20代女性による第3話の感想

カホコが更におもしろくなって、キャラが強烈に可愛かったです。麦野君も鈍感でカホコの好きな人に告白するのに協力するところ、本当性格に惚れました。ママとカホコの初めての喧嘩するところは、胸が痛みました。カホコが親離れして成長を応援したい気持ち、ママの今までずっと、カホコを大事にしてきたのに可哀想でした。ストーリー展開も早くて、あっとゆうまに終わってしまうくらい笑えて泣けました。ママって今まで友達とかいないのかな?って思うくらいのカホコへの独占欲が凄すぎてちょっと頭がおかしい愛情はサスペンスなみに怖くもなりました。パパが本当いい人すぎて何も言えないところがすごく共感できました。身内にしか見せない態度、内弁慶なところがわかりすぎて辛いです。

麦野君とイトちゃんがどうにかなっちゃいそうで、付き合う展開がありそう。カホコちゃんが初めてのヤキモチや、恋愛が実るかどうか、カホコちゃんの成長ヒストリー的な話になりそうです。パパが今まで言えないキャラが爆発してたので、パパの妹がパソコン教室で借金があるのでパパ側の家族の崩壊と、カホコがママの言う事聞かなくなるのでママの愛が憎悪に変わり、ママの人間性に、パパが無理になっていき、離婚問題になりそうです。
親戚みんなも、あれだけ仲が良かった関係、付き合いもなくなり、家族だけでなくカホコがすべてにおいて周りの人たちをかき乱し波乱万丈な生活が待っている。最後麦野君とカホコが結婚して、この異常に愛されて過保護に育ったカホコが家族から旅立っていく。

40代女性による第3話の感想

カホコとムギノ君との展開はカホコの初恋のピュアな感じが出ていて分かりやすくよかった。ムギノ君のカホコへの気持ちも「好きなのかな?」「お節介なだけかな?」と考えながらワクワクして見ることが出来た。ただ後半の父方の妹の話しは無くともいいと思った。また、母方の家族とのギャップとして父方の家族にストーリーを作っているようで面白みがないと思った。
無理して父方にストーリーを作ってしまうと、ドラマの雰囲気が崩れてしまうような気がする。カホコの父は、ヒートアップしていく母方の家族を冷ややかにでも、優しく当たり前の意見を伝えていく役割にしたほうがドラマの雰囲気に合っていてカホコの成長もわかりやすくなるような感じがした。

今後の展開としては、カホコの気持ちを聞いたムギノ君がカホコの気持ちを誤魔化しながらも少しずつ受け入れていき、カホコはママ離れしながらママもカホコの気持ちや行動に理解が出来て子離れできるかな?ってところで終わるのが理想。全てがハッピーエンドよりもみんなが一歩踏み出したという希望のほうが、見ている側としてはハッピーエンドに近い気持ちになれると思うし、ドラマだけど嘘臭くならず、また現実的過ぎないと思った。カホコとイトちゃんとムギノ君の三角関係は要らないと思う。イトちゃんは最初から周りの流されるキャラではないので、そのまま音楽の道にすすんでいってほしいと思った。例えば、海外留学や音大への進学などそこはリアルな感じが欲しいと思った。