2017年12月14日にオンエアされた最新ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~第5シリーズ(2017)』第10話(最終回)のあらすじや視聴者からの感想などをご紹介していきます!

また、実際の放送をリアルタイムでの放送を見逃してしまったという方のために、見逃し配信の動画を視聴する方法も紹介しますので、ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~第5シリーズ(2017)』の動画を見たい方は、役立てて貰えればと思います!

ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~第5シリーズ(2017)』最終回(第10話)の動画を視聴する方法

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(VOD)があり、名前くらいは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、最新話の放送動画を安全かつお得に見るおすすめの動画配信サービスの中でも、特にオススメなのはU-NEXTになります!

ちなみに、U-NEXTには31日間もの無料お試し期間が特典として付いていて、登録時にはレンタルに利用することが可能な、600ポイントをもらえます。

『ドクターX ~外科医・大門未知子~第5シリーズ(2017)』は、ポイントを使ったレンタル配信がされているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば『ドクターX ~外科医・大門未知子~第5シリーズ(2017)』の見逃した最新話を実質お金をかけずに視聴することができます。

さらに、31日間の無料お試し期間中であっても、通常の会員と同様のサービスを受けることが可能なので、見放題作品として登録されているドラマや映画、雑誌などが無料で読み放題になりますね。

もちろん、無料登録期間中に解約手続きをすれば、お金は一切かかりません

これを機にU-NEXTを是非試してみてください⇒U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~第5シリーズ(2017)』最終回(第10話)のあらすじ

失敗することなく、目の前の命を救い続けてきた大門未知子(米倉涼子)が倒れた! 未知子の師匠である神原晶(岸部一徳)も、同志であるフリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)もその身を案ずるが…。その矢先、医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)が食道がんを患い、「東帝大学病院」で手術を受けることになる。内神田の病状は深刻で、未知子以外の医者がオペを成功させることは不可能な状態だ。しかし、内神田は敵視する未知子の執刀を拒否。医局の面々も失敗を恐れ、二の足を踏むばかりで…。そこへ、あの未知子も腕を認める“腹腔鏡の魔術師”こと、外科医・加地秀樹(勝村政信)が出現! ある条件と引き換えに、執刀医に名乗りを上げるが…。そんな中、「東帝大学病院」院長・蛭間重勝(西田敏行)はある思惑から、内神田の息子である新米外科医・西山直之(永山絢斗)を執刀医に指名。だが、未知子は「このオペは私じゃなきゃ無理」と断言する。そんな中、かつて類を見ない“絶体絶命の危機”が襲い掛かり…!未曽有の窮地に立たされた、失敗しない外科医・未知子は内神田の命を救うことができるのか…!? そして、ほかでもない未知子自身の命は助かるのか…!? 大門未知子、“最後のオペ”がついに始まる――。

ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~第5シリーズ(2017)』の視聴者からの感想・評価

https://twitter.com/nN8grZIdMCn7Mqv/status/941135044998979584

https://twitter.com/hota628/status/941060512388857856

https://twitter.com/yone_nao0118/status/941058378045964288

https://twitter.com/uno_yuya/status/940930500423696385

 

ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~第5シリーズ(2017)』に関するTwitter上のコメントの一部を紹介してみました・・・ドクターXは、ただ視聴率が良いというだけでなく、視聴者評価も非常に好評で、最終回を惜しむ声も非常に多く寄せられていますね。

 

最終回をまだ見たくないという方も多いですが、いったいどんなエンディングになるのか注目です!

ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~第5シリーズ(2017)』の動画を安全に視聴する方法

録画を忘れてしまったり、仕事や学校で忙しかったり、ついつい放送中のドラマのオンエアを見逃してしまったりすることもありますよね。

ネットで動画を検索すると、違法アップロードの動画があったりしますが、そういった動画は、見たとたんに変な広告が出てきたり、パソコンがウィルスが感染してしまったりすることもあります。

なので、ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~第5シリーズ(2017)』の動画を視聴したい場合は、U-NEXTの31日間お試しキャンペーンを利用すれば、実質お金をかけずに動画を視聴することができます。

こちらは、テレビ局が公認している公式の配信サービスですから、違法アップロードの動画なんかよりも、安全に動画を視聴することができますし、U-NEXTに登録する際にもらえるポイントを他の最新映画を見るために利用することも可能です。

そして、U-NEXT(ユーネクスト)による公式の配信であれば、レンタルビデオショップよりも早く配信開始になるので、そういった意味でもDVDをレンタルするよりもオススメですし、31日間のお試し期間もついているので、すごく便利です!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

まとめ

今回は、ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~第5シリーズ(2017)』のあらすじや視聴者からの感想、動画視聴方法などについて解説していきました。

 

他のドラマ情報も随時追記していくのでお楽しみに!

U-NEXTの公式サイトはこちら

君の名は。バナー

 

 

 

コラム1

日本のドラマというよりは韓国系のドラマの流れという感じが強い。ドラマの設定にちょっと無理があるような印象です。出会いや偶然の設定があまりにも無理やり感があり、不自然さを感じました。
母親に捨てられたかわいそうな少年が、韓国の裏社会で行き抜き、身をもって守った一家から追い出される。ここまででもかなり無理がありますよね。
日本のやくざさんだったら、若頭が打たれる時にあんなにのんびりはしていないと思うし、誰も守りにこないというのはありえない。
身を制して防いだ男が、大金積まれて「さようなら」は余りにも適当な設定。日本だったら大出世になりませんか??
日本に戻った主人公と六角さんが偶然に出会うのも無理がありすぎ、母親との愛のやり取りがあるのかと思ったら、単なる復讐劇を予想させる展開。
内容が何となく軽すぎるし雑のような気がしてなりません。ドキドキ感とかワクワク感がなく、2話を早く見たくて仕方ない・・とはなりません。
個人的に吉岡里帆が好きだから見たいなぁ‥とは思いますが、フラジャイルの時の長瀬智也とはちょっと外れている感じです。

母親を思いすぎ、母親像が美しすぎているだけに、最後の大竹しのぶの長瀬(律)に対する態度は谷底に突き落とされたかのようなショックな出来事でした。
愛が憎しみに変わり、憎悪の塊のような感情を抑えることができずにいる主人公。捨てられた事実を恨んではいるものの、その反対では母親に対する愛情も捨てきれない。
親子愛、恋人愛・・主人公を取り巻くこれら様々な愛の形が今後のドラマの中で描かれていく。
一昔前の日本の純愛ドラマ・・トレンディドラマのような展開が予想されると思います。
脚本や台本をもう少し細部まで見直してもいいと思います。ちょっと安易な展開が多いので、不自然な展開が多すぎます。
長瀬、坂口、吉岡、大竹、とかなり話題の役者をそろえているわけですので、もう少しワクワクさせてほしい感もあります。
今後の展開に期待します。

 

 

コラム2

いきなりヒロインが一人で街中をさ迷い、「あなたがもういないなんて…」的な台詞を呟くという孤独感あふれるシーンで始まりましたが、あれがドラマ全体のラストシーンになるのでしょうか? とにかく長瀬さん演じる主人公がもうそう遠くなくこの世を去るのだと思いながら観ていくと切ないものがありました。
主人公の律は律で孤独を感じていそうな男で、儚げな雰囲気を纏っているように見えました。韓国裏組織の若頭にえらく気に入られてはいましたが、どうも組織内で上手く経ち回れていた感じではないですし、帰国後に再会した若菜は無邪気な愛情を向けてはくれますが、彼女もまた難しい問題を抱えていて……とにかく心労が絶えない人生だな、と。彼のタイムリミットが来る前にせめて心から安らげる時が訪れればいいのですが。

若き天才ピアニストは律にとっては弟になるのでしょうか? 彼はどうも心臓が良くないようなので、そこに脳障害の恐れがあって余命いくばくもないと言われた律の事情が重なってしまうと、何とも嫌な想像をしてしまいます。ただ律はスマホに動画を残しながら「これが俺の生きた証だ」として、何かをこの世界に残そうとしていました。母親に対しても、今回は結局あのような形で退散する事になってしまいましたが、当初は「俺を忘れないでほしい」といった事を伝えるつもりだったような気がします。そう考えると、まあ、そういった形で律の生きた証がこの世に残っていくのは律にとっても救いになるかもしれません。ただし律がそのような決心をするには母子と和解する必要がありそうで……。二人に憎しみが湧いてしまった現状からそこまで行くにはかなり時間がかかりそうです。

 

 

コラム3

韓国から始まったストーリーは、ピアニストのサトルを支えるリンカとマフィア(?)の用心棒的存在のリツが出会うという現実離れした世界で、すごい奇跡的な展開だなぁというのが最初の感想です、ピアノのリサイタルに来ているだけのリンカとサトルは、もちろんすぐに日本に帰りますが、韓国の裏の世界でお金を稼いでいるリツがどうやって日本に来ることになるのかが楽しみでしたが、まさか、銃弾を受けての余命宣告で自分を捨てた母親探しに日本に来ることになり、しかもマフィア解雇と引き換えに大金も入手できて『日本で母親を探す』ベースが都合よく整ったことにビックリしました。そしてリツの動きを、日本にいるリツを捨てた父親が把握していたことにより、いとも簡単にリツが母親の居場所を突き止めたことで、当初予想していたストーリーとは違う方向に展開していくと思われました。そして、偶然のリンカとの再会には正直、現実には有り得ないと思いました。

自分を捨てた母親と感動の対面かと思いきや、リツを見ても我が子と気付かない母親に『出ていかないと、警察を呼ぶ』と言われキズついたリツ。雨の中、傘もささずに母親が、自慢のピアニストの息子サトルと暮らす豪邸を睨みつけるシーンに、今後一筋縄ではいかないストーリー展開を予感しました。予告では、サトルが池みたいな所で溺れているシーンとリツとサトルが仲良くテレビゲームをしているシーンがありましたので、ひょんなことから池で溺れてしまったサトルを助けたのがリツで、リンカの知り合いということもあり、まずはリツとサトルが仲良くなりそうです。片想いの相手トウコに弄ばれるサトルに片想いしていることを話したリンカと、実は母親を探して日本に来たことを打ち明けたリツは友達として仲良くなっていき、でもまだサトルの母親がリツの母親であることは当面リンカには伏せた状態でストーリーは進んでいくと思います。