2017年12月22日に放送されていた最新ドラマ『コウノドリ2』第11話(最終回)のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『コウノドリ2』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

ドラマ『コウノドリ』第11話(最終回)の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間もの無料お試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『コウノドリ』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『コウノドリ』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが無料で読み放題になりますね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば、お金は一切かかりません

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『コウノドリ』第11話(最終回)のあらすじ

サクラ(綾野 剛)は、出生前診断でお腹の赤ちゃんがダウン症候群と診断を受けるも、産むことを決意した透子(初音映莉子)と向き合っていた。まだ不安が拭えない透子に今橋(大森南朋)はある〝詩〟を教える。

一方、父・晃志郎(塩見三省)が亡くなり、「ペルソナを頼む」と告げて、地元に帰った四宮(星野 源)は、自らの今後について悩んでいた。そんな四宮の様子に気付いたサクラはとある人物と会わせることに。そして、学生時代からずっと共に過ごしてきた下屋(松岡茉優)と白川(坂口健太郎)に別れは訪れた。新たな研修先を見つけた白川がついにペルソナを離れることに。「寂しくない」と強がる下屋に白川がかけた思いがけない言葉とは─。

そんな中、小松(吉田羊)の同期である武田(須藤理彩)が出産の日を迎える。順調に思えた出産にまさかの出来事が…!?

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『コウノドリ(最終回)』を実際に見た視聴者からの声

 

ドラマ『コウノドリ』の視聴者がTwitter上に書き込んだつぶやきをまとめて紹介しておきました・・・やはりドラマに感情移入して視聴している人が多いようですね。

 

今回の第11話でドラマは最終回を迎えるということで、最終的な視聴者評価も気になります!

 

U-NEXTの公式サイトはこちら

ドラマ『コウノドリ』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『コウノドリ』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『コウノドリ』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

コラム1

6話に登場するヨウムが本当に賢くて感動しました。最初、4歳児の知能の持ち主という噂だったので、犯人の名前を言い当てる展開なのかと予測していましたが、見事に外れてしまいました。
今回も、薄圭子巡査が、持ち前の生物学的知識を元に、難なく事件を解決してしまいました。
犯人が、もっと、ヨウムの事が分かっていたならば、事件が起きなくて済んだかと思うと、残念で仕方がありません。
朝顔の件、ブロックの件といい、専門的知識無くしては、絶対に解決出来ない事件の1つと言えましょう。
警察の仕事って、つくづく大変だなぁと実感しました。
そして、鯛焼きを見るといつも頭痛がしてくるという須藤警部補も今度は石松巡査部長の顔を見ると頭痛がしてくるという妙な設定でしたが、とうとう、あの日銃で撃たれてしまった経緯を思い出しましたね。
よりによってあの日は…。石松さんが何故須藤さんの事をかなり気遣うのか、よく分かりました。
やっと、2人で鯛焼きが食べられて、しかもしょっぱい味のする鯛焼きで、しみじみとした良いシーンでした。

鯛焼き絡みで銃で撃たれたあの日の記憶が蘇った以上、石松さんは、須藤さんの事を捜査一課に戻したがっていました。
果たして、鬼頭管理官は、須藤さんの事を捜査一課に戻すでしょうか?私はそうは思えません。何故なら、事あるごとに鬼頭さんは、”鳥が鳴かずんば、撃たれまい”などと、口走っていましたし、彼に捜査一課に戻ってしまわれては都合が悪い何かが有るに違いありません。
真相は解りませんんが、その深い訳を、薄圭子巡査が、持ち前の生物学的知識と理論で謎を解き明かして、最終回となるというのが、私の理想です。
もしかしたら、鬼頭さんが警視庁を追われるか降格するか位の重大な秘密があるのかもしれませんね。
来週の動物はピラニアです。あまり人間にとって馴染みの薄い、有難い生き物とは言えないかもしれませんが、きっと、この子達が犯人探しに一役買ってくれる事を期待してます。

 

 

コラム2

動物の生態がわかっていないと事件解決につながらないという今までにないストーリーなため、犯人につながるヒントに関しても、一度見ているだけでは理解できないなあと今回見ていて感じました。主人公二人の会話には、まだらっこしさもあるのですが、動物を大切にする情熱あってこその展開は楽しいです。その反対に、人間の感情に対して理解できない今時の女の子を見ているような悲しさもあるのですが、まわりの大人たちがそこをカバーしてくれているので毎週楽しみに見るようになってきました。毎週のラストが、かならず動物愛護につながっているので安心して見ていられます。そのわりには、総務課生きものかがりの部屋の動物は毎週増え続けているように見えて、現実にはあの動物の将来はどうなるのか?気になり始めました。

どの動物が出演して、どういう事件が起きて、どう展開していくのは、想像できませんが、タイ焼きをきっかけに記憶喪失から徐々に記憶を取り戻し、取り戻したところから、あの時の発砲した人のその後の話も見れたらいいなと思います。(たいした問題にはしないかもしれませんが)どのくらいの期間の番組化はわかりませんが、その内もう少し身近な普通の動物(犬、セキセイインコ、金魚)の生態が活かされたストーリーも見たいです。動物を通して、今は優位に立っているような新人の女の子が、人間を理解する、純粋なだけの心ではない、大きな器の刑事さんに成長するといいなと思いますが、現時点では、男性陣が人が良くそうなるのは難しいかな?と思われます。自由気ままなマイペースで毎日楽しんでいる主人公を羨ましいと思う反面、成長を大切にするストーリーがいいとも限らないので何とも言えませんが、総務課に関わっている人たちの人間関係がどう変化していくのかが楽しみです。反面、この物語はそんな難しいことをすべてなくして、短編物語として毎回動物が出て来て、生態が味わえて楽しめるだけでいいのかなとも思ったりもします。

 

 

コラム3

今回も面白かったですね。ヨウムの賢さとプレゼントの朝顔から犯人像を割り出し、犯人にたどりついちゃうんですからね。新宿のバーのママがIKKOさんたち組合の方のお店だった時点で犯人は女でないことは想像できましたけど、それにしても強烈な店でしたよね(笑)二出川さん、面白いけど5時間いられたらウザいかも?そういえば二出川さんが食べてたアイスと須藤さんと薄ちゃんが食べてたオヤツ、同じアイスでしたね。この前のラムネもそうだけど、ちょっと懐かしいオヤツ食べたりしてますよね、いつも。懐かしいと言えば、田丸さんの出版社での行動、あれってあのあぶない二人が出てたドラマを彷彿させました。今回は石松くんのたい焼きの真実についての告白が須藤さんの記憶を呼び覚ましはじめた結果、石松くんとたい焼きが同化するという不可思議現象が起きてしまいましたが、須藤さんが頭痛の間の石松くんが少し気の毒でした。最後はちゃんと分離して、二人でたい焼き食べられてよかったですね。

次回はピラニアですよね。予告で薄ちゃんが、「ピラニアが教えてくれました」と自信たっぷりにいってましたけど、ピラニアはしゃべらないし、いまひとつ展開が読めません。ストーリー全体としては、たい焼きの真実をきっかけに少しずつ記憶を取り戻しはじめた須藤さんが、これからまたどんどん記憶を取り戻していくことになると思います。全部、記憶を取り戻した須藤さんは、最終的には捜査1課には戻らず、今の相棒の薄ちゃんといきもの係の仕事を続けていく方を選択するような気がしますね。ただ、気になるのは上司の寺島進さんですよね。なにか隠していそうな気がするのは私だけでしょうか?とぼけた寺島さんもいいですけど、密かに須藤さんをフォローするだけのいい上司というだけじゃもったいないような、なんとなく悪いヤツの部分もみたいですよね。たい焼きには他にも隠された真実があったりするかも知れませんね。