「洋服のタグ」。留袖なのに、なぜ「タグ」が、ポイントなのでしょうか。殺された女性の、家族とのつながり、職場での待遇、過去に起こしたこと。どんな状況の中で、「タグ」は、関わり、事件の解決と、それにまつわる秘密や、思いが明かされていくのでしょうか。特別捜査対策室のメンバーと、またまた、無理難題を頼まれるであろう科学捜査研究室の村木さんと共に、事件解決へ、向かっていくのでしょう。

 

 

コラム3

ピンヒールが主役の回だけあって素敵な靴の数々にため息をつき、値段を見てため息をつきました。犯人の目星が早めについてしまったので、答え合わせ的な気持ちで視聴しました。小沢真珠演じる柴田亜弓の華麗なる経歴を見たとき既視感が。同じテレ朝の刑事7人の第8話と似た展開ではないですか。幼少期の貧しさから嘘で身を固めた結果の経歴詐称。刑事7人は女として愛されるために、遺留捜査では仕事でのし上がるために、と真逆の理由だったのが興味深かったです。

1話完結の話なのでどうなるかは見当もつきませんが、公式ページの次回予告から察するに親子がキーになりそうだと睨んでいます。遺留捜査では最後の3分に、周りの人が知らなかった故人の想いや秘密が暴かれます。当然遺留品である以上人が亡くなっているわけで、完全なるハッピーエンドは望みにくいのですが、次回の遺留捜査は「あの時は迷惑かけてしまったのでどうにか謝罪をしたくて探していた」という故人の想いと裏腹に「また現れやがった、私の幸せをぶち壊しにきたのか!」と犯人に勘違いされて命を落とす、「そんな、今まで勘違いしていてごめんなさい、お母さん!」というルートを予想します。