2017年12月24日に放送されたテレビ朝日系列『宇宙戦隊キュウレンジャー』第43話のあらすじや視聴者からの感想・評価などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信・再放送の動画を視聴する方法も紹介しますので、『宇宙戦隊キュウレンジャー』の動画視聴に役立てて貰えればと思います!

ドラマ『宇宙戦隊キュウレンジャー』第43話の動画を無料視聴する方法

auビデオパスという動画配信サービスがあり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、特にテレ朝系のドラマの最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスになります!

また、auビデオパスは、現在31日間無料のお試しキャンペーンを実施中ですし、特にテレビ朝日系列の番組に強く、安心・安全に『宇宙戦隊キュウレンジャー』の動画視聴をしたいという方には、オススメのサービスなんですね。

ちなみに、無料お試しキャンペーン期間中に解約をすればお金はかかりませんので、参考までに。

また、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題作品として登録されているドラマや映画などが無料で視聴し放題になるので、これを機会に思う存分auビデオパスのサービスを楽しんでみてくださいね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば料金は一切かかりません

これを機にauビデオパスを是非試してみてください⇒au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

『宇宙戦隊キュウレンジャー』 第43話のあらすじ

惑星サザンクロスのコアに向かうキュウレンジャーの前に、ツヨインダベーたちの大軍が現れる。足止めされる中、プラネジューム爆弾が起動。爆発まで15分しかない。さらにドン・アスランまで出現。ラッキーはガルたちとともにアスランに立ち向かい、スティンガーたちはコアに向かうことに。一方、ドン・アルマゲと対面したツルギは、ドン・アルマゲの本当の姿を見て…

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

『宇宙戦隊キュウレンジャー』の視聴者からの評価

https://twitter.com/ksdan0327/status/944613892570804224

 

最終回がもうすぐとあって、Twitterでは終わってしまうことを惜しむ声で溢れていますね。

 

また、ストーリー的に大どんでん返し的な展開があることを期待している人も多いです。

 

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

『宇宙戦隊キュウレンジャー』の動画を安全に視聴する方法

普段生活をしている中で、録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい最新ドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

そして、インターネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画が見つかりますが、それらの動画は、再生ボタンをクリックした途端に変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、『宇宙戦隊キュウレンジャー』の動画を視聴したい場合は、auビデオパスの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかより、安心して視聴することができますよ。

また、auビデオパスによる公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるのでDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

まとめ

今回は、『宇宙戦隊キュウレンジャー』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

第1話~最終回までの見逃し配信はビデオパスがオススメですよ!

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

ビデオパス

 

 

 

コラム1

竹原は、最初から、正当防衛だと主張していたが、この頃から非常に怪しいと感じていました。争った形跡がないのだから。そんなことはすぐにばれるということがわからなかったのでしょうか。それにしても、このシナリオを描いたのが団次郎の妻であったとは驚きです。従順であったはずの団次郎の妻は、計画がバレると豹変しましたが、恐ろしいほどでした。女の長年にわたる恨みがいかにおそろしいものか思い知らされたようです。石橋は団次郎の実の息子だったのですが、それは団次郎が不倫をしていたことにもつながり、妻の怒りを増幅させたのではないでしょうか。しかし、石橋の一生はいったい何だったのでしょうか。哀れの一言です。

今後、ますます、糸村の単独捜査は暴走するのではないでしょうか。彼をそうまでして遺留品にこだわらさせる理由が解明されるのではないかと思います。
特別捜査対策室の仲間たちは、彼にあきれながらも(半ば、あきらめて)彼の捜査を見守っていくでしょう。特に神崎刑事は、糸村に強く影響されていくように思えます。
科捜研の村木との会話が毎回楽しみですが、彼とのやり取りも勿論、最後まで見れると期待しています。最後の3分が関係者の人生を大きく左右する、そんな番組を期待しています。

 

 

コラム2

最初に自殺だと思っていた料理研究家の死が、題名にもある遺留捜査で
他殺の可能性がある事件となりました。
初めは、管理人が怪しいと思っていましたが、話を進めていくと、須川とかすみが、第一容疑者となっていきました。
遺留捜査から自殺の可能性が他殺の可能性に代わり、容疑者も変わっていくところがこのドラマの醍醐味だなと思いました。
そしてまさか須川がかすみに殺されるとは思いませんでした。夫を心底憎んでいたかすみ。
いつも衝撃のラストで感嘆とさせられます。

3話では夫を心底一途に愛しすぎた故の妻
4話では夫を心底憎んでいた妻
真逆だなという感じがしました。
2話連続で夫婦の殺人だったので5話では夫婦ではなく会社の同僚同士の殺人になるのではと思っています。
遺留捜査はシーズンが長く続いているドラマですので、今シーズンで終わることはないと思うので
最終話もあっさり終わるのではないかなと思っています。
糸村さんの遺留捜査をするきっかけとなったエピソードもドラマの中でもう少し掘り下げてもらえたら楽しいだろうなと思います。

 

 

 

コラム3

京都財界の有力者竹原総二郎(団時朗)の自宅に強盗が入り、その強盗が竹原によって猟銃で射殺されます。
竹原は、正当防衛を主張、強盗犯は、石橋啓介(辻本祐樹)とわかります。
糸村聡(上川隆也)は石橋がうつ伏せになって、左手に金色のチェーンを握っていることが気になります。
チェーンは肌身離さず身につけていたネックレスで、コインがついており、コインは石橋が母親石橋リン(安藤玉恵)からプレゼントされたようです。

石橋の父金田久夫は35年前に強盗殺人の罪で逮捕されていました。

写真のコインを調べると、マハラビ共和国に関連したコインとわかります。

石橋は、母が亡くなる時に実の父が竹原であることを知らされました。
竹原の妻佳代子(立石涼子)は、石橋が父に会いたいという気持ちを利用して、35年前の事件で脅迫しに来たと竹原に伝えたことで、竹原が石橋を殺害したのです。
佳代子には、竹原に長年奴隷のように扱われてきた恨みがあったのです。

石橋は、銃で撃たれた時、警察官が来て竹原が話している隙に、自分でネックレスを引きちぎり、コインをどこかに投げたのです。
そのコインは、戸棚の後ろから発見されました。

コインは竹原がリンにあげたものでした。
石橋は、銃で撃たれても、自分の父を守ろうとたのです。

竹原は、自分の子を猟銃で射殺したことに号泣します。

事件の鍵は、遺留品コインでした。
遺留品を鍵に事件解決していく展開が楽しみです。

京都市内の森林で不動産会社社長東條志津子(多岐川裕美)の刺殺体が発見されます。
志津子は業界では有名な不動産ブローカーで、“鬼女”とよばれるほどのやり手で敵も多いようでした。
仕事上のトラブルによる犯行ではないかとみられます。
現場の森は志津子の会社が所有していた土地で、売却先をめぐって志津子と部下の岩田直人(伊東孝明)が対立していたこともわかってきました。

糸村聡(上川隆也)は、遺体の手元に落ちていた三角形の陶器に注目します。
志津子が身に着けているのは高級ブランド品ばかりなのに、なぜこんなものを持っていたのか、気になったのです。

そんな中、糸村と神崎莉緒(栗山千明)は、志津子の息子達也(山中崇)を訪ねます。
達也は、現場の森のはずれにたたずむ清水焼の工房で働いており、母親とは絶縁していたと話します。
工房主の小澤康夫(河西健司)によると、この工房も志津子から立ち退きを迫られていたといいます。

工房の立ち退きを迫ったのは、志津子と対立していた部下の岩田であった。
志津子は、息子達也の工房があることから、それを阻止しようとして岩田に殺害されたのである。

志津子、息子達也、岩田の関係がどう展開するのか楽しみです。