2017年12月17日に地上波オンエアされていた最新ドラマ『陸王』第9話のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『陸王』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

ドラマ『陸王』第9話の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間もの無料お試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『陸王』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『陸王』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが無料で読み放題になりますね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば、お金は一切かかりません

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『陸王』第9話のあらすじ

「陸王」に欠かせないソールを製造するシルクレイ製造機が故障し、生産再開に必要な1億円の目途が立たず窮地に追い込まれた宮沢社長(役所広司)と「こはぜ屋」。そんなときに降って湧いた、米国企業「フェリックス」御園社長(松岡修造)からの買収案に悩む宮沢だが、こはぜ屋の従業員たちの間でも意見が分かれていた。「こはぜ屋が人の手に渡ってもいいのか?」と大地(山﨑賢人)が心配すると、あけみ(阿川佐和子)は買収には断固反対と泣きながら訴える。従業員の士気は下がる一方で、日々の足袋造りにも影響が出始めてしまう。陸王の供給がストップしてしまった茂木(竹内涼真)は、「アトランティスのRⅡを履いてくれれば、ダイワ食品陸上部を資金面でも支援する」という小原(ピエール瀧)の言葉に、本意ではないがRⅡを履くことを決意。東日本チャンピオンズカップで好成績を出せたら、豊橋国際マラソンの出場を認めてほしいと、城戸監督(音尾琢真)へ願い出た。様々な想いが交錯する中、御園は「自社のことを知ってほしい」と、宮沢を釣りへと誘う。焚き木の火を囲み身の上話を語り出す御園…、そんな御園に宮沢は…。ひととき、仕事を離れて宮沢と心を通わせた御園だったが、ある日、小原から会食へと誘われる。果たして、小原の目的とは……!?

ドラマ『陸王』を実際に見た視聴者から評価・感想

https://twitter.com/piske515/status/942439262623903744

https://twitter.com/hirarin8929/status/942438582207131648

 

ドラマ『陸王』の視聴者がTwitter上に書き込んだつぶやきをまとめて紹介しておきました・・・ストーリーやキャストの演技など、総合的に評価が高い印象ですね。

 

また、特に松岡修造さんの演技が素晴らしいと話題になっているようです(笑)

 

次回はついに最終回・・・いったいどんな結末になっているのか注目ですね!

ドラマ『陸王』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『陸王』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『陸王』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマについても随時追加していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

コラム1

原作は、読んだことがありません。タイトルから、軽快なドラマと思っていました。しかし、考えさせられるストーリーでした。五郎(瑛太)と、グレ(森田剛)の元に、川田(伊藤淳史)が、訪れ、事故で亡くなった娘・みかによく似た女の子を探すという依頼。同じ事故で重態の妻に元気を出させるためということでした。元気を出させるために、良い方法などと、思ってしまいました。そして、妻が亡くなったあと、女の子・遥を引き取ります。その時に、なんだか、割りきれない感じがしました。それは、遥が、亡き娘と同じバレエを習っていたシーンでした。遥ちゃんは、本当に、バレエが習いたかったのでしょうか。もしかしたら、新しいお父さんのために、嫌々ながらも、習っているのではなどと、心配になってしまいました。この先、遥ちゃん自身の、人生が歩めたらと思い、なんだか、深いストーリーに思いました。

次回は、蘭子(深田恭子)の父親が、25年前に、自殺したとされていたのが、実は殺されたのだと主張する蘭子の依頼。かほる(山口智子)は、断ります。確かに、探偵が、究明する事ではないですよね。しかし、五郎と、グレは、美人の蘭子を放っておくわけがないですよね。ただ、25年前の事、真相にたどり着く事が出来るのでしょうか。きっと複雑なからくりが、あるに違いありません。何とか、蘭子のためにも、真実が明らかになっていけば良いですが。蘭子は、今後も登場しますから、1話だけで、解決しないのかなとも思います。蘭子は、五郎と、グレ達に、今後、どう絡んでくるのが、楽しみです。また、かほるは、いつもアルコールを口にしています。何か過去がありそうで、興味がわきます。

 

 

コラム2

登場人物が必要以上に多くなくスッキリしていて、1話毎のゲストに取り組むというシンプルな作りで面白かったです。
原作は未読なのでそちらのイメージとはどうかわからないのですが、過度な人物紹介や説明しすぎない点もTBSらしいドラマの作りで落ち着いて見られる感じが良かったと思います。
奥さんの為に動いた旦那さんの気持ちを汲み取って依頼に応えたい気持ちも良かったですし、娘さんに似た子の方も色々な事情を抱えていてその子の話もあって。
奥さんに嘘をついて似たような子供を連れてきて会わせたのが正解はわからないですし、最後に奥さんがどういう気持ちだったのかわかりませんが、たとえ奥さんが嘘だとわかっていたとしても旦那さんの何かしてあげれたという気持ちが大事で、依頼としては奥さんの為というよりも旦那さんの為だったんだなぁと感じました。
その後、その娘に似た子を引き取っていましたが、人は皆誰かに必要とされていてそれでバランスが取れているんだったら代わりでもいいのかなと思いました。
話自体もいい話でしたし、過剰なギャグや笑わせようという感じではなくてコミカルなくすっと笑える部分も多くてよかったです。
エンディングのゆったり感もドラマと合ってて面白かったです。最近のドラマのEDは踊るんだろみたいな感じなのがちょっと出てたのが笑えました。

1話目では謎の美女として出てきていた深田恭子さんが、1話目でチラチラと謎の美女感が出ていたのがまた良かったです。
最初によくある探偵社っぽいビルで依頼をして断って、あえて現実的な内容も入れつつ判りやすく探偵所を対比で説明してくれる部分で出ていて、
そこからそのまま深田さんの話に入るのではなく、こういう事務所ですよという話を入れてから2話目に深田さんの話を入れるというのも良かったです。
早速2話目ではメインのお話のようなのですが、ひょっとしたら少しヘビーな内容なのかも?という感じで。
ドラマの主要人物の中にいらっしゃるので、2話を経てこの探偵社に仲間入りする感じなのかな?とどういう風に話が進んでいくのか楽しみです。

 

 

コラム3

面白くもあり、切なくもありとてもいい話で驚きました。久々に見た森田剛さんでしたが、大人になり深みのある男性になられていてとても演技がうまくてびっくりしました。山口智子さんも、何気ない演技でしたが、懐かしさも感じられとても良かったです。家族を失い、何もかも嫌になりそうなところに遥ちゃんという女の子が表れてくれてどれだけ助けられただろうかと感じましたが、やはり母親としては最後に娘の顔を見て自分の子供ではないとわかったのではと思います。でもそれも、夫の優しさだと気づいていたのだと思います。最後は二人は養子として家族にはなれましたが、やっぱり娘の身代わりではなくきちんと一人の別な女の子として家族になっていければいいのになと思いました。

深田恭子さんの出現により、より仕事の意欲が上がった森田さんと瑛太さん。それを見て山口さんも感心しますが、深田さんの事件はとても闇に包まれた事件で、自分たちの探偵事務所に脅しが入ったり、森田さんや瑛太さんが暴漢に襲われて傷だらけになりながらもなんとか事件解決に向けて奔走します。事件を追及していくとやはり自殺ではなく、他殺という事がわかってきますが、裏には大物政治家が絡んでいたり、大企業の社長などが絡んでいたりととても複雑な事件だという事がわかってきたのでした。根深い事件で、どうしようもない探偵のみんなは、この事件も調べつつほかの事件にも取り掛かることにし、一人にしては深田さんの身にも危険が迫ってくるといけないので、一緒に探偵事務所の仲間入りをはたし、事件解決へと奔走することにするのでした。